Googleからのお知らせは、そういうことだった。

朝にスマホをチェックしたら、見慣れぬアイコンがポコンと出ていました。

何だろうと思って、よく見るとGoogleさんからのお知らせ。

 

誕生日が近いので

“お誕生日が近いけれど、何かしますか?”

なんかお手伝いを申し出てくれたみたい。

オッケーGoogle!

(最近は、これも古くなっちゃった?)

窓でもふいてもらおうかしら(笑)

当然のことながら、Googleさんにも、誕生日を把握されておるようです。Googleさんとはそれほど仲良くしているわけじゃないのになあ。

ま、わたしの誕生日がバレたところで、どーってこともないですけれど、今だにちょっと驚く。

同じ誕生日を迎える人はたくさんいるとは言っても、わたしの誕生日は365中310位というデータを見たことがありますので、それほどはいないようだけど。

マイナンバーの普及で、お国にわたしの収支が全部把握されることになるのも間近だと思う。み〜んなに番号つけて、何からかにまで、管理、管理。

個人情報を守ろうとしたら、どこにも誰とも繋がらないことに尽きると思うけれど、無理も無理。わたしなんて、ついつい繋がってしまうもん。繋がらないでは、暇が潰せないからね。

だから、あまり神経質になるのも疲れるので、実質被害がなければ「よしとする」という方向性で生活することにしとります。

と、まあ、わたしの誕生日が近づいているらしい。

 

誕生日の記憶

わたしが自分の誕生日を記憶しているのは、小学5年生のときが、一番古いです。

子どもの頃、ケーキで誕生日を祝ってもらったとか、誕生日に何か買ってもらったという記憶も、ありません。覚えていないだけかなあ。自信はない。

そもそも、おもちゃ売り場なんて、そんなに行ったことはなかった。いやいや。おもちゃ売り場はデパートくらいにしかなかったし、数も少なかった。

どういう経緯か覚えていないけれど、5年生のときに友だちを数人呼んで誕生会をすることになりました。

誰を呼んだのか、まったく記憶にありません。思い出そうとすると、へのへのもへじの女の子が何人かちゃぶ台を囲んでいます。

ただ1つだけ鮮明に残っているシーンがあるのです。

うやうやしく隣の部屋からデコレーションケーキを運んできた母。そして、みんなの前でひっくり返すという大失態を演じてしまったのです。

たぶん母も緊張していたんだろうと思います。スローモーションのような映像として、記憶に残っています。

きっと母は誕生会のなんたるかも知らなかったに違いありません。娘のために奮発してくれて・・・。ありがたいことだったなあ。

 

10年前くらいの記憶

60回以上の誕生日があったはずなのに、記憶に残っているのは、それほどないです。

でも10年前くらいまでなら、なんとか思い出せる。

49歳のときには、今は嫁となっている2人のお嬢さんを交えて5人でサーカスを見に行きました。

そして終わってから誕生会をしてもらいました。巨大なゴリラのぬいぐるみのある店で。確か、舞浜?

50歳のときには、東京タワーの展望台で、夜景を眺めました。あのときは、偶然にも誕生日の人は入場料が無料で、盛り上がっちゃいました。

50歳になった時は、30歳になった時より、わたしには衝撃がありました。なにかを飛び越えた感じがしました。

60歳のときには、熱海で、赤いちゃんちゃんこ着ました。が、50歳のときほどの衝撃はありませんでした。

それ以前のことは、思い出せない。忘却の彼方〜

誕生日は、その日が幸せなら、それでいいんです(笑)

残り少なくなってきた62歳の日々。心を込めて過ごそうと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • こんばんは私は一足先に63歳になりました。60歳のお祝い私も熱海の同じ場所でした。びっくりです。私たちの家族旅行は主人が好きだった温泉宿に3家族で行きます。箱根です。もう来年で13回忌になります。いつまで続くかわかりませんが毎年恒例にしています。それと、、、セリの胡麻和え美味しかったです。今日は青首大根が美味しいですよね。大根多めのおでんにしました。醤油こうじを添えてあったまりました。明日は何にしようかな。

    • 埴輪さん

      こんばんは。

      63歳、おめでとう〜!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
      熱海のあそこ、よかったですよね。
      今夜は会長とブリの照り焼き、食べました。
      最近は会長のご飯を兼ねて、魚ばかり(笑)
      明日はわたしも大根を煮ようかな。

  • りっつんさん、もうすぐお誕生日ですね。
    私は今まで65回のお誕生日、あまり特別な記憶はありません。
    ただ、子供の頃、母からのプレゼントは本でした。
    それだけはよーく覚えていて、今でもその本は手元にあります。
    眠れる森の美女・・・・当時ディズニーは憧れでした。
    小公女・・・・・・・・1年2組○○○○と自分で名前を書いています。
    せいめいのれきし・・・絵がとっても綺麗で素敵です。
    一房の葡萄・・・・・・小学生には少し難しい?

    大人になってからは
    20歳・・・ピアノの練習に忙しく、成人式もやっていない。
    30歳・・・やっと子供ができ、なんだかようやく一人前になれた?
    40歳・・・なんとな~く通り過ぎた
    50歳・・・えっ、信じられない
    60歳・・・ますます信じられない。年齢蘭が恨めしい。
    65歳超えてからは毎年、3人の子供たちと姉、妹、友人からお誕生日メッセージが届くくらい。
    自分の中では「また1年無事に過ごせた。皆に感謝、感謝」と思って一日過ごします。

    りっつんさん、今年も幸せな一日を過ごせますよう、お祈りいたします。

    • かよさん

      こんばんは。

      こどものころのプレゼントは本当に記憶がないです。

      なんだか、どんどん数だけが増えていってる。
      だんだん数えられなくなってきました(笑)

      あっという間に夫の2倍とかになりそうで、コワい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。