本日の家庭科は「2000円でカフェカーテンを作る!」

夏仕様のカーテンを冬仕様のカーテンに変えました。

カーテンというか、カフェカーテンですね。突っ張り棒に通すだけのものです。

ふと思い立って、秋冬バージョンを作ることにしました。

 

布代は2000円

新しい布は部屋の中に溶け込ませるように、手前にかけているリネンの色に近いものを選びました。

渋い黄色?のギンガムチェックです。

110センチ幅で1.5メートルに切ってもらい、2枚購入。1メートル580円でしたので、1914円でした。

薄めの生地なので、かけると透けます。

 

接着は布ボンド

今回は端を縫うのではなくて、「布用のボンド」で接着してみようと思いました。

たまたま夏に孫たちのために買った「布ボンド」が余っていたので、使い切ってしまいたかったのです。

こういうとき、チェックがらは便利です。折り目をつけて、アイロンをかけるのにとっても楽チン。

まずはきっちりとアイロンをかけなくてはね。

アイロンで折り目をつけたら、ボンドでサササッと接着。そしてさらにアイロン。あっという間に出来上がりです。

ミシンがなくても、こんな便利なものがあるので、簡単なものは作れてしまいますね。

しかし、さすがにつっぱり棒を通す部分だけは負荷が心配だったので、かがることにしました。

 

制作時間1時間ほど

遠目に見ると、チェック柄はあまり目立ちませんね。

うん!うん!いい感じだ\(^-^)/

ここはもともと障子が入っていた場所。猫の悪行で障子はいつも見るも無残な状態。ついに外して、カーテンにしてしまったのは5〜6年前のことでした。

凹んでいる桟の部分に、つっぱり棒を押し込みますと、ハマります。

和室なので、ちょっと和室っぽく、わたしの着なくなった着物をほどいて何枚か簡易カーテンに仕立ててあります。今回はちょっとカジュアルだけど、色が渋いので違和感はありません。

気分転換になりました〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

思い出の浴衣は、毛布カバーに。単衣の着物はカーテンに。

2017年6月10日

40年前の和服が冬仕様のカーテンに。窓辺に和のテイスト。

2017年12月10日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。