【断捨離】重たい布団を捨てることにするゾ。

重たい綿の布団。捨てることにしました。

 

捨てたい理由

使用頻度は少ない

2階の客間のクローゼットに保管している綿の布団。昔ながらの布団です。

掛け布団なんて、重くて掛けられませんので、こちらはほぼ使うことがありません。

客間にはシングルベッドが2台あります。

2人までの客ならベッドでオッケーなのですが、3人、4人となると敷き布団の出番になります。

この夏も孫たちはベッドで対応できましたが、息子夫婦のために敷き布団を出してきました。

このように、敷布団でさえも年に何度も使わない状態。

大勢の客なんて、我が家では夏くらい。しかも息子一家という気楽な客。雑魚寝で平気。

それでも、とりあえず場所があるのでクローゼットの中に保管していました。

本当に必要なの?

そう思っていても、一戸建てマジックで、ついつい放置。

一戸建ての収納力は結構あるので、捨てる罪悪感から逃れるのは簡単なのです。

 

とにかく重い

ところが、思いがけず、布団のことを考える機会が巡ってきました。

先月から長老猫が2階に上がれなくなり、わたしも下の部屋で一緒に寝て暮らしています。

ベッドを移動するわけにもいかず、敷き布団を出してきたのですが・・・

これがもう重くて大変なのです。

敷き布団を干したい。綿の布団というものは干すべきもの。干さないとせんべい布団状態になってしまって、寝心地が悪くなる。

だけど、この布団を2階のベランダに干すのは大仕事。重い布団を抱えて階段を登り降りするのは、年寄りには危ない行為でもあります。

 

捨てられない理由

布団というのは簡単には捨てられないものです。

処理的にもですが、心情的に捨てにくいものだと思います。

まして、実はこの布団は母親が送ってきたもの。そういうものは、ますます捨てにくい。

わたしの母は布団を集めるのが趣味でした(笑)

昔人かつ田舎人なので「人が集まるときに必要」と思い込んでいて、せっせと布団を購入してため込んでいました。

しかし10数年前に、そんなに持っていても、そんなに使い道がないことに気づいたのでしょう。

「あっても困らないから」と、わたしの家に2組の布団を送ってきたのです。

わたしはすでにベッド生活でしたので「要らない」と言ったのですが・・・。

「絶対に必要なときがくるから」という一言をくっつけて、送ってきたのです(笑)

そんなことで、数年前に押入れの整理をしたときに、ほとんどの布団を始末しましたが、母の送ってきた2組の布団を残したという経緯があるのです。

それにしても重い。

母さん、わたしも年だから、もうそろそろ、この重い布団を処分してもいいでしょう?

 

下の部屋だけで暮らす実験

こうして書きながら、2組の綿布団を捨てる決意ができました。罪悪感とも決別することにします。

誰も使わないものを置いておかない。自分のものは自分で始末する。

そして考えた結果、軽くて安い敷き布団を1枚だけ購入することにします。

とりあえず猫介護の期間は使うし、軽い布団なら、干すのも簡単。あっても困らない。

今週末には新しいエアコンが入る予定です。冬場は下の部屋だけで過ごしたほうが快適かもしれないし。

これを機に、下の部屋だけで暮らす実験をしてみようかと思っています。

1LDKで暮らす。布団で暮らす。

ん?あれれ。

一体、なんのために、寝室の壁紙を張り替えたんだ?

あれからまだ半年しか経過してないのに。

【壁紙の張り替え】壁紙の張り替え資金の出どころ

2019年2月8日

そういえば、あれも猫がらみでした。

そして今回も猫がらみで、こんなことになってる。

やっぱり、アイツはただもんじゃないのかもしれにゃんね。

とにかく、布団を処分する決意が固まりました!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • わかります。
    布団って案外捨てずらいですよね。
    親心の執着やら純綿に対する申し訳
    なさやら。
    でもあれを持ち運びしていたら絶対
    怪我の元になります。
    体力の衰えが自然に断捨離に向かわ
    せてくれる側面ってありますね。
    最近、CM等で素晴らしいお家を見て
    も掃除が大変そうとか天井高くて冬
    寒そうとかの思いが先にたちます。
    平屋暮し、一階暮し、一部屋暮しに
    心が動きます。
    気持ちもおサイフもシンプルにして
    いきたいです。

    • キャサリンさん

      そうですよね!
      怪我の元は絶たなくちゃね。
      キャサリンさんのコメントに後押しされて、
      軽い布団をポチしてしまいました(笑)
      軽い布団が届けば、ますます未練はなくなるはず。
      わたしも庶民系豪邸には興味がなくなりました。
      掃除がたいへ〜ん。

      気持ちもお財布もシンプルに。
      わたしも同じです!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。