【毎日のお掃除】わたしはいつも元気というわけでもない。元気を失うと、排水溝を磨いている。

ああ、まったく、まったく、わたしは誤解されやすい。

いつも元気だと思われがちだ。

だけど、実は小心者。本当に気が小さい。

そのせいもあって、いつも元気だなんて、そんなことがあるわけはない。クヨクヨしていることのほうが多いかもしれない。

「ああ言えばよかった」「こうすればよかった」とか、いろいろある。

原因なしで、ショボンとなることもある。気温の変化なんかもショボンの原因となる。気温の上下にはめっぽう弱い。暑いなら暑いまま、寒いなら寒いままのほうが、まだマシである。

理由の有無にかかわらず、クヨクヨショボンと落ち込んでしまったら、落ち込みに任せて、落ち込むことにしている。無駄な抵抗はしない。自分をそっとしといてやる。

しかし、とりあえず、あることを試みることがある。

排水溝の掃除だ。

これが意外と効果がある。しかし、やり方には注意が必要だ。

何か所もやってはダメ。1か所限定でやることにしている。

掃除ではないのだ。あくまでクヨクヨショボン脱出の儀式なのだ。だから、心を込め気合いを入れて、1か所だけ。

家の中にある排水溝は、台所・洗面所・浴室・トイレだけだ。その中からひとつだけを選ぶ。

昨晩は風呂場の排水溝の掃除をした。排水溝を古い歯ブラシなどを使ってシャカシャカ磨いてみた。入浴中に思い立って、そのまま儀式に突入してしまったので、あられもない姿ではあったけれど(笑)

何も考えずに無心にやる。だた、きれいになあれ~と念じながら磨いた。

磨いてみがいて、磨く!

すると、あら不思議。

きれいに清められた排水溝を見ていたら、ちょっと元気が出てきた。たぶん、最近浴びてしまった毒を排出できたのかもしれない。

こうして一人暮らしのわたしは、自分で自分を叱咤激励し、心を調整し、さらに猫のご機嫌を伺いながら、ついでに掃除までしながら、生活している。

あ~あ。一人芝居にも飽きてきたなあ。(-。-)y-゜゜゜


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん、元気出して。

    また同じだ。大掃除でなく小掃除。思い立ったが吉日とばかり、すぐに取り掛かる。すっきり感は心まで届く。

    最後の、「一人芝居にも飽きてきたなあ。」気になりました。
    「いい人をやめると楽になる」って本読んだことありますか?

    ちょっと視点が違うかもしれませんが、私は、とっくにやめています。

    だって、いいことないし、誤解されるだけだから。

    • しばふねさん。

      おはようございます!

      温かいコメント、ありがとうこざいます。
      時々、一人暮らしに飽きるんですね。
      まさに飽きるという感覚です。
      刺激が欲しくなるんですかね(笑)

      いい人は、とっくにやめたつもりなんだけど、
      やっぱりどこかで演じているのかもしれませんね。ヽ(^。^)ノ

  • 最後の一言、思わず「りっつん、頑張れ!
    寂しいのは君だけじゃない」とハグしたく
    なりました。
    人生、だましだましの一人芝居、一人遊び。
    一人を慎む・・なんて言葉もありますが。
    そこをクリアしなければ大人とはいえません
    りっつん殿、立派な大人です!
    体力が落ちると気力も落ちます。
    美味しいもの食べてファイト!

    • キャサリンさん。

      おはようございます。
      愛のあるコメント、ありがとうございます。
      ハグされました~(笑)
      だましだましの人生・・・ですよね。

      体力と気力は大いに関係ありますよね。
      おいしいモノ、食べます!!ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。