障子に布を貼って簡単リフォーム。臨月の嫁と猫とわたしと。

昨日は山形からに届いた「さくらんぼ」を届けに、嫁に会いに行きました。そこで突然、障子のリフォームをすることになった、嫁とわたし。

2時間ほどで完成しました。これが、なかなかうまくいきましたので、ご紹介。

「猫」とか「幼子」のいる家庭に、おススメです!

 

ランチで相談

大きなお腹が爆発するのを恐れて、1人では電車に乗らないという嫁。フーフー言ってます。いつ出てきてもオッケーな状態です。

わたしとなら、電車に乗れるというので、まずはちょいとランチ。

姑のランチ

嫁のランチ

「何かやっておきたいことはない?」by 姑

「実は、まだ障子があのままで・・」by臨月の嫁

「夫がなかなか動いてくれなくて・・」

「よくない夫だな、そりゃ!」

ベッドを動かしたりしないといけないので、さすがに臨月の妊婦には大仕事だ。

「障子を外してもらえますか

よっしゃ〜任しときっ!

今日はエプロンは持ってこなかったけど、家政婦になったるで。

わたしが障子を外すだけで終わるわけはない。最終形態にまで持っていきまっせ。

ここで、嫁の顔はちょっと晴れ晴れとしました。かなり気になっていたんだね。

 

アイデアが来た!

障子かあ・・・・。確かにひと月ほど前に行った時にも、障子は見るも無残な状態だった。

というのも、この方、ニャンダバーさんのせい。耳を後ろに反らせては悪さしてます。

うちの場合は、悪行に耐えかねて障子を外してしまいました。猫と障子は相性最悪!

しかし、今まではそれでも「仕方ないね」で済ませられたけど、赤ちゃんがいる家庭では衛生的にも問題があるような気がするし。

おいしいランチを食べながら、頭をひねって考えたのは、紙の代わりに布を簡単に貼るという方法。

これはよくある方法ですよね。

だけど、わたしはワンランク上のアイデアを思いついたのです。

嫁に話すと「やってみたい!」ということに。

ランチ後、即実行です。布を探しに行きました。

 

材料はこれだけ!

布は適当に切って、裾はボンドで止めるという作戦です。時間は短く、最大の効果を求めます!

【材料費は3000円】

  • 110×360センチ 布代2500円。
  • 布用のボンド 500円。

シワ感のある白い木綿は1メートル 680円の品

後ろがうっすら透けて見えるくらいの、ほどほどの厚さの布を選びました。

そして布用ボンドはこちら

 

リフォーム開始

では、始めます。・・・・って、とんでもない状態です(笑)

まずはボロボロの紙を剥がします。

この作業に、臨月妊婦と還暦婆の2人で30分くらいかかりました。ついでにサッシの溝もお掃除しときました。剥がした障子紙で、汚れを拭き取れば一石二鳥。さささのさっ。

骨だけになった障子から、見晴らしを確認している、ニャンダバーさん。

ニャンダバーさんは、頼んだ訳でもないのに、ちゃんと動いてくれます。ブログ猫としては、適役かもしれない。

野生のカンはまるでないけれど、モデルとしての才能はある!

こんなことまでしてくれました。通り抜け確認作業。

 

ポイントは画びょうを止める場所

さて、わたしが思いついた、ワンランク上のアイデアというのは、

全部止めるのではなく、カーテン風にするということ。

日差しを遮りながら、できるだけ風を入れるという工夫です。

画びょうで止めたのは、上の5つの点と赤い丸の2点のみ。

留め具は、昔ながらの画びょう。100円画びょうが木目とあっていて、違和感がありません。

これは応用が利きます。止め方によって、いかようにもなります 。

下はひらひらと自由自在。

では、ニャンダバーさんに出入りしてもらいましょう。

ねっ!こんなふうに出入り自由。ヒラヒラしているので、飛びかかりづらく、爪とぎはできないんじゃないかと期待します。

ま、ボロボロにされても2500円の布なら、諦めもつくというもの。

素材が木綿ですから、汚れたら洗えばいいだけ。冬場にはもう少し厚い布を張ることで蓄熱効果も期待できそうです。いろいろと楽しめそうです。

これは、かなりのグッドアイデアです。我が家は障子を外して、カーテンにしてしまいましたが、これ、いいわ〜。戻そうかしら。

「もう、思い残すことはない。いつでも出てこい!」

お腹に向かって、力強く語りかける嫁。

だけど、そんな嫁の心配事に驚きました。

「陣痛がきたのが、分かるかなあ」

ボーっとしているという自覚があって、心配なんですって。

今後は面白いブログネタを提供してくれる予感がいたします。

「大丈夫。必ず、分かる!」と答えておきましたけど。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • こんにちは まだ梅雨入り宣言がない 地域で暑い1日になりそうです…
    あちゃーな障子無残な状態だから お嫁ちゃんが気にするのも わかりますね…
    布使用は ぐっとアイデアですね 布カーテン式にすれば
    にゃんちゃんも 手応えないからすり抜けするくらいで 済みそうだぁ〰️な
    布は取り替えできるので 四季折々の使い道が ありそう
    お嫁ちゃん のんびりタイプ?さんかしら
    無事に赤ちゃん産まれると 良いですね

    • モコちゃん

      おはようございます!
      今日も梅雨空ですねえ。
      あの状態は「張り替える気」も削ぎますね。
      凄まじい状態でした。
      久しぶりに頭を回転させましたよ(笑)
      臨月嫁は、のんびりマイペースな人です。
      なかなか楽しいんですよ。
      今か、今かとなんとなく落ち着きせんですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • 本当にグッドアイデア!!!
    我が家もチビ孫達に障子をやられ
    放題で、下部は100均の桜シール
    だらけです。
    こんな白布だったら光も透けて
    陰翳礼讃も可能ですね。
    風が通る分、面白味も倍増かも。
    子供も猫も気楽!
    (子供は破るのが楽しいのか?)
    ぜひやってみたいと思います。
    りっつんさん、思考が柔軟ですね。

    • キャサリンさん

      桜シールだらけを想像して笑っちゃいました。
      わたしも貼っていたことがあります(笑)
      布貼りはいいです!
      ただし、子供達には不評かもですね。
      何しろ、破りたいのですから(笑)
      ぜひ、お試しくださいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。