山形から”つや姫”の玄米が届く。玄米定食屋さんを開業!

山形「いのファーム」さんに頼んであった“つや姫”の玄米5キロが届きました。

モードは自然食系。

(熱しやすく冷めやすい)ワタクシの2020年の最後のブームの幕が上がりました!

 

ふるさとからの贈り物

届いた箱を開けると、目に飛び込んできたのは、お米ではなく・・・。

お米のほかに、自家製の味噌と干し柿、そしてご近所の果樹園のりんごが入っていました。

お味噌が入ってくることはわかっていたのだけど、干し柿やりんごまで入ってくるとは。

思いがけないプレゼントに、心がほんわかしました。

おとーさん!届いたよ。うれしいよ。(^O^☆♪

※いのファームさん、わたしよりずっと若い方です(笑)

そして大事なマークがぺたり。

同封されてきた検査報告書を見ると、どのような農薬も検出されずとのこと。

玄米食では無農薬という気配りは大事なようなので、とりあえず気にしてみました。

これで安心して、皮ごとお米をいただくことにいたします。

 

玄米を炊くおまじない

  • 玄米 3合
  • 小豆 30グラム
  • 塩 小さじ1
  • 水 650cc

いろんなレシピがありましたが、この分量が一番簡単だったので採用することにしました。

そして次に不思議な手順が書かれていました。

かくはん器で右回りに8分間回せ!

「右まわりにに8分ってなんで?」

理由が書いていないので、やるべきかやらざるべきか迷ったけれど、とりあえずやってみることに。

大真面目に、厳格に右に回す。念を込めて回す。

8分後、水が濁った。

何かは起きたらしい。

3時間ほど寝かせたあと、3時間半かけて炊飯。

 

小さなおかず三姉妹

玄米には玄米らしいおかずにしなくちゃね。♪るんるん

すっかり、玄米定食屋さんの女将気分。

野菜はたっぷりある。

まずは大根の皮できんぴら、作ろう。

大根の皮を先に炒めて、千切り大根も炒めて、大根葉をちらして。

うんまい!

ほうれん草の胡麻和えと、高野豆腐の含め煮も作りました。

これで、小さなおかず、三姉妹の完成。

最近、保存容器はウェックを好んで使っています。中身が見えるので食べ忘れがないからです。

 

玄米定食御膳ができた!

ということで、クリスマスイブの玄米定食でございます。

おとーさん!

炊きたてのつや姫玄米ご飯、おいしかったよ。

かむほどに ふるさとの田んぼ 思い出す

・・・って、すっすり山形がふるさとに(笑)

さて、そこに焼かれた魚がありますが、これ、ただもんじゃないんです。

ただではある(もらった)のですが、ただもんじゃない!

銀ダラの旅

ある日のこと。青い海原を空も見ないで回遊していたところ、あの人の網にかかって、船に乗せられた。

それから市場であの人に箱に詰められ、そしてどこをどう通ったか道順は忘れたけど、東京の小料理屋さんにたどり着いた。

特製の西京味噌を塗られて、ビニールに閉じ込められて。

そしてトラックに乗って、大明神さんの家までやってきた。

大明神さんの車でまじ専務の家まで運ばれて、まじ専務が困難を乗り越えて(はいないけれど)運んでくれて、着いた先がここ。

このように、数多くの人の手に支えられた由緒正しい銀ダラなんです。

よくぞ、来てくれたよ。

なにが言いたいかというと、

あまりにうまい!

ということだけでして。

においに誘われて、あまりにうるさかったので、ニャンにもかけらをおすそ分け。

それからブロッコリーの上に乗ってるのは、ふき味噌。

玄米定食御膳としては、まあまあの出来栄えだと思っております。

本格的ままごとの玄米定食御膳。

現在、玄米ご飯は12時間ほど寝かせられ中。どんどん風味が変わっていくらしいので、今後の変容ぶりに興味はつきません。

時々、ついつい釜を開けては様子を確認したりしていますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • こんにちは
    玄米も銀鱈もいただきたくなりました。
    すてきなディナーのご紹介ありがとうございました

    • つばきさん

      おはようございます。
      コメント、ありがとうございます。
      すてきなディナーと言っていただいて、光栄ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。