KDDIの株主優待と保有株の現状。そして書籍『お金の大学』のご紹介。

KDDIから株主優待が届きました。

今年もカタログから選ぶというシステム。

ちょうどダシの在庫がなくなりそうだったので、静岡のダシを選択。

毎年、楽しませていただいていただいたます。

株主優待のカタログ届く!わたしが株主であることを実感するとき。

2019年6月9日

さて、保有株の現状です。

コロナショックで、株式市場は大変な事態に陥りました。

わたしのかわいい保有株たちがどうなっていたかというと・・・

コロナショック前には含み益を100パーセントとすると、

コロナ暴落で含み益は、ほぼゼロに!

現在、含み益は70パーセントにまで回復。

♪下がって、下がって、上がるぅぅ〜

含み益の減少はあったものの、投資額を割ることはありませんでした。けっこう、すごいことでしょ。( ̄^ ̄)ゞ

ハラハラしながらも、胃が痛むとか吐き気がする事態には陥りませんでした。

何しろ、胃痛も吐き気も経験者。リーマン、サブプライムでは投資額が半分になった経験があります。あの時は胃薬が手放せませんでした(笑)

しかしあの時に決して売らず、じっと我慢で、資金を減らさずにいたことで、投資人生に自信を持つことができたのだと思います。

  • 状況は変化することを忘れない。
  • 変化に対応できる対策と覚悟を持つ。

これが株式とつき合うわたしのポリシー。

今、含み益が100に戻らないのは、オフィス系とかホテル系のリートを保有しているためです。これは回復に時間がかかるでしょう。

保有株式を高配当株に変えているので「売る」という選択肢を持っていません。保有株式はあくまでも配当金を稼ぎ出す種銭。そんな認識で株式を保有しているので、コロナショックにもあまりオタオタせずに、眺めています。

 

お金の大学

知り合いが朝日新聞出版から『お金の大学』という本を出しました。

19日に発売になったということで、昨日買いに行ってきました。

都内では平積みだったらしいけれど、さすが田舎町(笑)

わが町の本屋さんには、1冊しか入荷しておらず、飾られていました。

許可をいただいて、写メをパチリ。

生活していくための、お金に関する情報がまとめられた1冊です。

若い人向けですが、還暦越えしていても、参考になることはいろいろありました。

270ページと厚みのある本です。これで1400円は安いかも。

会話をリードしていく両さんが関西弁なのが面白いです。ちょっと怪しげな関西弁(笑)

関西弁って文字にすると、イントネーションが伝わらないから、変な感じがするけど、こういう固い話にはあんがい向いているのかも。『ナニワ金融道』みたいで(笑)

内容は本当にいたってまじめ。固い内容だけど楽しく経済、法律の知識を学ぶことができます。

発売前から評判になっていたようで、現在、増刷中。
昨日アマゾンで確認したところ、次の入荷は月末になるとのことです。

自信を持っておすすめしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。