【秋の片付け】大きな不要物を処分して、押入れに空きスペースを確保

この1ヶ月ほど、2階の片付けに精を出しています。

毎年、この時期はなぜか「片付けスイッチ」が入ります。

暑からず、寒からずという気候に後押しされてやってきました。

毎度、もう処分すべきものなんて、ないよなあと思うけれど、

見直しを始めると、出てくる、出てくる!どんどん出てくる不思議なおうちです(笑)

数週間前には、こまかいものを分別して、ビニール袋で7つほど処分。

そして、昨日は大きなものを4点ほど粗大ゴミとして回収してもらいました。

 

ファンヒーターと扇風機

ファンヒーターと扇風機は、ともに10年ほど使ったもの。

昨年あたりから、ファンヒーターには、不安を感じることが出てきました。

電化製品、かつ、暖房器具。

突然、火を吹いたりしたら困るので、買い替えることにしました。

扇風機も回ることは回るのだけれど、頭が上を向きません。カクンと下を向いたまま。

ドライバーなどを持ち出して、いろいろやってみましたが、直らず。

こちらも、経年劣化による発火の可能性もなきにしもあらずなので、処分を決意しました。

扇風機はもう1台あるので、新規購入はサーキュレーターにと思っています。

 

スーツケースとハンガーポール

さて、大型のスーツケースです。

これは、息子のお下がりでした。

2度の渡米に持っていった、思い出深いスーツケースです。

カギが壊れていたのに、何かに使えるかもという口実で、残してありました。

何かって、どんなとき?

災害備蓄品を入れたこともあったけれど、中に入れたものを忘れて、えらいことになったし(笑)

また息子が海外転居でもしない限り、もうこのスーツーケースを持って出かける長い海外旅行には、きっと行かないだろうなあ。

つまり、一緒に同じ飛行機に乗ったという思い出があって、捨てられなかっただけ。

でも、どう考えても、スーツケースがなくなったからといって、思い出が消えることはない(笑)

なんで、物と心をくっつけて考えてしまうのでしょう。なぞです。

スペースのほうが大事だということを再認識して、処分することにしました。

それから、ハンガーポール。

傾きが直らないままに使い続けて25年。

ここのところ、この存在が、気になっていました。

あれば便利だけどこれに服をかけてもときめかないので、思い切って処分を決意しました。

それぞれに「ありがとう!」とお礼を伝えて、さよならしました。

我が町では予約をすれば、月に2回、粗大ゴミとして1つ500円で回収してくれます。

使えそうなものは、リサイクル品として回しているそうです。

 

脱皮している感覚

これ、どうしよう。

捨てようかな、いやいやもったいないな。

そんなことを、いちいち考えてしまいます。これだけで疲れます。

一度手に入れた物を手放すのにも、エネルギーが必要。

そんなに簡単にあっさりと捨てているわけではないです。

そんなことで、ここまで片付くのに、軽く20年という歳月がかかってしまいました。

しかし、今回また、皮を1枚、脱皮したような感覚を得ました。

皮1枚分ほど、心が軽くなりました。ちょっとだけ、生まれ変わったような気分。

そして、家の中にも、新たにスペースができました。

今回処分した4点が入って場所は、空きました。

ここには、息子たちの思い出関連の箱を入れる予定です。

上の段には写真が、下の段には、思い出の箱がある。ここに集めておけば、息子たちもわかりやすいはず。

それぞれ中型ダンボール箱2つ分と決めて、思い出関連のものをまとめたのは10年ほど前のこと。

4人家族分で、7つ。

夫の箱は1つ。わたしの分は、見直して、作り直す予定です。

さて、これらの箱は、現在は2階の和室の押入れの中に積んであります。

この箱、息子たちが見るのか、見ないのか、それはわかりませんが、とりあえず、わたしの子供だったという証みたいなものとして、残します。

これらの箱を移動すると、今度は和室の押し入れが空きます。

どんどん、広がる新たなスペース♪

我が家の秘境であった和室。

いよいよ、この部屋、新しく生まれ変わるきっかけになるのか!?

わたしの趣味のひとつは、片付けです( ̄^ ̄)ゞ

クローゼットや押入れの中は、存在を忘れている物だらけの魔界である

2022年11月7日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。