時代に逆らって生きちゃる!洗濯機は脱水機として活躍するのみ。

先日、部長がやってきて発したひと言。

それに対して、反論していないことを思い出しました。

 

まだ、洗濯物、干してるの?

なんだか、どこかの超有名なブログのタイトルみたいですね。

「まだ東京で消耗してるの?」というブログ。ブログ界の帝王イケハヤさんのブログですね。

わたしは若い人たちのブログが好きで、よくのぞいております。楽しいです。

さて、部長が我が家にやってきて、2階に上って、漫画本を抱えて下りてきてこんなことを発した。

部長

ままんは、まだ洗濯物を干しているのかい?ありえない

わたしは洗濯物は2階のベランダに干しております。ヒラヒラヒラ。

そもそも洗濯物とは干す物である。

そんなことも忘れちまったのかい ┐(´~`)┌ この世の終わりだ。

部長さんのお宅では洗濯とは、入れて、出す物。そしてたたむもの。

りつばあ

今日は天気がよいからのう~朝に洗濯して干したのじゃ

部長

さっさとドラム型の洗濯機に買い替えたほうがよい。わたしが買ってやろう

出た〜!部長の買ってやろうコールだ。

本当かいな。いつぞやはクーラーも買ってくれると発しておったが、その話は立ち消えている。

でもね。本当に買ってもらった電化製品もあるので、あまり悪くは言えない。

現在活躍中のヘルシオ君は、数年前に部長が買ってくれたもの。

部長が生まれた時に買ったオーブンレンジを使い続けて20数年。見るに見かねて買ってくれたものである。

じゃあ、同じように、洗濯機、買ってもらおうかな・・・

と、いうことにはならないんだな、これが!

 

りっつんの洗濯事情

最近、わたしはたまにしか洗濯機を回しません。夏場はそれなりに洗う物も多いのですが、冬場は洗濯物が少ないですから。

ためてからやるのかって?

それも、違いますのですよ。

手洗いなんです。てあらい。て・あ・ら・い。「お」は付けないでくださいませよ。

下着などは毎日手洗いしてるんです。

きのう洗った物は、下着と靴下とタオル。枚数にして10枚弱。

今日は雨だから、洗ってないです。

洗う物を洗濯用のピンクのかわいいバケツに入れて、おしゃれ着用洗剤を入れて1時間ほど放置。

洗剤がちゃんと汚れを浮かせてくれます。そこまでは洗剤さんのお仕事。

※実は足湯用のバケツです。(笑)

冬の下着類や靴下にはウール混の物を着用しているので、洗剤はおしゃれ着専用の洗剤にしています。わたしはアクロン派です。

汚れが浮いてきたら、ちょっともんで、ささっとゆすぎます。5分もあれば終わります。簡単なもんです。

ゴシゴシ洗わなくても大丈夫。ちゃんと落ちてます。

脱水だけは洗濯機に任せて、そして干すだけ。少ないと干すのも簡単。太陽の陽ざしを浴びて、気持ちよさそうです。

バスタオルとかシーツなど、大きな物だけは、まとめて洗濯機で洗っています。たまに。

手洗いも日課にしてしまえばどうってことはないんです。

部長、驚いたか!

わたしは干すだけではなく、洗うのも自分の手なのだ。

洗濯機は、もはや脱水機と化しているのじゃ。

こうして、時代に逆行し始めたら、それこそが、正しい老人の道であろうぞ。

 

アメリカの洗濯事情

息子たちがアメリカに住んでいた時、生活スタイルの違いで驚いたことの一つが洗濯事情でした。

息子たちが借りていた家には、大きな洗濯機と大きな乾燥機が備え付けられておりました。

廊下の端のスペースに洗濯室が設けられていました。

洗濯機はかなり高い温度のお湯で洗うしくみ。そして洗い終わると、隣に設置されている大きな乾燥機に放り込みます。コインランドリーが家にある感じですね。

オールシーズン、あんなに乾燥している時期でも、外には干さないアメリカ人。

綿製品は乾燥機にかけると、シワシワになるので、嫁もわたしもハンガーにかけて、わざわざ家の中に干していました。

目障りだけど仕方ない。便利なようで不便な生活でした。

なんでだ?と何度も思いました。外に干したら2時間もあれば乾くのになあ。シーツくらい干したいなあと何度も思いました。

外は快晴なのに。夜は8時まで日が暮れないのに。もったいないったら、ありゃしない。

アメリカ人が外干ししないのは、景観上の理由もあるだろうけれど、電気メーカーの策略だったに違いないと、わたしは勝手に想像しています。

とにかく、理由はどうあれ、現在アメリカでは、法律では決まっていないけれど、暗黙の了解で外干しができないことは事実なのです。

しかしお湯で洗う方法と乾燥機にかかる電力は、とんでもないらしい。そりゃそうでしょうね。わたしでも分かります。

だから最近アメリカではエネルギーを節約するために「太陽に干そう運動」なるものさえ登場しているとのこと。

そんなアメリカの後ろを、一生懸命追いかけている日本。

確かに晴れの少ない地方では、優秀なお助け家電かもしれない。共働き家庭にもいいと思う。

だけど、ヒマがあるなら、洗濯も機械任せにする必要はないのですよ。自分の物くらい、自分で洗えばいいのですよ。

わたしはヒマなんです。だから、自分で洗うことにしました。

たぶん、手洗いのほうが、衣類は長持ちすると思います。

わたしは外に干し続けるよ~!おひさまに向かって、堂々と干すわよ~!

だから、ままんはドラム型洗濯機なんて、まったく、必要ないんだよ~。ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。