スマホは単なる便利なツールなんかじゃない。その正体は・・・。

『スマホ脳』はスウェーデンのアンデシュ・ハンセンという精神科医が書いた本。

最近、ヒットしている。

スマホが脳を持つという話ではなくて、人間がスマホを持つことによって、脳がどう刺激されるのか、そして人間がどンな影響を受ける可能性があるかということを書いた本だ。

ケータイ電話が普及し始めた時には「ケータイどうする、持つ?」とか、人々の中にはある種の戸惑いがあったように思うのだけど、スマホはごく自然に知らず知らずのうちに浸透しているような、そんな感じがしている。

ケータイ電話とパソコンが合体したもの。わたしのイメージはそんなところだ。

ケータイ電話もパソコンも便利で、馴染みがある。もう生活に入り込まれることに警戒心はない。そして今となっては、後戻りはできない状態になっている。

ふと、ちょっと心配にもなる。

何気なく、当たり前のようにスマホを携えているけれど、何か不都合な事は起きない?

だから『スマホ脳』に目が止まった。

 

スホマは本能に訴えかけるツール

人間って“かもしれない”が好きな生き物だと言う。

いいことがあるかもしれない。

怖いことがあるかもしれない。

危険が迫っているかもしれない。

あんなことも、こんなことも起きているかもしれない。わたしの知らないところで、知らないうちに。

1つでも多く、そういうことを知りたい!

それは、生き抜くという点においては有利に働くかもしれないから。

ボーッとしてはいられない。情報収集は大事な仕事。

ボーッとしてると、敵にやられる。生き続けられない。人間はそうして生き抜いてきたのだから。

近代化したことで危険を避けて暮らせるようにはなった。しかしその危険回避の本能だけは残っているというのだ。

驚くことに、その危険回避の本能に訴えかけているのが、スマホというツールだという。

本能なんてものは長い年月をかけて変化していくもの。文明の進化があまりに早いので、脳の進化が追いついていけない。時間が足りない。三世代なんて短い時間では脳までは進化できない。これが実情。

こんなところで人間の本能に向き合うことになろうとは。

 

報酬系を喜ばせる

スマホという機械自体は、スイッチを入れなければ、だだの箱。

だけどこの箱は、スイッチを入れた途端に、いろんな情報を入れてくる。

情報とつながるということが、どうも本能に訴えかけるらしい。

何かが起こるかもという期待ほど、報酬中枢を駆り立てるものはないのだそう。ここで、ドーパミンがドバーッと放出されるのだそう。

敵がいないかどうか。安全であることの確認をする。そして自分の現状を知りたい。ある程度の先の予測もしてみたい。

ついでに、おまけのような何かを見つけると、よりうれしい。

いまの世の中だと、見つけてうれしい芸能人のゴシップ?

それを知ったから、何になる?

何にもならないのに、何かを知りたいという部分を刺激されて喜んでいる。

いつから、こんなことになってしまったの?

 

スマホを使いすぎるとどうなる

ある意味、スマホはドラッグらしい。

スマホがないとその人の世界が崩壊してしまうこともある。本能に訴えかけてるんだから、その可能性は十分にある。

確かにわたしでさえも、スマホとは離れたくはない。離れると心細い感じがする。

そして、着信音には、確実に反応してしまう。

大事な連絡かもしれないから。

そんな大事な連絡など、あるのか?今まであったっけ?

ケータイ電話を持つようになってから20年余り経つけれど、一刻を争う大事な連絡など、なかった。(´・ω・`)

なのに、大事な連絡があるかもしれないという期待を込めて、肌身離さずスマホをそばに置いてしまう。

 

SNSの仕組み

わたしはブログは書いているけれど、フェイスブックもツイッターもインスタグラムもやらない。

10年前にフェイスブックに登録はしたけれど、それは息子たちが渡米したときに、お互いの近況報告用のためだった。

が、これが、思わぬ体験をもたらしてくれた。

たった一度のことだったけれど、この体験でフェイスブックの正体(?)を知ったので、更新することはやめることにした。

学生時代の友人が「み〜つけた」と連絡してきたのだ。

見つけてもらってうれしくなかったので、その一言にぞっとした。

何気なく発したのだろう。しかし、忘れられない一言になっしまった。

「みーつけた」は幼児番組だけにしてほしい(NHKに同名の番組があった)

そっか。見つけられちゃうのか。置いてきたはずの過去に。

あなたの行動に興味はないし、わたしの行動に興味を持たれたくもない。

人の生活をいいねとも思わないし、嫌だねとも思われたくない。評価なんてされたくない。

個人的につながっていくフェィスブックは向いてない。これが結論だった。

SNSに振り回されている人も多いという。使うほどに不幸せになっていく人もたくさんいるらしい。

空想世界の恐怖。

 

史上最大の行動変容の中にある

人類はいま、大きな変革の最中にあるのだろう。

今後100年もたてば、いまの時代の位置付けがはっきりするはずだ。

その評価がどんなものなのか、とても興味がある。

この時代に、どんな名前が付けれるのだろう。

産業革命と名付けられた時代のように、人類の行動の大きな転換点になっていることは間違いない。

わずか50年ほどの時間で、世の中はや大きく変化した。

わたしが生まれたときには、家にはテレビもなく、電話もなかった。誰かと連絡を取り合うには手紙とか電報くらい。

1歳のときに死んだ祖父の訃報は電報だったという。夜中に電報を受け取ったと母が言っていた。

一旦家を出たら、家族と連絡が取れなくなる事が当たり前の時代は長かった。

わずか50年の間に、個々人がどこにいても、連絡が取れるという世界になってしまった。町を超え、国を超えて。

さらにリアルタイムの情報まで入手できるまでに。

今、あそこでこんな事が起きてるってよ!

だけど、その情報がどれほどの正確さなのかは知るすべもない。自分の目で確かめることはできないのだから。

こんな時代になったことで、むしろテレビのニュースさえも疑うようになってしまった。

誰かの利益とか思惑が絡んでいるんじゃないかと、ついつい思ってしまう。フェイクもありうるんじゃないかと思ってしまう。

本当の本当。事実。真相。

もう、誰にもわからなくなってしまっているのかもしれない。

正しいということもうやむや。

多勢の雰囲気に流されるように、事が動き、歴史が綴られている。それぞれが情報を受け取るだけでなく、発信もできるようになっているので、社会情勢はますます混沌としてくる事は間違いない。

真実は混沌の渦の中。

 

使い方を考える

さて、もう後戻りはできない、スマホ時代を生きている。

いま、わたしのそばには、

「こんなことが起きてますよぉ〜」と教えたがりのスマホが鎮座している。

気を取られすぎると、日常生活がおざなりになってしまうので、使用制限かけることにした。ネットをつなげる時間は限定的に。

スマホが目に入ると気になるので、別室に。

これが『スマホ脳』からの受けとったアドバイスだ。

出かけるときも、3時間程度の外出なら、携帯しない。

悪影響を受けずに便利な部分だけを利用したいなんて、虫のいい話かもしれないけれど、とりあえずやってみようと思っている。

ネットとの付き合いは、ほどほどにしとこうっと。

2019年5月17日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん こんにちは。ガラケー愛用9年目のあじさいです。スマホ愛用者の友人達が、外堀から埋めようとするのに独り抵抗しています(笑)でもいつまで頑張れるかな・・・。

    本当に今は変革の時代だと思います。この20年でも、インターネット、スマホ、地震にコロナまでも。そして誰かが選別した大量の情報にまみれながら、<便利>という言葉に引き寄せられて生きている時代でもありますね。昨年ずっと、過去のペスト感染やスペイン風邪の番組を見ていて、今のこの時代は100年後、200年後にも大きな歴史の1ページとして、きっと論じられるに違いないと思いました。試験問題にもなるかな?

    • あじさいさん

      こんにちは。
      こうして書き連ねてみると、本当にすごい時代に生きているんですね。
      ガラケーを使ってる人、まだまだいますよ。
      電話とメールだけなら十分ですものね。

      便利という言葉につられて、
      何かに操られていることに気がついています。

      一体、どんな時代になり、どんな人たちが出てくるんでしょう。
      新しい人たちですよね、きっと。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。