図書館に行ったら、自分が見える!?タイトルは自分を映す鏡。

図書館が好きです。

時代の先端にある本は購入しますが、それ以外の本は図書館で借りてきます。

今週も何冊か借りてきました。

 

家を買った理由は近図書館

30ほど前に家探しをしていた、わたしたちカモ夫婦。

購入決意の判断材料として「図書館が近い」ということがありました。

歩いて5分のところに市立図書館があります。

この場所に住んで30年。一番お世話になっている公共施設は間違いなく図書館です。

図書館の楽しみは「多くの他者の頭の中に出会える」ということ。

30年も図書館の本棚を見ているのに、いまだに知らない著者もいます。

未知との遭遇感、あります。

同じ本を何度でも借りられる気楽さ。途中まで読んで「あっ。これ読んだことある」なんてしょっちゅうです。

だけど、そんな時でも「ま、いいか」で、すませられる図書館。いいです。

 

近藤啓太郎さん

近藤さんの名前は初めて知りました。直木賞作家と知ってビックリ!

『楽に死ぬのがなぜ悪い』

このケンカをふっかけるようなタイトル!

このタイトルが目について思わず手に取りました。

副題は~長生きは不幸の始まり~

どうも、わたしもそう思っているらしいです。わたしの頭の中、反映してるようです。

作者の近藤さんは1920年(大正9年)生まれ。2002年に82歳で亡くなっています。

この本は1993年に発行されていますから、73歳の時の作品です。

今まで目に留まらなかったのは、なぜ?

今だからこそ、気になるタイトルなんですね。60歳を過ぎた今が、その時ってことでしょう。

近藤さんのキーワードは鴨川・犬・直木賞です。

1960年代には好色通俗小説を書いておられたようです。だからわたしは存じ上げなかったのですね。

残念ながら、好色通俗小説には精通しておりませんで、この分野は今後の課題ですね(笑)

さて、この本のテーマは「死に方」ですが、それと同じくらいの分量で書かれていたのが「男女のこと」

ズバズバなもの言いには、思わず笑ってしまいました。

女性のピークは50歳前後だそうで、残念ながら、わたしは枠からはみ出してしまいました(笑)

そうとう遊んだ方のようで、渡辺淳一さんと同じようなことを語っておられます。

へえ~そういうもんなのねえ。フムフム。ナルナル。

勉強になりました。m(_ _)m

男性という生き物に対する理解が、また一歩進んだように思います。

ホントか?一生、わかるわけないでしょ。(∩´∀`)∩

一歩進んだ、だけですよっ。(-。-)y-゜゜゜

 

図書館へ行こう!

とにかく図書館に出かけてみよう!

不思議なことに、本のほうから「読んでよ~」と語りかけてくれます。

それは自分が今、何を知りたいと思っているか、それに反応した声なのです。

わたしが近藤さんの本を手にしたのは、「死」とか「死に方」とか、とっても気になっているからです。

そんなことを考えていた人は、わたしが人類で初めてではない(笑)

たくさん、いたんです。

本=人そのもの

図書館に行くと、多くの人に会えます。昔の人にも外国の人にも会えるんです。

紙の束が並んでいるんじゃなくて、人の頭の中が並んでいるんです。

ちょっと怖い図ですね(笑)

本を読むことは「他者を知るそして「自分を広げる」ことにつながります。

結果として知識も増えていきますが、単に知識を増やすということではないと思います。

本を読むことで、ほかの人が認識してきたことを、自分の中に取り込んでいく。

そして頭の中に取り込んだ他者の意見を消化しながら、自分の考えを確認したり自分の指標にしていく。これこそが読書の楽しさでしょう。

どんなに小さな図書館でも、目に留まる本が1冊くらいはあるはず。

つまらないと思った本の中にも、一つくらいは心に引っかかることがあるかもしれません。

近くの図書館に、ぜひぜひ足をお運びください。

近藤さんの作品、全部借りてこよ~っと。しばらくは楽しめそうです。ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 本、本、本、本があれば、生きていける、とう思っているので、りつりんさんのご意見に大同感です。
    電車でも病院でもどこでも本を読んでる方で、大丈夫そうな方には、つい本のタイトルを聞いてしまいます。
    それ以外では、話かけることはないのですが。近藤氏の作品はちょっと??だな、と思っていましたが、
    「死」ですか。私も、死はいつも頭をちらついています。受け入れ態勢まああり、ですが、気分良く受け入れるには?!が課題です。

    • 麻布さん。
      電車などで本を読んでいる人を見かけると、
      タイトルが気になって、気になって、もうどうしようもないです(笑)
      「何?何?面白い?」って思います。なかなか声はかけられません。
      近藤さんの小説は読むのに、ある種のエネルギーがいるみたいですね(笑)
      「死」を気分よく受け入れられる心持ちを、自分なりに求めてみたいのです。ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。