「芋代に財産食いつぶす」の段を見て、恐怖におののく干し芋好き。

こんな怖い話を見つけました。

干し芋代とは書いていませんが、かなり気になります。わたしも財産を食いつぶすのか?

 

徒然草 第六十段

これを見つけたのは、かの有名な『徒然草』の中の「第六十段」

芋代で財産を食いつぶした人がいたとは、恐るべし、芋!

財産を食いつぶすほどのおいしい芋は、芋頭だそうです。

サトイモの親芋のようですが、あれってちょっと固いんじゃない?ゴリゴリしてない?

わたしはサトイモは子芋の方が好きですけど、まあ、人それぞれですから。

財産を食いつぶすほど芋を食べた人は、盛親僧都(じょうしんそうず)という優秀な学僧さん。僧侶であり、学者である人。

このお坊さん、講義の席でも脇に芋を置いて、芋をほおばりながら講義を続けていたというのです。

病気になると、何週間も部屋に引きこもり、治療中と称して好きなだけ極上の芋頭を食べ続け、どんな病気でも治してしまったらしい。

芋で病気が治るのか!?

それも、人に食べさせることはなく、いつも自分だけで食べていた

芋代に消えたお金は三百貫。現在のお金に換算すると、ざっと1800万円!

このお坊さんは眉目秀麗・身体強健・健啖快食・達筆・博学・雄弁で地位もあったと兼好さんは書いています。

 

理想の自由人

このお坊さんは、簡単に言えば、変人奇人のKY(空気、読めない)さん

法事などで、もてなしの膳についても、みんなに膳が配られる前にさっさと食べて、帰りたくなるとさっさと帰っちゃう。

どうも常識外れの大物だったらしい。

にもかかわらず、このお坊さんは人から嫌われることなく、何をやっても許されたそうな。

兼好さんは、この話を「徳の至れりけるにや」と結んでいる。

人徳が最高の域に達していたから、何をしても許されたということらしい。

たぶん兼好さんにとって、このお坊さんはあこがれのの自由人だったのでしょう。

なりたくてもなれない自由人の理想形

なるほど。

ただ芋を食べるだけではダメ

1800万円分食べないとダメだ。それも誰にも配らず一人で食べないとダメ

なので、わたしは芋で財産をつぶことはなさそうです。

安堵しました。

だけど自由人もなれないことも理解しました。

それにしても、芋という食べ物はなんでこんなにも人を魅了するのでしょうねえ。

ほどほどに干し芋でも食べて、我が人格を省みることにしましょうか(笑)

参考文献

『徒然草』角川ソフィア文庫

現代語訳と解説付きです。

 


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 芋ですか、、芋はどうも×の部類です。
    食いつぶすほどの食材に巡り合いたいものです。
    兼好法師さんは今の時代にも、うん、うん、、と人を納得させるエッセイをお書きですね。
    お会いしてお話聞いてみたい人の一人です。
    究極の自由人は究極の変人ということですかね、、。

    • 麻布さん。
      食いつぶすほどの食材はなかなかないですよねえ。
      「徒然草」「方丈記」は現代にも通じるエッセイですよね。
      時代は変わっても、人はあんまり変われないものなんでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。