㊗️新幹線全線復旧。えきねっとで切符が買えず、駅にて購入することに。

引っ越し大作戦、わたしが埼玉に戻れば終了となります。

当初は12日に帰る予定でした。

しかし、3月の地震で新幹線は仙台福島間が不通。そこだけは在来線で移動するしかありません。

乗り継ぎはどうなってるのか調べてみると、とんでもないことが判明。

こりゃ、新幹線が全線復旧する14日まで待ったほうがいいんでない?

そんなことで、滞在を2日延長することになりました。

 

快速特急のヒミツ

新幹線が不通の区間。仙台⇄福島を走る臨時の快速電車。

本数は1日に数本。

それに合わせて移動すれば、なんぼか楽ちんに移動できるよね。きっとそうだよね。そうに決まってるよね。

ん?

その快速だと福島で30分も新幹線を待つことになるの?

かつての新幹線リレー号を想像していたけれど、それとはかなり違うみたい。どうもスムーズな移動は難しいようでした。

しかもさらに調べが進んでいくと、使われている車両に問題ありということが判明。

過去に使われていた特急電車、レトロな列車を使っているとのこと。

それ、いいね!

それなら、待ち時間があっても乗りたい!!

いや、ちょっと待てよ。

そう思う人、多いんじゃない?

その程度のことなら、わたしにだって予想できる。

ほら、やっぱりね。

ググってみると、新幹線利用者のみでなく、鉄道マニアまで押しかけて、激混み状態になっているというのです。

1時間ちょっと、立っていくことを覚悟せよとも、書いてあるし。

ダメだ_| ̄|○

バッグに入れる2台のPC。重い。担ぎ続けられるわけがない。

そんなことで、14日を待つことにしたのでした。

ああ、埼玉が遠い。

 

えきねっと、まったくダメ

13日の朝5時には切符の販売を開始するとのこと。

起きたら、ささっと切符を取ろう。

甘かった!

えきねっと、まったく、繋がらず。

1日中、繋がらず。

取り憑かれたように、少し時間を開けては、PCとスマホを叩いたけれど、繋がらず。

意地で叩いても、意味はなかった。

やっと繋がって、列車の指定まではできても、そのあと、

“最初から、やりなおしてね”

と、くる。

結局、最後まではたどり着けず、ち〜ん!

Suicaでスイスイ新幹線はなしとなりました。

ニュースを見ると、なんと、みどりの窓口にも長蛇の列!

1ヶ月先までの予約が可能ということなので、GWの列車予約に殺到しているのかも。

翌日の新幹線に殺到しているとは思えないから、座れないということはないだろうけれど、かなり早めに行って、紙の切符、買うしかありません。

風の谷のナウシカ

北の町のカウシカ

そんなジョーダン、言ってる場合ではないよ(笑)

【新幹線eチケット】”えきねっと”で予約して、Suicaでスイスイ改札を通る方法

2022年2月26日

 

駅にて購入

かなり余裕を持って、午前9時には駅に到着。

すでにみどりの窓口には列。

しかし券売機には並んでいる人はなし。

よかった!

外出時の心強い相棒、大人の休日倶楽部ジパングのカードを握りしめる。

輝きはないけれど、黄金色のこんなカードです。

そして指定席券売機を目指す。

こんな機械です。

※画像お借りしました。

大人の休日倶楽部会員には、ひとつだけ掟があります。これだけ守れば怖くない!

特に割引き率の高いジパング族は、けっして、このボタンを押し忘れてはなりません。

ジパング族の掟

最初に押すべきボタンは、

ここだ!

そして ジパングカードを差し込んでから 操作に入ること。

最初のボタンさえ間違わなければ、言われるままに操作していくと、ちゃんと3割引きの切符がでてくる仕組み。

JR東日本の『大人の休日倶楽部 ジパング』なら、東海道新幹線も2~3割引きで乗車可!

2021年5月9日

『大人の休日倶楽部』で東海道新幹線「ひかり号」に乗車。「のぞみ号」より20分長いけど、7000円のお得!

2018年4月7日

 

仙台→福島間は減速運転

念のために早くに駅に着いたために、カフェを探して一息いれました。

切符が買えた安堵感で空腹に。これは二度目の朝ごはん(笑)

3月の地震で新幹線が脱線したのは白石蔵王の付近。

先週、東北道を通った時には復旧工事をしているのが見えました。

予定よりも早く復旧できたのは、作業してくれた皆さんの力があったからです。

ほんとうにありがたいことです。

仙台を出てもスピードはあまり上がらず、福島までは減速運転。

いつもより少しゆっくり流れる窓の外の景色は、忘れていた日のことを思い出させてくれました。

これで、やっと、大忙しの春も終わりです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • お疲れ様でした!
    とても臨場感あって楽しませていただきました。
    え〜っターイヘンとドキドキし
    紙券チケット取れたときは私もホッ♡
    厚切りトーストがしみました(笑)

    • デイジーさん

      こんばんは。

      やっと落ち着いてきました。
      二度目の朝ごはん、厚切りトースト、ペロリでした。
      なんだか特別に美味しかったです。
      なかなか刺激的な新幹線の旅になりましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • 私が若い頃 寮で同部屋の先輩が結婚して新婚旅行をするのにきっぷの手配を頼まれた事があります。

    ミッションの内容はこんな感じでした。
    富山からトワイライトエクスプレス(寝台特急)に乗って札幌まで行くので
    出発日の一ヶ月前の発売開始の9:00に並んで買ってきて欲しい

    丁度 豆鹿(とうしか)は公休日と言うこともあって
    駅まで出向いて買いに行きました。
    8時45分頃(だったと思います)にみどりの窓口について
    夫婦2名分の乗車券 特急券 寝台券のデータを入力してもらって
    送信ボタンを押すだけ
    の状態で待機

    カウントダウン 5.4.3.2.1
    9:00丁度
    送信ボタン連打…
    結果は…

    満席です。

    何かの冗談かと思いましたが…現実って厳しいですねぇ

    買えなかったんです。
    仕方ないです。

    それ位 人気の寝台特急だった様です。
    今はもう走ってないですね

    • 豆鹿(とうしか)さん

      すごい話ですね。
      どうやって、切符を手に入れたらいいんでしょう(笑)

      寝台特急、ありましたね。
      ブルーの車体とか、ありましたね。

      一度も乗ったことがなかったけれど、
      乗ってみたかった気もします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。