『翔んで埼玉』を県外の友人と満席の映画館で観る。

すごかった!人の数が!

満席の映画館での映画鑑賞は、たぶん、人生で初体験かも。

 

古くさいたま?

なんだか、ヒットしているらしい『翔んで埼玉』です。埼玉県人としては、嬉しいことです。

さて、埼玉県人ではない友人が、埼玉の劇場が賑わっているとの噂を聞きつけて、「ぜひ、埼玉の劇場で観たい!」と言ってきました。

と、いうことで、一緒に行くことに。実は友人は数日前に一度観ているんです。最近、わたしの周りでは映画をリピートするのが流行っています。『ボヘミアン』効果かもしれません。

「こんなポスターは、わたしの町にはなかった!」とお喜びの埼玉県外人。確かに、ド派手です。これだけでも埼玉まで観にきた甲斐があるというもの。

・・・・って、ここから20分で、赤羽の関所を越えれば、花の東京なわけですけど。

一枚の写真に収まらないほどのポスター群。「古くさいたま」は、初めて聞いたよ。「アホくさいたま」っていうのもあるわよ。「○○くさい」をつけやすい、埼玉県でございます。

 

500席が満席!

行った日は平日の昼間。そんな条件にも関わらず、映画館に入った途端に、人がごった返している。

この人混みは、なんじゃ〜?

わたしはチケットの予約をしていたので、大丈夫でしたが、なんと、開演の20分前には「満席」の表示が。

500席の満員御礼!この映画館で一番大きな劇場です。すごい!

ネットでチケット
  • ネットから老人料金での予約が可能です。簡単に座席を予約することができます。
  • チケットの種類から「シルバー 1100円」を選んでポチするだけ。
  • チケット購入時点では年齢確認はありません。

入場する際に、年齢があやしげな人は確認されますので、身分証明書をお持ちください。

ちなみにワタクシは(残念ながら)一度も確認はされておりません。

さて、着席しました。

友人が通路側、わたしは通路より1つ内側。ふふっ。この座席の選択がよかったんですね。

なんと、わたしの隣に若い男性が!

たぶん20歳前半。最近では、映画館では隣に人がいたことさえもまれですが、若い男性なんて・・・ウッフンです。若い香りがしてくる。いい香りに包まれて「翔んで埼玉」が始まりました。

 

極めればアホらしさも芸術

内容については、ここでは語りません。

ぜひ、皆さま、ご自身の目で、わが愛する埼玉を感じてきてください。

原作にはなかった話がてんこ盛りです。アホな話が付け足され、芸術的な仕上がりとなっております。

映画館をでたときには「翔んで埼玉」のストーリーは忘れていました。笑ったことだけが記憶に残る映画でした。

アホくさいたま映画、万歳!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん、私も娘に連れられて観てきました。
    いつもなら、きっちり避けている映画なのですが、楽しめました。
    埼玉県民性が良く表現されていたと思います。
    このところ、映画館通いが続いています。

    • しばふねさん

      なかなか楽しい映画でしたよね。
      わたしも映画館通いが続いています。
      珍しいことです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • 『翔んで埼玉』見ました。最初から最後まで笑い続け、後半は涙を流していました。映画でこんなに笑ったのは初めてかも。
    りっつんさんが言っていたように、笑い過ぎて脳がマヒしたのか、すぐにはストーリーを思い出せなかったです。

    学校を出て就職のために住んだのが埼玉県大宮市でした。数年後、転勤で茨城県水戸市に住みました。その頃から、「ダさいたま」「埼玉都民」「チバラキ」と言われていました。そういう生活環境にいた私にとって、今回の映画化はまさにツボにはまってしまったようです。
    ワロタ (^。^)

    • ストラトスさん

      こんにちは。
      大宮、水戸とは、まさに「翔んで埼玉」にドンピシャですね。
      わたしは埼玉県人だと意識したことは、あまりありませんでしたが、
      今後は意識の底から埼玉県人となります!
      草を食べつつ、埼玉をホコリに生きていく所存でございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。