プロバイダーからのパスワードを忘れて、泣いた、春分の日。

ここ数日、わたしの家はネット社会から断絶されておりました。

 

プロバイダーの役目

ネットにつながらなくなった原因

掃除をしていて、ルーターの電源を抜いてしまったのです。インターネットでラジオを聞いていたのですが、ブツッと切れました。

ルーターとパソコンの間が遮断されたのです。でも、電源さえ入れ直せば、すぐに元に戻ると安易に考えていました。

ところが、ネットを立ち上げようとしたら、ネットがつながらない!壊れた!と思いました。しかし、どうしていいのか分からない。

調べようにも調べられないことに気づいて唖然。ネットから遮断されると、何もかもがお手上げなんだということがよく分かりました。こりゃ、タイヘンだ~!

こんな日に限って、頼りになるお隣さんはいない。時は彼岸の中日。お墓参りでも行ったらしい。ああ、ご先祖さま、夫さま、墓参らず、申し訳ありません。だからこんなことになったのですね(´;ω;`)ウゥゥ

もう泣きたい気分。心の中で秘かに号泣しました。

 

NTTへの電話

とりあえず対応を考えなければならぬ。こういう時は、電話するのもためらわれます。自分の対応に不安がよぎります。言われてることが分かるのか?自分。

我が家はNTTのひかり回線を利用しているので、まずはNTTかけてみることにししました。ダメなら、「ばあちゃんでスイマセンと」と言えばいい。おそるおそる受話器を握る。ぎゅっと握る。

状況を説明すると、つながらないのには2つ原因があるとのこと。

  • 家まで光回線が届いていない。
  • ルーターからパソコンまでがつながっていない。

オペレーターの指示に従って操作していくと、ルーターからパソコンまでがつながっていない状態だと判明しました。

「ゆっくりやってください」という言葉。地獄で仏。ああ、今日は彼岸の中日だった。

そしてオペレーターは「プロバイダーに連絡してください」と、プロバイダーの電話番号を調べて教えてくれました。

 

プロバイダーへの電話

すぐにプロバイダーに連絡して、再び状況を説明すると「最近、よくあります」とのこと。

  • 突然遮断されると、パスワードを使って再設定しなければならないことがある。遮断原因の一つが停電

つまり、わたしは停電状態を作ってしまったのです。原因が明らかになりました。

「それでは、再設定しましょう。」

指示に従ってパソコンを操作していく。

「パスワードを入れてください」

はねられる。つながりません。すいません。

「よくあることなんです。パスワードを変更されているのではありませんか?」

つまり、わたしみたいな人はよくあるパターン?

  • プロバイダーからのパスワードを、新しいパスワードに変更して、忘れている

なんてこっちゃ。10年も前にやったことで、忘却のかなた。パスワードノートにも書いていない。アホすぎる。プロバイダーのパスワードなんて使ったことなかったから、重要性が分かっていなかったんですね。

「ではスマホにパスワードを送ります」

「ガラケーなんです」byりっつん (◎_◎;)

※ガラケーにパスワードを送れるのか、オペレーターは調べてくれました。しかし無理だと判明。そういうケースはなかったという。すでにわたしは化石なんですね。(;´д`)

速達書面でパスワードを送ってもらうことになりました。しかし、春分の日は休日。結果、3日待つことになりました。家の中でネットが使えない状況が3日はキツかったです。

ああ・・・ああ・・・・ああ・・・。ブログの更新ができない。

春分の日に大掃除なんかするんじゃなかった・・・・。

 

まじ専務宅へ向かう

そうだ!まじ宅でネットにつながせてもらおう。ということで、パソコン抱えて、行きました。そして、出来上がっていた記事をアップ。翌日の分もアップ。

アップ、アップのアップ。おぼれる寸前でした。

何とかつながった475本目のブログ記事は愛おしい。

 

分かったこと

3日間もネットから遮断されて暮らしたことは、ここ数年ありませんでした。いつの間にかどっぷりと情報の海の中にいる。情報がないと心細くて生きられないようになっているようです。

ネットにつながっていないと何もできない。生協の注文もできなければ、美容院の予約もできない。行きたい場所の検索もできない。

20年前にはどうやって暮らしていたの?。わたしはかろうじて現代社会にしがみついていると思いました。どれだけ多くの情報の中に生きているかが、はっきりと自覚できました。

さて今回のことで、わたしはインターネットのしくみの一端を学びました。また、利口になりました。しかし、今後こういうことを起こさぬように、対策も考えました。

【今後の対策】

  • 電源を抜くときは用心しよう。
  • 緊急時には友人宅のネット回線を利用しよう。
  • フリーの無線LANにもチャレンジしてみよう。
  • パスワード関係を再度確認し保管しよう。

ずさんな管理は改めよう!反省、反省。

あ~あ。こういう時だけは、本当にひとり暮らしがイヤになります。パソコン・電気・機械関係に強い人と暮らしたい!

だけど、そういう人がいないから、わたしは何とか頭を使って生きているんだろうと思います。きっと頼りになる人が現れたら、わたしはボケるかもしれない。でも、ボケてもいいから、そういう人に会いたい気持ちです。

・・・・・つかれた。(´・ω・`)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 私もPCが苦手です。学生時代に秀才と言われた人たちでも
    60代以上でPCアレルギーの人は多いです。
    私の場合はどうしてもPCを頭から信じることが出来ない。
    「まさか!機械にこんな事わかるわけがない」
    だから何か起こるとすぐにパニックになってしまう。
    今の子供は生まれた時からPCに馴染み絶対の信頼感を持って
    接しているのでその違いが大きいような。

    • Chelさん。
      基本的な仕組みがさっパリ分かっていないのです。
      カタカナ並べられると、パニックになります(笑)
      今の子どもたちは、わたしたちとはまったく違います。
      PCはあるのが当たり前。
      わたしたちにとってのテレビのような存在なのでしょうね。┐(´~`)┌

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。