【書籍化③】りっつん本。原稿が手元を離れた日。

りっつんブログ本『未亡人26年生が教える心地よいひとり暮らし』の発売日が8月22日に決まりました。

Amazonに予約を承るページが開設されましたので、お知らせいたします。

 

予約ページから本の概要を見ることができます。

なんか、なんというのか、わたしの本がAmazonにあるってことが、とっても不思議な気分です。

 

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで、幅広く書いております。

ブログ記事をそのまま書籍にしたわけではなく、すべての原稿を「書籍用」に改めて丁寧に書き直しました。もちろんブログには書いていない話題もあります。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、普段からりっつんブログを読んで頂いている読者の皆様にも、楽しんで頂けるかなと思っています。

※「老後のお金」の話については、お金のプロである息子にも確認をしてもらいました。わたしは、息子に教わった家計管理方法で、老後のお金の不安はまったくなくなりました。漠然としたお金の不安がある方に、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

ページのあちこちに、猫が配置されていて、とてもおしゃれなデザインになっています。イラストのモデルは会長。イラストレターさんが写真から起こしてくださいました。態度、そっくりです。

会長は今年で20歳。会長がこの世にいる間に「一緒に写った小さな写真」が書籍に載るのは、なんだかジーンとくるものがあります。夫・息子、誰よりも長く、私の側に居てくれた子ですから。

 

ひとり暮らしの62歳が「26年間の未亡人の歩み」を綴った本です。

今気がつきましたが、ひっくり返すと同じ数字。6226″そして今日は、たまたま26日。

2と6を足すと8!末広がり!

最終のチェックを終えて、原稿が手元を離れた瞬間、胸が熱くなりました。

心を込めて綴った文字たちが、みなさんの心に何かを伝えてくれますようにと祈る気持ちで送り出しました。

クロネコさんに玄関で原稿を手渡した時に、

「いってきます!」という、元気な子どものような声が聞こえた気がします。

1ページ、1行でも、みなさんの心に届くものがあれば、眠れない日々を送りながら一生懸命書いた甲斐があるというものです。

きっと、ひとりの暮らしの味わいを伝えてくれると確信しています。

ぜひ、手に取って読んでいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします!

Amazonの予約ページはこちらからです。

※有名作家の書籍ではなく、いちブロガーが書いた書籍ですので、どれだけ実際の書店に並ぶか分かりません。ネットで手に入れるほうが確実だと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


14 件のコメント

  • りっつんさん、おはようございます。

    今回の本への思いが十分伝わって来ました。

    毎日を丁寧に一生懸命生きて26年。
    是非、その暮らしぶりを拝見させていただきます。

    いざ「Amazon」へ

  • 書籍化、おめでとうございます。
    いよいよですね。
    わたしは手元に図書カードがあるので、大手書店に
    予約しようと思っています。
    特に、お金の話はなかなか人様にお尋ねできないし、プロの息子さんのご意見に基づいた家計は、
    とても興味があります。

    以前ご相談させていただきましたが、
    お仕事は夫の生前のままで、細々と続けています。
    バリバリ働いている同僚を見て、情けないなと
    思う日もありますが、「暮らせればいい」という
    りっつんさんの言葉を思い出しています。
    今は自分を大事にしようと思っています。
    と、いうことで来月から今まで通りの働き方のままで、無期雇用に転換します。

    自分が国保を使う時、もっと頑張ればいいのに、と
    思ってしまうけど、そういえば医療者側は何とも思ってなかったな、と思い(もって来るのを忘れられるの方が大変)もう、人と比較しないようにしたいです。

    8月は忙しいので、りっつんさんの本を、自分へのご褒美にしたいと思います。

    • しろねこさんへ

      こんばんは!
      大丈夫、大丈夫。
      それで大丈夫ですよ。自分第一主義(笑)
      わたしも国保になったときには、
      心細いやら、まあ、いろいろな気持ちに襲われました。
      でもね、そんなこと、どうでもいいことでした。

      お金のことは、きっと役に立つと思います。
      未亡人の未来は、意外と明るいよ!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    • キャサリンさん

      こんばんは!
      今しばらくお待ちくださいね。
      ありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    • ぴろさん

      おはようございます。
      ありがとうございます!

      もうしばらくお待ちください。
      いま、せっせと印刷機が回っているかもです(笑)

  • 師匠!作家デビューおめでとうございます(≧∀≦)
    即予約しました!装丁もステキですね♫
    ブログで公開していない話??
    気になるー(笑)
    めちゃめちゃ楽しみにしております(^ω^)

    • rubyさん

      おはようございます。

      ふっふっふ。
      公開したのは・・・おっとっと。
      危うく言いそうになったわ(笑)

      楽しみにしていてください。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。