【ブログ運営】ブログを毎日続けるコツはあるのか?

コメントをいただきました。

“ブログを始めたけれど、毎日続けるのが大変。続けるコツは?”というものです。

「ブログを続けるコツ」はあるのか、ないのか。

りっつんには4年半もブログを続けている実績があるのだから、何かコツがありそうです。しかも毎日更新。さらに、しかも63年も生きているんだからさ。

確かに実はコツがあります。

それは・・・。

鉄棒のぶら下がりを連想して、

ただ、ひたすらに耐える!

こんなところでしょうか🤗

・・・って、ふざけてんじゃねえ!ですね(笑)

 

書く力

ブログを続けるために必要なのは、当然のことですが「書く力」です。

さて、この「書く力」というもの。これはどうすれば鍛えることができるのでしょうか。

パソコン広げてキーボードをたたいて、何か打ち込まないと、ブログは作れません。まずはキーボードをたたくための指の力でしょうか。

確かにそれも必要ではありますが・・。

学校時代、ずいぶんと作文を書かされました。夏休みには絵日記なんていう、困難な上にも困難な課題が与えられ、本当に憂鬱でした。

作文って何をどう書けばいいの?

事実や経験を並べたてればいいの?

書き方を具体的にこと細かく教えてもらった記憶がありません。

「とにかく書け!」ということでした。

そう言われてもねえ〜。

今にして思えば、実は先生方も得意ではなかったのかもしれません。

先生というだけで、なにもかもをこなせるということではありません。

作文の書き方を「起承転結」というハウツーではないところから教えてくれる先生と一度でも出会えていたら、それはかなりラッキーなことかも。

だから、つまり、「書く力」って何?

 

考える力

書くという作業は、頭の中に浮かんだことを、外に出すという作業です。(頭に中にないことを書くとするならば、どこかの誰かが書いたことを写すということ)

自分の考えや思いを伝えるためには、まず頭の中にそういう何かが浮かんでこなくてはいけません。

存在しないものを形にはできせん。

思えば、この世にある人工物はすべてだれかの頭の中にあったもの。

建物や服や食器などすべてです。

文字化されて、目に入るものも、やっぱり誰かの頭の中にあったもの。

なので、頭の中に、なにかを増やせば、書くことに困らないのではないかしら。

これは、ブログを続けることの大事なポイントになるのは間違いなしです。

どれだけいろんなテクニックを学んでも、書くことがなければ、書けません。

書くことがあれば、書けます。

そして頭の中にあったことを吐き出す、書くといういう作業は、実はとても楽しいものであることを知りました。

なんで楽しいのか、科学的な分析を知りたいところです。頭の中にあふれている場合には新しい思考スペースが増えて、頭が喜んでいるのかもしれません。スッキリ感を味わっているのかも。

 

「書く力」=「考える力」

つまり、「書く力」は考える力に直結しているのです。

ですから「書く力」をつけたかったら、「考える力」をつければいいということになります。

「えっ?いつも何か考えてるよ」

確かに人はいつも何かを考えているように思えます。

だけど、それは単に浮かんで消えているだけのこと。泡みたいなものがポコポコしているのが頭の中というもの。

刺激を受け止めて反応しているだけ。

例えば「今日の天気は晴れです」とニュースで聞けば、

「そうか、晴れるのか」

そんな程度。これは考えているとは言えません。

思考するというのは、たぶん、もう少し時間のかかる作業。

晴れる→何かしようか→以前に晴れた日にエアコンのフイルターを掃除した→あの時失敗したことがあったなあ→めんどくさいなあ→エアコンのフイルターを掃除する利点でなんだろう→エアコンって本当に必要なのかしら。

こんなふうにどこまでも思考は広げることが可能です。

これだけでも、ネタとして使えそうなことがいくつか出てきます。

 

驚く力

それからもう1つ「書きたくなる力」というものがあります。

わたしは些細なことにも、けっこう驚くタイプです。すぐにびっくりする体質。みんなには大したことがなくても、わたしには大したこと。

だから他人にはリアクションが大げさに見えるようです。

わたしにとっては普通の反応なのですけれど、

「え〜うれしい!」とか

「そんなこと、知らんかったわ〜!」とか。

いちいち「!」がつくので、ついつい、身体全体を使って表現してしまいます。

若い頃から、このようなリアクションには定評がありました(笑)

だから、カワセミを発見したときなんて、町中にスピーカーで広報したくなります。

そんなわたしの願望を支えてくれているのが「りっつんブログ」です。

わたしの驚きのタネから育った話がたくさんあります。

改めて眺めてみれば、世の中には実は驚くようなことばかりです。

ブログを続けるためには「驚く力」を身につけること。これはあんがい効果的です。

「このパン、超おいしい!」→ぜひ食べてほしい

「このスープ、簡単便利!」→どうしても知らせたい

「聞いて、こんなおかしい話!」→黙っていられない

特に自分自身が体験したことは、誰かに話したくなるもの。だから、身体で何かを味わうというのも、ネタになるものです。

身体で何かを感じて、感じたことを考えることにまで結びつけていければ、説得力は増し増しの増しです。

 

再開すれば続いたことになる

ブログを始めたけれど、続かなかった。

それでもいいではありませんか。

だけど、たとえ、1ヶ月しか続かなかったとしても、次にまた始めたときには3ヶ月続くようになっているものです。

中断しても、再開すれば、それは続いたということになるのです。

1日2日続かなくても、休み休みでも、10年続ければすごいことになります。なが〜い期間で考えることも大事なことです。

そしてたとえ本当に続かなかったとしても、その経験が無駄になることはありません。

わたしは63年もの長い時間を過ごしてきましたが、いくつもの続かなかったことがあります。もう再開予定もないので、続かなかったことに分類済みです。

最短では半年。ハードな会社員生活は、それしか続きませんでした。(´・ω・`)

それから数々の続かなかったことをドスンドスンと踏み潰して、素知らぬふりして、こうして偉そうなことを書いているのです。

成功だけが人を育てるわけでもなく、失敗することは別な成功への1つの指標になりうるのです。

今になってみると、すべてが肥やしになっているなあと実感できます。経験は成功も失敗も発酵熟成していきます。

何1つ、無駄になっていることなんてないです。

やらなかったことは経験として残りません。やるか、やらないか。

必ず、話のタネは落ちているものです。

それを拾えるかどうか。もし今日は落ちてないなあと思ったら、本やニュースなどを参考にして、それに対する考えを書いてみるのもおすすめです。

読後感想は「あらすじ紹介」ではなく、作者はこう言ってるけれど、わたしはこう思う。それはこんな体験をしたから。

わたしはそんな感じで書いています。

本を読むということは、自分の体験や思考と混ぜ合わせて、また別の思考を作っていく。そういうことだと思います。

なので本を読むことで頭の中の世界は、確実に広がっていきます。

これが、いまこの時点でわたしが考える、ブログを毎日続けるコツです。

それでは、また!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【号外】ついに捉えた、カワセミ!どんなもんでしょ( ̄^ ̄)ゞ

2021年1月17日

【お取り寄せ】「焼き海苔スープ」は真っ黒だけど、超おいしい!

2021年1月23日

『おら おらで ひとり いぐも』わたしも一人で生きていくよっ!

2018年1月8日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


10 件のコメント

  • やらなかったことは経験として残りません。やるか、やらないか

    その通り過ぎて なんだか感動しました。

    中途半端に放ったらかしにして そのうちやらなくなったこと、私にもたくさんあります。

    でもまたやり出せばいいんですよね。

    インプットしてアウトプットすることを

    少しづつ私も続けようと思いました。

    • ナオさん

      こんにちは

      そうなんですよ。
      堅苦しく考えず、止まったり歩いたり。
      それがいつの間にか積もっていくのですよね。

      インプット、大事です!
      インプットなしには、アウトプットはできません。

      少しずつ、少しずつ〜。

  • 質問に記事としてお答えいただき
    ありがとうございました!
    勇気を出して質問してよかったです。
    今ぶつかってる壁がスーっと無くなる感覚がありました。
    何度も読み直して、楽しんでブログ続けられるように少しずつがんばります。

    • Mikumoさん

      コメントをいただいたことで、
      わたしも考えるチャンスになりました。
      そして1記事作成!
      こちらこそ、ありがとうございました。

  • りっつんさん、とっても参考になりました(*^_^*)
    私もネタ帳に色々と小話が溜まってきたので、
    そろそろブログを開設しようかと、苦手なPCというメカニカルな強敵と向かい合ってモンモンとする日々です。

    ところで!
    私の住んでいる市の鳥が、まさにカワセミなのですが、
    生まれて36年、まだ一度も見たことがありません。
    勝手に絶滅した鳥だと何年も思っていました(笑) 

    カワセミのブログも拝見しましたが、
    本当に存在するのですね!!
    とっても綺麗に撮影されていますね♪

    • ことりさん

      こんにちは

      カワセミが市の鳥ということは、
      きっと、そこいら辺にいるんですよ!

      カワセミは一年中、います。
      ただ、小さいので、草木が茂ってくるとみえづらいのです。
      昨日も、スズメと一緒に飛んでいるカワセミと出会いました。
      同じくらいの大きさです。

      カワセミを語ると、
      ついつい熱くなってしまいます(笑)

      パソコンは習うより慣れろです。
      イライラするの、よく分かります。
      ぜひ、始めてください!

  • 何1つ、無駄になっていることなんてないです。この言葉に今現在救われそうです。コツコツ頑張りたいと思います。

    • よりゆたさん

      おはようございます。
      コツコツに勝てるものはないです。
      ゆっくりだけど確実ですよ。

  • 再開すれば続いたことになる!
    ですよね!
    私は2005年から、かれこれ16年、一応続いています。読んでくれている人は少ないのですが、後で自分で振り返って読むのが楽しくて。
    ブログは私の宝物に成長しました。
    今年は頑張ってWordPressに引っ越しました。今後はりっつんさんのブログを参考にもっと読んでもらえるブログを目指したいなぁと思います。

    • 藤子さん

      こんにちは。
      すごいです!16年はすごいです。
      振り返って読むと、本当に楽しいですよね。
      わたしも時々振り返っては笑っています。
      WordPressにお引越し、おめでとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。