「今」って、どういうこと?「わたし」って誰?

キャッチ画像は1週間前に我が家にやってきた馬込のシクラメン。

たくさんの花が開いています。そばによると、シクラメンのかほりがふわ〜っと漂ってきます。

さてさて、2日連続で夜中に目が覚めました。

なぜかぴったり1時半!

ベッドに入るのが、10時くらいなので、3時間半くらいで目覚めるらしい。

そして再び眠りにつくと・・・次に目覚めるのは5時前後。やっぱり3時間半。クセになってしまったのかしら。

この時間は微妙です。起き出すには、ちょっと早い。リビングのエアコンは6時になるとスイッチが入るように設定してあるので、少し部屋が暖まるまでは起きたくないし。

すると、何となくボーッととりとめのないことが、頭の中に浮かんできます。

 

時間が流れているのか、わたしが流れているのか?

たぶん、わたしたちは不思議な世界に存在しているのではないかしら。

わたしも猫も、生きているものたちは、すべて瞬間を積み上げているだけなんです。

捕まえることのできない時間という概念(?)

「今」、ここで食べているわたし。

「今」、ここで書いているわたし。

「今」、ここで寝ているわたし。

「今」ってどういうことなんでしょうか。

一説によると「今」というのは約3秒間くらいのことらしいのです。とすると、わたしは1日に約2万回の「今」を積んでいるということになります。

2万回の「今」・・・すごい。

しかし、わたしがどれだけの「今」を記憶しているかといえば、ほとんど記憶には残っていないのです。

わずか10分前のことだって、何をしていたのか、定かではありません。

ものすごいスピードで何かに流されている感じがします。

もしくは、自分が流れていってる感じがします。

時が流れるのか。時は止まったままで、わたしが流れているのか。

考えだすとキリがありません

 

わたしって誰?

過去の「わたし」って、何なのかしら。

実態があるようで、ない「わたし」。記憶の中にしかいない「わたし」。

そしてわたしの記憶にある「わたし」と、だれかの記憶の中にある「わたし」はたぶん違っているのです。もしかすると、いや、もしかしなくても、たくさんの「わたし」が存在しているのです。

じゃあ、「わたし」って誰?

たぶん、今、この瞬間に、ここにいる物体が「わたし」。

わたしが消えると、この世界は消滅してしまう。これは、一人ずつきっちり完結。

時々、目覚めた瞬間に思うことがあります。

目覚めないことが「死」だとすれば、自分で自分の「死」は認識できない。とすれば、それほど怖がることもないかな。と、そんなことを。

そもそも、すべてはまぼろしなんじゃないかと思うこともあります。

わたしも、わたしが見ているものも、実はまぼろし。現実には何も存在していないのかも。

 

しあわせの風

ささいなことに「いいなあ〜」と思うことがますます増えてきました。

空を見るだけで「いいなあ〜」とにっこり。

好きな音楽を聞くだけで「いいなあ〜」とほっこり。

食べたいものを自分で作っては「いいなあ〜」とにんまり。

ふわ〜っと身体の中に温かいものが流れていく気がします。わたしが思う幸せの風ってやつですね。

もう、それだけでいいんだと思うようになりました。これは年をとってきたからこそ、分かってきたこと。

この心境は10年前にはなかったと思います。10年前は、まだまだ何かを追いかけていたような気がします。

どこかに大きな幸せがあるかもしれない。大きな幸せの正体は不明だけれど、そんなものを追いかけていた。いやいや、夢見ていた。

まだまだ先が見えていなくて、先はボーッと霞んでパステルカラーに見えていた?

でも還暦を過ぎたころから、うっすらと先が見えるようになってきました。還暦を迎えたことによって、自分の終わりを意識できたのかもしれません。

還暦から先はおまけの時間のような気がしないでもないです。なんか、うまく伝えられないのですが、わたしの中ではそういうことになっています(笑)

土曜日の朝。とりとめのない話。時空の中で遊んでいます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • おはようございます
    久々の土曜日休みでゆっくり過ごしています。
    私は、りっつんさんより8年おくれて生まれましたが、いいなぁ〜と思うこと増えてますよ。
    出勤時に一級河川沿いを自転車で走り、橋を渡るのですが、振り替えると富士山がみえるんです!見えた時はいいなぁ〜
    帰り道、月や星を見ていいなぁ〜。夜空に飛行機が見えたらいいなぁ〜。最近は、川の水量も気にしてまして、キラキラしてるといいなぁ〜。りっつんさんの影響でカワセミさんも探したりしております(笑)まだ会えない。
    このいいなぁ〜を、少しづつ増やしていけるとなんというか気分よく過ごしていられるような気がします。
    今日は、おさらいお金本を読みます。
    よい一日を!

    • まめぴよさん

      おはようございます。
      わたしは昨日、キラキラ光っている銀杏を見ていたら、
      涙がこぼれそうになって、慌てました。
      あまりに美しかったのです。
      こんなきれいなものが、あるんだ〜って。
      これを年寄り化というのか?(笑)

      目指そう、機嫌のいい婆!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • りっつんさん おはようございます
    フーテンの寅さんが、甥っ子に人はなぜ生きるの
    かと聞かれ、たまにああ生きてて良かったと思う
    ことがある、そのために生きるのだと答えていま
    した。
    おいしいものを食べたり、好きな音楽を聴いて、
    しあわせだと思えたら、その為に生きるのだとい
    うことですね。

    私は昔から私はなぜ私なのか、よく考えることが
    あります。
    この広い世界の中で、なぜ戦国時代ではなく現代
    の、アフリカではなく日本のこの土地の、男では
    なく女で、犬ではなく人間として生まれてきたの
    か。
    不思議ですよね。
    寅さんに聞いてみたいです(笑)

    • 相棒さん

      おはようございます。

      ホント、ホント。
      なんで、今の時代の、この場所にいるのでしょうね。

      毎日「生きていてよかった!」と思うことはないですが、
      時々、そんなシーンがありますよね。
      おいしいものと、音楽は重要なポイントかもしれないですね。

      寅さんみたいな人に会ってみたいなあ。

  • はじめまして、りっつんさん。
    本読ませていただきました。今年で14年目に入る未亡人生活。来年、還暦。

    私はまだまだ心の中では、毎日一回は悲しいなぁと思ってしまいます。少しずつ、穏やかに戻れる時間が短くなっただけです。
    それでも、あー幸せだなと思えることも、いっぱい増えてきました。

    ブログを少しずつ読ませていただきます。
    楽しみがまた1つ増えました。宜しくお願いします

    • はなママさん

      初めまして。
      コメント、そして本のご購入、ありがとうございます。

      わたしは14年目のとき、何してたかなあ・・。
      ちょうど50歳。
      息子たちと別れた時期でした。
      夫のことを思い出していたのかは、不明(笑)

      これからはしあわせだなあと思う瞬間が、
      積もっていきますよ、ますます。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。