美容院にて、いまどきの結婚式事情を知る。

月に一度、カラーをしてもらうために近所の「イケメン美容室」に行きます。

カラーなんて言葉は実にウソっぽいねっ!!白髪染めですね。し・ら・が・ぞ・め。この店で働く2人の若い美容師クン、実にイケメンなんです。

 

祝・結婚

自宅から自転車で5分ほどの距離に、この店ができたのは2年ほど前。かわいい店構えにつられて訪ねたのがきっかけで、通うようになりました。

わたしの担当はゲンちゃん、28歳。EXILEの歌担当の若いほうの人に似ています。わたしの髪に染剤を塗り塗りしながら、ゲンちゃんはいつもうれしそうに身の上話をしてくれます。

わたしは若者のコイバナ(恋の話)を楽しく聞かせてもらってました。ゲンちゃんは、ついに結婚を決意しました。昨年の夏の終わりのころでした。昨年9月に沖縄でプロポーズ⇒同棲を開始⇒年末に入籍⇒来週から新婚旅行⇒4月に結婚式

おめでとう!!

 

お色直しは泣いた後で

さて、結婚式にタダならぬ情熱を燃やしているゲンちゃんです。今日も話は進む。毛染めも進む。結婚式の打ち合せが楽しくて仕方ないんだそう。人生の春だね!いいね~。こういう楽しい話は、ホント好きだよ。

「花婿さんは何回お色直しをするの?」

「僕は2回ですね」

きっとタキシードも似合うだろうなあ。何しろ背の高いイケメンだから。

最近ではお色直しの前に「泣かせるプログラム」を入れるのだそうです。親への手紙とか、友だちからのメッセージとか。花嫁さんは涙で化粧が崩れたところで、お色直しなんですって。そこまで計算するのか!!時代は進んだなあ。

「僕はここで、どんな顔をしたらいいんでしょう」

「君は普通でもいい顔なんだから、工夫はいらぬと思うよ」

そのうち、だんだん話についていけなくなってきた。

「結婚式が終わったら燃え尽きそうです」

「今後は何を人生の目標にしたらいいんでしょう」

 

人生の目標

婆、唖然のち・・・・沈黙。ここで頭にラップを巻いてもらって、20分ほどの放置タイムに突入。さて、この店での楽しみのひとつは週刊誌。

ゴシップ記事の小さな文字を、眉間にしわ寄せながら懸命に追う。何しろ老眼鏡が使える状態ではない。よって、眉間のシワはますます深くなる。ふむふむ。眞子さんも大変だね。結婚ってホントに大変なことなんだね。

それにしても、結婚式って男の人生をかけるほどのイベントになってるとは驚き。そもそも「式」と名のつくものが大嫌いなわたしには、結婚式も好きとは言い難い。

週刊誌にひととおり目を通したところで、タイムアップです。チン!白髪染めは、45分ほどで仕上がります。現代の結婚式についての知識が深まったところで、さっさと退散しよう。

実はわたしはこの店ではカットはしません。だからこれでおしまい。カットは別の店に行ってます。電車に乗ってガタンゴトン。

そうだ!!結婚式の後の目標は、カット技術を磨くことにしたらどうかな。そしたら、わたしの電車賃が浮くんだけどな。

ガンバレ、ゲンちゃん!!人生は結婚式の先にあるよ。ヽ(^。^)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りつりんさんの勇気にびっくりです!!!!!!!!!
    Mr.イケメンに、白髪染してもらうその勇気です。
    私は絶対にダメダメダメです。MR.イケメンは心地よいからこそ、
    イケメン氏にいい印象を与えたい、というバレバレ見栄ばりばりの麻布です。
    やだなあ~情けない、と心から思う。というわけで、し*ら*が*そ*め:は
    家で白髪トリートメントを健気にやってます。

    • 麻布さん。
      勇気?それほどのもんではございません。
      見栄は別の所でバリバリと張っております。
      「白髪なんか、ありませんよ~」なフリで銀座などに出かけております。
      どうせ染めるなら、イケメンの顔を見ながら、コーヒーを飲みながらやってもらいたい。
      「いつものように、白髪しっかり染めてちょ」とお願いしてます(笑)
      本当に正統派イケメンなんですよヽ(^。^)ノ

  • そうか、、、白髪染め、、りつりんさんはリラックスゴージャスタイム。
    麻布のは独りこっそり隠れ食い状態(笑)

    • 麻布さん。
      自分でやると、イマイチうまくできないんですよ。
      仕方ないので、やってもらっています。
      元気よく白く生えてくるので、本当に憂鬱です(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。