【家計管理】生活費は「基礎生活費」と「ゆとり費」の2つにわけて明朗会計!

50歳の時に1人で暮らすようになってから、何が不安だったかといえば、夜の闇でも正体不明の物音でもなく、それはお金。

ちょうどその頃に収入が激減するという事態に見舞われて、あわてました。

長いこと、あまり真剣に考えずに、どんぶり勘定でやっていたことに気づいて猛反省。

以来、試行錯誤の10数年。

不安を感じない家計運営にたどりついています。

 

2つのルートに分ける

生活費を収入から支出まで、完全に2つに分けています。

Aルート→基礎生活費

Bルート→ゆとり費

支出の目的をうやむやにしないように、口座に紐づいているクレジットカードと財布まで2つずつ。

何に使うお金なのか。

それは基礎生活用なのか、ゆとり用なのか。

どちらのルートに乗せるべきお金なのか。とすれば、それはどちらの口座から出すべきなのか。

こうしてきっちり分けることで、

お金に対する漠然とした不安がなくなりました。

まずは日常生活の維持。

それ以上のことはやれる範囲でやる。それが見える形になったことで、とても頭の中がスッキリしました。

 

基礎生活費の流れ

基礎生活を管理している口座には、遺族年金が1ヶ月あたり11万円ほど振り込まれてきます。

基本的な暮らしをこの金額でやりくりするのが、わたしにとっては一番大事なこと。

「基礎生活費」とは何かといえば、

“暑さ寒さをしのげて、食べるために必要なお金”

月の予算は11万円

この金額は遺族年金の受給額です。65歳で自分の年金に移行しますが、受給金額はほぼ同じ。

この金額で、シンプルだけど不満のない暮らしを営んでいます。

支出内訳は以下のとおりです。

  • 住居費・・・5000円 (固定資産税6万円を月割り)
  • 水道・光熱費・・・14000円(昨年の経費合計を均等割り)
  • 保険料・・・2000円(火災保険)
  • 通信費・・・3000円(楽天プランで現在は無料)
  • 食費・・・20000円
  • 日用雑貨費・・・4000円
  • 医療費・・・700円 (歯のメンテ用。年間費用8000円を均等割り)
  • 小遣い・・・10000円
  • マッサージ代 10000円
  • 美容院代 10000円
  • 化粧品代 5000円
  • 被服費  5000円

合計 88,700円

もしかすると年金が無くなったり、減額などがあるかもしれませんが、そこまで先を心配しても仕方ないので、振り込まれることを前提にして、今は考えています。

11万円でどれだけ窮屈さを感ぜずに暮らせるのか。小さな節約を積み重ねています。

スーパーやドラッグストアでの買い物などはすべてクレジット決済。現金で払っているのは歯のメンテナンス代とマッサージ代くらいなものです。

年齢を重ねて、食べる量は減りましたので、スーパーで無駄買いをするということもなく、食費は2万円を超えることは、ほぼありません。

 

基礎生活費の削減方法

基礎生活費が少なく抑えられているのには、いくつか特徴があります。

  • 住居費が少ない
  • 車の維持費がかからない
  • 保険などに加入していない
  • 通信費が安い

入っている保険は火災保険のみで、生命保険も医療保険もいっさい入っていません。

生命保険も民間の医療保険にも入っていないのは、もう不要だと考えているからです。

わたしが死んでも困る人はいません。なので過去に入っていた時期もありますが、解約ずみです。

固定電話もありません。家の中にwifiも飛ばしていません。スマホからのテザリングでネットと接続して、このブログも書いています。

本当に必要な保険は3つだけ?先進医療特約ってどういう仕組みなの?

2020年1月30日

果たして、1人暮らしに固定電話は必要なのか?

2019年3月16日

【楽天モバイルへの道①】格安スマホをフル活用して通信費を削減する計画。

2019年3月21日

※楽天モバイルの状況は変わっていますが、基本的にはこんな感じということでリンクを貼りました。乗り換えの場合は、ご確認されますように。

未亡人の生き方、働き方。自分を守れるのは自分だけ。

2020年5月13日

 

ゆとり費のゆくえ

さて、もう1つのルートはゆとり費です。

こちらは、働いて得た収入でまかなっています。

こちらはSuicaに連動するクレジットカードを紐付けてあります。これさえ持てば、どこへでも行けちゃう優秀なカード。

つまり、完全プライベート用ですが、「暮らし用」と「遊び用」に分けるようにしています。

生活をより豊かにするためのプラスアルファの支出。交際費、趣味、習い事、ちょっと高価な服、寄付、旅行費などです。

最近ではWindowsのPCを購入したり、関西支店への出張旅費や、孫たちに服とか靴などに使いました。

残高を気にせず使えるので、出しっぷりもいい。とはいえ、小口な出費のみ。見えを張るつもりもありません。

働けるかぎりは働くつもり。働けなくなれば、遊びだって行けなくなる。わかりやすい仕組みです。

働けるかぎりは働く!

動けるかぎりは動く!

生きているかぎりは生きる!

これがモットーです。

「ゆとり費」で購入した、NECの小学生向けのPCが届く。

2021年5月9日

 

まとめ

老後のお金に関しては2000万円が必要なんて言われていますが、そんなことは世間から言われることではなくて、自分の生活スタイルに合わせて考えればいいだけのことです。

家計を見直す前には、月の支出は15万円ほどありました。目に見えないうやむや金も多かったので、実際にはもっと多かったはずです。

もし仕事をせず、年金だけで暮らすとしたら、1年で最低でも50万円くらいの不足が生じます。

もし今後30年生きるとすると、1500万円の不足!

もやもやした不安の元、それはたぶんこれ、でした。

家計を見直して、いまのかたちにしてから、不安はすっかり消えています。不足も不満もないわけですから。

口座を整理して、入り口と出口の感覚を持つだけで、お金の管理はとてもシンプルになります。そして無駄も減っていくのが、ついでの効果。いいことだらけです。

不安から始まった家計管理の試行錯誤が、やっと実を結んだ感じがしています。

どういう暮らしができなくなることが不安なのか。その不安の正体を見極めることが分かれば、改善への道がいくつか見つかります。

家計管理は言うほどには簡単ではなくて、成果が出るまでには時間がかかるもの。一朝一夕にはいかないので、自分のスタイルになるまで、改善を重ねることが必要です。

お金は、とっても大事です。

昨年、知人が書いたお金の本。これからの時代を生きていく人には、とくにおすすめです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • お金の赤裸々な?お話、ありがとうございます
    見たくない(考えたくない)ことは、
    スルーしてきました(苦笑)
    少し考えた方が良いかもなぁ~

    • さっちさん

      おはようございます。
      昨年、自書を出したときから公開しているので、
      もう、セキララオープンです(笑)
      老後にはお金の話を避けては通れないと思っているからなんです。
      早めに確認しておくことが大事なんじゃないかなと。
      あとはのんびり、そこそこにいくということで。

  • りっつんさん!こんばんは。

    働けるかぎりは働く!動けるかぎりは動く!生きているかぎりは生きる!

    今日はこの言葉にがつんとやられました。
    潔いその背中を追いかけ、これからもついていきます(*^^*)

    • しおさん

      おはようございます。

      いつ働きを止めたらいいのか、いつ動きを止めたらいいのか、
      考えるのもめんどくさいので、そんなことを決意。
      自分を納得させやすいってだけですよ(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。