日中は暑いけれど、秋はまもなくやってくる予定。

おはようございます。

今朝は薄曇りの埼玉地方です。

カラス2羽が何かしゃべりながら、飛んで行きました。どういう関係なのでしょう。夫婦?親子?

カラスにも、この涼しさはうれしいのでしょうか。

 

秋はそこまで

昨日は35度超えで、日中はかなり暑かったです。

しかし、夕方には涼しい風が通るようになり、夜はエアコンなしでも快適に眠ることができました。

朝方には、窓から入り込んでくる風が冷たくて、それで目が覚めたほどでした。

なんだかんだ、1日ごと、1秒ごとに、秋が近づいている。

季節の歩みを止めることは、誰にもできません。

夏好きな人には、残念なお知らせですが、まもなく、秋になります。間違いなく、確実に。ウホウホ。

さてさて、こうして夏の終わりが近づいてまいりますと、毎年、夏の疲れとやらがドッと出てまいります。

季節的な疲れといえば、これはもう夏が一番でしょう。春疲れとか秋疲れとか、あんまり経験はありません。

夏の間、気を張って生きていたのでしょう。

は〜い、まもなく終了で〜す。

暑さに負けてはいけない。さらに今年は、孫にも、犬にも負けられなかったのですから、その身体的負担は大きかったと思われます。

2021年の夏に勝った!

秋が見えた途端、なんだか、すべてにやる気が起きなくなりました。

仕事への集中なんて、ムリ中のムリ。

10分も作業していると、横になりたくなってしまいます。

よって、まったく仕事進みません。

こんなときに、猫でもいれば、叱咤激励してもらえるのだろうけど、そんな猫も今年はいないし。

ああ・・・シャンクスよ。

君はどこにいるんだい。もしかして、あそこにいるんかい?それともあっちかい?

飼い主も、君なしの暮らしにはだいぶ慣れてはきたけれど、会いたい気持ちはゼロにはならない。化け猫でいいから、出てきてほしい。

超高齢猫シャンクス「外に出たい!」と大騒ぎの巻。

2021年6月22日

新たな旅の始まり

2021年6月28日

【お知らせ】愛猫の最後の仕事は『サンキュ!』のモデル。

2021年6月29日

思考が飛んで、ますます仕事になりません。

それでも、まだ午前中は、いくらか力が残ってるのです。これが時間とともにゼロに近づくのが分かる。

そうだ!なにかひとつくらいは料理しとこう。

立ち上がる。

そして、かり仕事から遠ざかる(笑)

 

ナス料理、2品

仕事から逃げてやってきたのは、台所。

ナスをたくさんいただいたので、シナシナになる前にお惣菜にしておくことにしました。

長茄子は焼いて皮をむいて、ポン酢に浸しておこう。焦げた部分がおいしいのよ。生姜を切らしていたけど、買いに行くまでてもないか。

それから、普通のナスと豚ひき肉のピリ辛味噌炒め。ししとうも刻んで色味に入れてしまおう。

ピリ辛味噌炒めを冷たいうどんに乗せて、本日のランチも完成。

【一人ごはん】冷蔵庫の整理。1時間チャレンジで「牛のしぐれ煮弁当」を3つ詰める。

2018年8月23日

 

法隆寺にバーチャル詣で

午後はいつものボーっとボーっとタイム。

雨戸もカーテンも締め切って、日差しを遮った部屋の中で、ボーボーのボー。暗闇で生息するのは、フクロウ的性質だから?

これはペンギンなのか、フクロウなのか問題。

2021年8月12日

テレビをつけたら法隆寺の特集を放映中。こりゃ、いいわ。

法隆寺は国宝だらけの貴重な寺ですが、謎の多い寺でもあります。

『隠された十字架』という梅原武さんの法隆寺論を若いころに読んで、すっかり感化されて、法隆寺は怨霊しずめの寺と思い込んでいますが、本当のところはどうなんでしょう。

もう一度、読み直してみようかな。

 

出店でモロヘイヤ

夕方になり散歩に出て、道端にある農家さんの出店で、モロヘイヤを買ってきました。

晩ごはんのメインはシャケ。生のシャケを醤油につけてから焼きました。

なんかしぶ〜い色の食卓。

食材の数は多いんだけどね。

嫁さまが作る、ハンバーグとか、カレーとか、手羽先とか、懐かしくなりました。

バナナブレッドもおいしかったです。作ってみようかな。

あとで、レシピを聞いてみようっと。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。