「めんどくさい婆さん」と言われて気づいたわたしの本性。

猫さんが復活の兆しを見せたせいで、我が家の息子たちが、グチグチとうるさい。

「ケチばあさんの家を暖める作戦」を始めた。

 

エアコン、買い換えろ

「この冬は部屋を暖めろ。電気代は出す」by長男

え〜〜!マジ?

「猫が使う分は、500円くらいか」

はあ〜?

勝手に次男に相談を持ちかけて、リビングのエアコンを買い換える方向に持っていった長男である。

確かに、長男はこの夏、我が家に来たときに、文句ばかり言ってた。

「暑い!!」

「この部屋、エアコン効いてねえぞ」

うるさいな。わたしは暑くないし、暑すぎるのは、あんたの娘らがエネルギーを発散しているから。

わたし1人なら、さっぱり暑くない。

何しろ、この男は生き物に対する情熱も半端ない。

中学時代、飼っていたハムスターが危篤に陥ったときには、学校を休んで付き添って看取った男。

長男は毎日電話してきては、猫に自分の声を聞かせている。スマホからの息子の声に息子を探す猫。どうも繋がっているらしい。

だから、この冬、猫が寒がることを本気で心配している。

「ばあさんちは暑くて寒い」

昔から、ばあさんの家というものは、そういうものなのだ。

わたしの婆ちゃんちなんて、寒くて、寒かった。でも猫も普通に生きていたし。

年寄りと若者って、違うんだよ。だんだんと省エネ化するんだよ。そのうち、分かるよ。すぐに分かるようになるよ。

 

エアコン、買い替えどき

我が家のエアコンは2003年製。すでに16年が経過してしまった。早いものだ。買い換えたばかりだと思っていたのに。

あのときはハイパワーだと言われて購入した冷房能力5000KWのエアコン。

ずっと「うちのエアコンはハイパワー」と思っていた。

しかし、夏場に人が集まるようになった近年。

「暑い!暑すぎる!」という苦情が頻繁に出るようになった。

わたしだって、そろそろ買い替えなきゃとは思ってはいた。

でも・・・・めんどくさいなあと思ってたんだ。

エアコンを選ぶ。

工事依頼をする。

ああ、めんどくさっ。

 

母、あおられる

次男の行動の早さは定評があるが、それにしても彼の動きは早すぎだ。

息子2人が「実家のエアコン問題」を語り合ったと思われる翌日の夕方には、家電量販店にいた(笑)

そして写真つきラインを送ってきた。

「これでいい?」by 次男

オタオタと慌てる婆さんである。

後ろのほうから「オラオラ」と急かされている気分。

わたしは10月半ばくらいまでにと、のんびり考えていた。息子たちの話をテキトーに聞いていた。

「ちょ、ちょっと待ってけろ!」

「あと1台だ。これでいいだろ!」

「せめて、一晩待ってにゃん!」

それからわたしの検討が始まった。すると長男からの電話。次男から提案された機種について一旦保留して検討していることを伝える。

 

「めんどくせえ婆さんだな」

 

めんどくせえ婆さん・・・・めんどくせえ・・・ばあ・・・さん。

 

エアコンを調べながら、その言葉がリフレインされる。

 

母、納得したい

わたしはお金に対してシビアだということに、気づいた。これが本性だ!

結婚してから夫がそばにいたときには、すべて夫に任せていた。

わたしより頭がいいと信じ切っていたので、判断を任せていた。今考えると夫の金銭感覚はかなり怪しいけど(笑) 愛はすべてを霞ませる。

わたしは夫の棺桶を決めたときから、「納得しないとお金は出さない」という道を歩いてきたのだ。

今さら、だれかに任せろと言われても、そんなに簡単に方向転換はできない。

 

結果は同じ

夕ご飯もそこそこに、調べまくった。

調べ尽くして、たどりついたのは、なんと、次男が見つけてきたエアコンだった。

スペックと省エネ性と値段。

この折り合いが一番良かったのは、息子が言ってきたエアコンだった。

次男は30分くらいで、その機種にたどりついたみたいだけど、わたしは数時間かかった。

それでも、言われたままに従うのではなく、自分で決めたという満足感は大きい。

自分で決めたんだ!

頭が働くうちは、自分で自分を納得させながら歩く。それが一番後悔がないと思う。だれかに責任を押し付けることもない。すべては自分の責任。それが一番清々しいと思っている。

新しいエアコンの冷房能力は現在のエアコンの1.5倍。暖房能力も高い。

今年は石油のファンヒーターを使わずにエアコンを使ってみようと思っている。

それにしても、買い物をするというのは、疲れるなあ┐(´~`)┌


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。