【書籍化④】ブログにはまだまだ可能性がある。ブログのこれからについて。

おはようございます。

サーバーの引越しが完了しました。

少し後片付けに追われてバタバタしていますが、新しい朝がきました。

ブログの編集画面、景色がちょっと変わりました。

 

朝の黄金時間

今朝は4時半に目が覚めて、ふと、この4月5月の「りっつん本」の原稿を書いていた頃のことを思い出していました。

・・・・って、まだ発売もされていないのにね(笑)

かなり昔のことのように思えます。

原稿が手を離れて2週間あまり、わたしが紡いだ文字たちは、今どこにいるのでしょうか。きっとインクまみれになっているね。

さてさて、わたしは完全な朝型人間です。

頭が使えるのはせいぜい午後1時まで。特に頭が働く時間は、朝の5時前後から朝ごはんの前まで。この時間がもっとも頭が生産に向いた時間となります。

まさに1日の中でのピカピカの黄金タイム。1日限定2時間ほどしかないのが残念です。しかも毎日使えるほどの埋蔵量もない。この春は、この貴重な黄金タイムを全部、本に捧げました。

字幕とブログと原稿。

実は1日の中で、この3つをこなすのはなかなか困難なこと。

どれも文字を綴るという作業ではあるのですが、頭を使う場所がまるで違います。ぱっぱっと簡単には移行できないので、時間の分配には少し苦労しました。

 

ブログと書籍の違い

ブログにはライブ感あります。これが最大の魅力です。タイムラグがない。

今言いたいことを、今書いている。ブログのよさはまさに臨場感。ですから公開した瞬間が一番面白い。時間がたつと少し色あせてきます。

一方、書籍はある程度の時間を経ても、読むに耐えうるものでなくてはなりません。ここに大きな違いがあります。普遍性みたいなものがエッセンスとして入ってないといけない。

1本筋の通った伝えたいこと。これがないことには、どうにも成立しないのです。

当初は、ブログ記事がそのまま使えると思って安易に考えていましたが、ブログ記事を紙に印刷して読んでみて、唖然としました。

そのまま使えるものなど、ただの1つもありませんでした。そもそも、そんなに言いたいことなんて、あったっけな状態。

ブログはある意味、勢いで書いてるんです。そこまで熟考していないし、整理整頓もされていないし、掘り下げもしていない。

ネタは同一でも、構築し直さないと使えないものばかり。

例えて言うなら「ビフォーアフター」のリフォームと同じです。土台(ネタ)だけ残して、作り直す。そして新たな家になる。

そういうことが、書いていくうちに、だんだんわかってきて。これは実際にやってみなければ、一生わからなかったでしょう。

またブログの記事ネタとしては使えても、書籍には使えないネタも多かったです。なので、書いてみて、ボツにした原稿も結構あります。

「いや〜とんでもないこと、始めちゃった」と、途中で何度も思いました(笑)

 

ブログの可能性

ブログはオワコンとか言われているようです。いまや時代か求めているのはユーチューブ?

どんどん新しい媒体が出てきているようですが、しかし、わたしはブログって面白いなと思っています。すごい発明です。

なんてったって、名も無いごくごく普通の人が世界に向けて発信できるのですから。広い門戸です。

世界という言葉は大げさなようだけど、それ以外には表現のしようがありません。

だって、世界のだれが見てもいいという前提で流しているですから。

考えると、恐ろしいですが、本当にだれが見てるかは分からないのです。

時々、こんなことを思うことにしています。

この62年の間に、わたしにも大好きだった人たちが何人かいます。

その人たちに読まれても恥ずかしくない?

これが、わたしにとってのブログの1つの基準だったりします。

プライドみたいなもん?(笑)

 

雑誌ブログ

「りっつんブログ」を雑誌を作るような感覚で作ってきました。

有名ブロガーのクロネさんのブログ講座で「雑誌ブログ」という言葉を見つけたとき、まさに「これだ!」と思いました。

料理あり、エンタメあり、商品広告あり、エッセイあり。

わたしがやりたいのは、まさにそれ!

ひとり雑誌

印刷した雑誌を作るのは大変なことだけど、ブログでなら、できる!

文体を変えて、ライターが何人かいるように見せかけてみたりと、自分なりに楽しんでいます。

ブログは文章力よりは企画力じゃないかと思います。

文章は慣れです。書いていくうちに慣れて書けるようになるものです。修行と同じ。

それよりも、企画です。

どんなネタを調理していくのか。そこには自由があります。その人らしさが出ます。

だらこそ、ブログはいくらでも作りようがある!

これからどんな方向に行こうかと考えるのも、とても楽しいです。

「そろそろ新カテゴリーにいく?」

「ふっふっふ。われの自由じゃ」

そんなブログの可能性を感じながら、新しいサーバーからの1本目の記事とします。

これからも、どうぞご贔屓にヾ(@⌒ー⌒@)ノ

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • はなです!

    雑誌ブログね!うんうんいい感覚だわ~と今日の感想です。
    りっつんさんのブログにたどり着いたとき、お~っ感覚わかる~
    そうそう!そうだよね~と言うところから、楽しみにし始めました。

    私は、子供たちが巣立ってから、子供達に一方的連絡ツールとして、ブログを始めました。
    お母さんこんなことしてますから~こんなとこ行って来たし~で始まったのです。
    5人家族が4人になり3人そして2人になった時、毎日が面白くない~同じことの繰り返し~面白くない~
    が、きっかけです。ブログを書くためにちょっと頑張ったりするのです(笑)ちょっと深く考えたりするのです。
    今でも、ほんの一部の方と、身内でしか(笑)見てくれる方はいませんがそれで、十分なんです(笑)
    今日あったこと昨日あったことを少し書いて、満足満足。りっつんさんのように文章力はありません。
    でも、ブログ書くのは楽しいですよ。

    雑誌ブログと言うのがいい言葉ですが私の場合、連絡帳かも…
    そう言えば、以前のプロバイダーさんの時はブログ名に連絡帳が…入ってたな(笑)

    • はなさん

      こんにちは!
      いいですね、連絡帳。
      ぜひブログのURLを教えてくださいな。
      遊びにいきます!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

      自分で自分を盛り立てていくには、
      ブログはなかなかなツールだと思います。
      楽しんで書くのが、なによりですよね。

  • りっつんさん、お暑うございます。
    家の中でも、ヘロヘロしています。

    私が、たまにりっつんさんにコメントするのは、やはり残るからですね。
    3年前のコメントでも、そこを開けばその時の私とりっつんさんがいる。

    ブログをやることは考えていませんが、こういう風に参加出来ることに
    満足しています。

     ブログで繋がりを持ちたいと思っても、不特定多数の方が相手では
     怖い方が先になります。

    • しばふねさん

      こんばんは!
      参加してくださって、本当にありがとうございます。
      ブログは一方通行になりがちで、
      コメントを入れていただくと、
      確かに誰かが読んでくださっているという実感が湧きます。
      たしかに、3年前の記事とコメントには
      そのときのわたしやしばふねさんがいますよね。
      貴重です!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • りっつんさん、おはようございます。
    嬉しい返信ありがとうございます。
    初めの頃は、なんとなく流して読んでいた記事も、頭のどこかに蓄積されて
    今では、私の中でりっつんさんが構築されています。
    なんの衒いもなくコメントすることが出来ています。
    本当に貴重な存在です。ずっと、続けて下さいね。

    • しばふねさん

      おはようございます。
      わたしも最初の頃は、コメントに緊張していましたが、
      いまは、楽しませていただいてます。
      これからもよろしく!

      末長く続けるつもりでいます!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。