平和な町に盗難事件が発生!犯人は、アイツだ。

昨日、朝のこと。

我が家の窓から見える、お隣さんちの庭に設置されている水道。

雨戸を開けた途端に目に飛び込んできたのは、何やら、黒いモノがガタガタと何か熱心になさっておられる姿。

足でも洗ってるのか?

 

事件発生!

と、ぼーっと見ていたら、網に入れてあった石けんをくわえて、飛び立った!

石けん、ドロボーだ!

犯人は、

カラスのカー子だ。

最近、カー子はこの辺りを縄張りとしていて、人をなめてかかってる。人を人とも思わないならず者ならぬ、ならずカラス。

先日は、我が家のポストの上に止まって、わたしがポストに手を入れても逃げようともせず。

が、よく見ると、案外かわいい目をしている。黒く澄んだ目。だから、ちょっと会話してみた。

カー子はまだ若くて、恋鳥を探しているのだとか。

彼らは自分たちが焼き鳥にはされないことを、よ〜くわかってるのだ。だから近づいてくる。

「うちらは、あんまりおいしくないからね」

確かにあんまり美味しそうには見えないよね。食べられないために、そんな真っ黒なの?

「そだよ。心の中は白いんだけどね」

ありきたりな返答だなあ。もっと上手いこと、言えないのかねえ。表現する力が足りなすぎる。

スズメがそばに寄るとすぐに飛び立つのは、焼き鳥にされる危険性を知っているからなのだろう。

わたしはスズメを食したことはないけれど、食す現場にいたことは何度かある。野原ではなく、焼き鳥屋さんでだけど。食す部分が少ないらしいけれど、まずくはないようだ。

どの鳥もある一定間隔で、人との距離を守っている。これは見習わくてはなりませぬ。

守ろう、車間距離。

守ろう、人間(じんかん)距離。

 

カラスの好物

話を戻そう。

カー子の石けん盗難現場を目撃しわたしは、すぐにお隣さんのピンポンを鳴らした。

いや、実は10分ほど時間が経ってからだった。

多少時間がかかったのは、メイク前だったからだ。わたしはすっぴんでは玄関から出ないことにしている。

一日の始まりに入れる、じぶんスイッチ。わたしのスイッチは「か・お」(^◇^)

2017年8月29日

化粧を終えて、力を込めてピンポンを鳴らす。

緊急事態発生!

たったいま、

カー子が、

石けんをくわえて飛び去った!

すると、前日にも石けんがなくなっていて、新たな石けんを置いたばかりだと言う。

カー子は石けんを何に使おうとしているのか?

ま、まさか、白くなりたいのか?

恋鳥を探しているとのことだったから、それもありえる。人は(女は)恋をすると白くなりたくなるものだ。カラスだって・・・。

とにかく調べてみることにした。

すると、驚愕の真実が!

カラスは石けんを食する。

カラスは石けんが好物だというのだ。肉食のカラスは脂肪分が大好き。油から作られていている石けんの主成分は脂肪。

人間が食べないからといって、食べ物ではないと断言はできないのだ。

関西支店のワンコはメガネのレンズやT字カミソリの歯を噛み砕いて食したという経歴を持っているし、もしかすると畳の一部も食している可能性がある。

カラスが石けんを食べたとしても、なんの不思議もない。

広い目で物事を考えるクセをつけておく必要がある。

それにしても、なんで石けんが食べられると分かったのか、聞いてみたい。

匂いなのか?形なのか?

ちなみにネズミも石けんを食べるらしいよ。

どこかで、泡、吹いてないかなあ。

と、カー子を心配している。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • うちの周りでもカラスが色々な物を狙っています。
    一番は家庭ごみ。
    ネットを掛けても突ついて、人が近寄るとちょっとだけどきます。
    人が去ると再び・・・。カラスも生きるのに一生懸命なのですね。

    うちの庭にサクランボがなります。
    毎年すずなりですが、真っ赤になったとたん、ムクドリがすべて食べてしまいます。
    美味しくなったのも、人がいないのもわかっていて、ほんの数時間の間に。
    ネットを掛けようにも私の力ではできません。
    そんな時、ラジオで同じような悩みの相談が。
    回答は、諦めて、自然に恩返ししたつもりで放っておきなさい。諦めなさい。」でした。
    私はやけに納得してしまい、以来毎年サクランボが赤くなるまでを楽しみ、
    いくつか仏様に飾り、あとは「さあどうぞ、お食べなさい」と。
    今ではなんかスッキリしています。

    そういえばネズミの歯形の残った石鹸、昔、子供の頃、実家でよく見かけましたよ。

    • かよさん

      おはようございます。
      ムクドリの大群、恐ろしいです。
      わが町の駅前にもたむろしています。

      ネズミも石けんを食べるのは本当何ですね。
      お腹が痛くならないのかしらね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。