子猫物語

昨日のこと。なんか家の外が騒がしいと思って、出てみると・・・

お向かいさんの家の庭で、子猫が発見されたとのこと。ご近所さんたちが集まっていました。

子猫は2匹。生後何週間と思われる小ささ。双子のようにそっくり。あれ?一緒に生まれたから双子か・・・?

母猫はどこかにエサでも探しに行ったのか、見当たりません。

お向かいさんが、段ボールを持ってきて中に2匹を入れたところで、母猫が少し遠くから、威嚇の声を発していることに気づきました。

母さん、戻ってきたのね。ごめんね。驚いたよね。隠したつもりだったろうに。赤ちゃん猫は声を発するから、見つかっちゃうんだよね。

2匹とも、左の目がちゃんと開いていません。よく見ると目やにでくっついている。もしかすると細菌かウイルスにでもやられたのかなあ。

母猫は、陰のほうから、ずっとうなっています。

子どもを守ろうとする母の姿に胸が熱くなります。そして少し悲しくなります。母猫は子猫を守る術を持っていない。ただ隠すだけ。

「ところで、どうする?」ということになりました。

お向かいの家の中には紀州犬がいるし。ご近所さんたちも、みなさんそこそこの年齢なので、これから10年という単位で生き物を飼うことには、消極的。

60歳を越えると、そこは大きな問題。会長を見つけたときには、迷わず飼うという決断ができたけれど。いまから赤ちゃん猫を飼うことには、わたしもさすがに躊躇するなあ。

保護団体が近くにあればいいけれど、それもないみたいだし。

困ったねえ。困った、困った。

そんな話をして、いったん、みんな家に帰りました。

気になったので、しばらくして、子猫をのぞきに行ってみると、箱の中は空っぽ!

危険を察知した母猫が、どこかに連れて行ったのでしょうね。

そりゃ、そうだよね。

みんなでワイワイ、どこに預けようかなんて相談していること、母親は察しないはずがありません。

どこかで親子3匹、ひっそりと暮らせる環境があったらいいのになあ。

人間ばかりが我が物顔に生きているから、猫にとっては生きづらい世の中だよね。

野良猫の数もすっかり減ってしまい、猫は家の中で生きる生き物となってしまいました。なんか、どこか、切ない気がします。

母さん猫、子どもを連れてうまく生き抜けるといいのだけれど。婆は祈ってるよ。

温かいタッチ、いつもありがとうございます!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。