気がつけば今年もやっぱりこげ茶いろ

体力がないだの、なんだかんだと、いかにも弱そうに言ってるわりには、この1ヶ月を難なく乗り切ってしまった。

けっこうハードな日々だったはず。

あれ?変だな。

もしかすると、もう少しイケるのか?

昨日あたりには倒れている予定だったのに、電車に乗って出かけられたし。

体重も減っていなければ、夜もよく眠れている。

よく食べ、よく寝る、わりとげんきbaba。

せっかちだから、10年くらい先の体力を想定して動いていたのかもしれない。

 

メンテナンス開始

ここ1ヶ月一番会いたかった人の元へ行ってきた。

いつものように駅で、花ちゃんのピカピカの車を見つける。

おお!花ちゃんや〜!

ここで、疲れの一部が身体からふわりと抜け出していくのが、見えた。

予約ができたときに疲れの1割が飛び、花ちゃんの顔を見たときにさらに1割の疲れが消えてしまう気がしている。気分というものは、本当にあなどれない。

身体の歪みを正してもらい、アロマオイルで不純物を押し出してもらう。

これぞ、極楽。

極楽は近くにある!

いくつかの極楽を持っていたけれど、気がついたら、いまは、ここのみ。また極楽を探さなくてはならぬな。

そして最終的にも、ぜひ地獄ではなくて、極楽に導かれたい。

そのためにも毒は出しておこう。

グイグイ出してちょうだいね。

毒が本当に出ているかどうか、そんなことはどうでもいい。出ていると思えば、出ている。

事実なんて、しょせん、そんなもん。わりといいかげんなもん。わからないことだらけなんだからさ。

アロマオイルの香りと心地良い音楽に癒されて、いつの間にかウトウト。

花ちゃんの手がなくては、もはや生きられないだろう。

と、この身体は言っている。

もはや、わたしの意思ではどうしようもない。

 

今年も後悔

さて、施術が終わって、極楽から再び生まれ出てきたわたし。

そんなわたしを、花ちゃんの一言が超現実に引き戻した。

「焼けたよね」

8月の終わりになると、実によく言われる。

今年も焼けたのか、自分!

ま、今年も対策をしたとは言えないけれど、焼けたくはなかった。心の底から。

努力せずに、焼けたくなかった。

そもそも焼けたいと思ったことはない。

小学生の頃から、夏休みが開けると、

「焼けたねえ」と言われてきた。

なんで、こんなに焼けやすいのか。

対策に余念のない年もあった。

どこの国の人かと思われるほどに厳重に太陽の光を遮断したこともあった。

どうしても黒ずみたくなかった理由があったからだ。

しかし、それでも言われた、夏の終わり。

「焼けたねえ」

対策をしなくなって、数年が経つ。

ムダ、むだ、無駄。

どこからともなく、そんな声が聞こえる。

今年は家の中にいぬ子とこもっていた日が多かったので、焼けは少ないと信じていた。

「洗濯とか干しに出たから」

「洗濯干しただけで、焼ける?」

これ以上、責めないで!

※花ちゃんは責めているわけではありません。事実を言ってるだけ。

これで遊園地になんて行ってたら、大変なことになっていただろう。

行かなくてよかったよ、本当に。

いや、もしかすると、変わらないのか?

灼熱の遊園地に行こうと行くまいと、焼けたんだろうか。

色白の細い指に憧れ続けて、50年。

結局、願いは叶わずに終わるのだろうか。

いや、まだやれることはあるはずだ。

焼け焦げをとるんだ、自分。

昨晩から、簡単パックを開始した。

美白でなくていい。美しく白くならなくてもいい。ただ、白くなってくれればいい。

ああ、瞬間漂白剤が欲しい。

63になっても、日焼けを気にしていることを、10代のわたしに伝えてやりたいよ。

スペシャルな日曜日。それぞれに、うれしさ、爆発!

2021年8月9日

今年こそは、色白で迎えたい秋本番。ああ、太陽が・・・怖い。

2017年5月30日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさんこんにちは!関西支店の毎日楽しみに読ませて頂いていました。

    前から気になっていたのですが
    花ちゃんの施術に興味アリです。私も肩コリが酷く身体のあちこちに痛みがあり、アロマでスッキリしたいので、いくつか行ってみたのですが、痛かったりでなかなか巡り会えません。
    花ちゃんのところは整体?マッサージ?デトックスですか?また機会があれば、どんなところなのかレポートして欲しいです☆
    また埼玉に戻られてからの毎日を楽しみにしています(^^)

    • まりえさん

      おはようございます。
      花ちゃんの施術技ですが、
      整体とアロマリフレなどの組み合わせです。
      リンパマッサージですね。
      使っているオイルはドテラのもの。
      花ちゃんはいくつもの免許を持っていますが、
      研究熱心なので、現在も進化中です。
      2時間ほどかけて、体全体の調整をしてもらっています。
      ま、痛いです。
      特に左背中はクセで歪むので、かなり痛いです(笑)

  • アレですね、
    バカンスを楽しむリッチな欧米人が羨ましがる、
    ダイレクトに灼ける肌ですね!
    (…現在でも灼きたがるのかしら?)
    免疫機能のためビタミンDは必要だから
    日光浴、大事です。特に今は。
    北緯35度説は、
    全くバカにするものでもないと思っています。
    それに、ビタミンDって
    夏場に作ったのも
    冬に向けて蓄えておけるらしいですよ?

    私も、中学のころ
    夏休み明けの体育祭のフォークダンスの練習で
    密かに憧れていた秀才男子に
    「アンタ、それ以上灼けたらドス黒いぜ」
    と言われました(笑)。
    体育祭ですもの、それ以上灼けましたとも。
    働いていたころ
    GW明けに
    「イイねえ、どっか(南の島とか)行ってきた?」
    と言われてました、
    半径2キロメートル出てないのに(笑)。

    勝手ながら
    りっつんさんに親近感を覚えております( *´艸`)

    • daisyさん

      おはようございます。

      そう!ダイレクト焼け!
      太陽の熱の吸収率がよすぎるんですよね┐(´~`)┌

      あこがれの男子には言われたくないですねえ(笑)
      顔だけ浮き上がって見える秋。
      もう、本当に嫌だ!

      でも仲間がいて、うれしいわ〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。