ひとり暮らしの食器事情。変化に対応できる柔軟性を持ち続けたい。

断捨離、好きです。断捨離はすでに趣味レベルです。

一度、物を捨てるという快感を味わってしまったワタクシは、時々「断捨離のムシ」がウズウズしてきます。

物がなくなると、心が軽くなる。そんな気がします。

 

食器の整理

「何か、捨てるものはないか~」とウロウロしていたら、目についたのは食器でした。

2年ほど前に大規模整理をしたので、スペースが足りなかったわけではないのですが、処分の気分になりました。

いったい、これまでに、どれほどの食器が処分されたでしょうか。

家族の食生活を彩りよくするんだという大義名分のもと、けっこう買い集めました。

料理の趣向が変わるたびに買いそろえられ、そして飽きられ・・・そんな繰り返し。

益子焼が好きで、春や秋の「陶器市」にはよく出かけたりしていました。

「芋の煮っ転がしに似合う、うつわ」とか、イメージしながら探して楽しんでいました。

しかし、陶器には難点があるのです。

重いのです。それゆえ、だんだん使うのを避けるようになって、だいぶ処分してしまいました。

関西支店にもだいぶ引き取ってもらったので、関西支店に行くと、懐かしい食器たちに出会えます。

うれしいです。嫁っこS、もらってくれてありがとう。

 

納戸へ一時収納

わたしはすぐには処分はしません。捨てたりはしません。

まずはきちんと包んで箱に入れて、納戸に収納します。これは食器だけでなく、衣類や本などもそうしています。

年に何度か納戸の見直しをしていますが、その時に「最終処分」と決定されるまでは、納戸で眠ってもらうことにしています。

まずは納戸行き。今回、納戸行き箱入り食器となるのは、これらです。↓

 

現在愛用の食器

この2年ほどは新しい食器は買っていません。

まじ専務の夫さんが陶芸が趣味ということで、使い勝手のいい陶器をいただいて、この6個がヘビロテ愛用中です。

大きくなくて、小さくなくて、色も厚さも好みなんです。

わたしの食欲にちょうどいい大きさなんです。ほとんど毎日使っています。

右上のちょっと大きめのどんぶり。この大きさは意外と売ってないです。このどんぶりは優れもので、和・洋問わず使えます。トマトスープなんか入れると、本当においしそうに見えます。

このどんぶりが来てから、ピーターラビットのスープ皿も出番がなくなりました。ついにラビちゃんも処分箱に入ることに。

実はピーターラビットのシリーズが大好きでした。かわいいものに目がなかった20代。そろえてました。

大・中・小の皿類は息子たちの花婿道具として持たせました。わたしが1人では使わないだろうと思いましたので。

いよいよ我が家に残ったかわいい系はこの4枚だけとなりました。

ケーキ皿と小皿。これはよく使っているので、よく見ると傷だらけ。

これはロイヤルアルバートのもの。30年前の物ですが、欠かさずに使っています。そろいのティーカップは割りましたけれど(笑)

 

断捨離の結果

7年前に台所の収納を見直してリフォームしました。

背の高い大きな食器棚は処分しました。

わたしは背が低いので(156センチ)、高い場所がとても使いづらかったのです。年を取っても使いやすいようにと、思いきってリフォームしました。

幅180センチのスペースをこんなスタイルにしました。これは大成功でした。以来、台所は大変使いやすくなりました。また地震対策としても効果があったようです。

食器は上の右と左の引き出しと、左の真ん中に収納しています。

右の中段と両下段は乾物などの食品が入っています。

 

大好きな益子の大皿も4枚は来客用に残しました。これさえあれば、たいがいの料理は大丈夫。

すでに、気を遣うような客人は来なくなりました。我が家で食卓を囲むという人たちは、みんな親しい人たちです。そろいの食器がなくても、全然問題なし。

 

断捨離することが最終目的ではない

わたしは暮らし方に応じて、生活スタイルを変えていくことに柔軟でありたいと思っています。

その時、その時に応じて暮らしやすくしていく。それは心にも作用するように思うのです。

生活は変わり続けます。

家族構成、自分の年齢、自分の体調などによって、生活は変化し続けていきます。

その変化に応じて、自分の生活スタイルを変えていける柔軟性、臨機応変さを大事にしたいと思っています。

年を取っても、もっと気分のいい生活スタイルを作っていく。それがわたしのモットーなんです。

少しスペースができました。

ここに新たな風を入れるために、たまには大好きなデパートの食器売り場をのぞいてこようかなと思っています。

捨てることが目的でもなければ、捨てることでわたしの人生が終わるわけでもないのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。