ipad用のタッチペンを紛失。100均のタッチペンはすごく進化していた。

またまた失くし物です。

数日前までは確実に存在していのたですが、どこをどう探しても見当たりません。

しかたないので対策を講じました。

 

タッチペン

失くした物はタッチペンです。ipadに使います。「キャンディクラッシュ」には絶対になくてはならないもの!

タッチペンはわたしにとっては必需品です。

ipadを使う時、指でタッチするより、反応が正しく早いので信頼して使っています。

ただ、タッチする強弱などに好みがあるので、自分に合うものを探して、ここ3年ほどはワコム社製品を使っていました。確か2000円くらいしたと思います。

ゴムは消耗品なので、ゴムだけ取り寄せて、劣化する都度、取り換えて使っていました。

突然消えちゃった、タッチペン。

見当たらなくなって、丸3日。

もう・・・探す気にもなれませんです。ここ半年で2回もそんな騒ぎを起こしているのですから。

騒ぎと言っても、一人で騒いで、一人で解決している、一人芝居。

 

新しいタッチペンを探そう

電気屋に行こうとして思いとどまりました。

「絶対にあるはず」という友人の言葉を思い出したからです。きっと出てくる。

それなら、ヒャッキンにないかしらと思い立ちました。まずはヒャッキン。なければ専門店。それが買い物の流れというもの。

近所のヒャッキンは2軒。いざ出陣です。♪ルンルン。

 

ダイソー

ダイソーにはこのようなタッチペンが売られていました。

シンプルなペンです。高級感アリます。

1本100円。導電性ゴム。反対側には0.7ミリのボールペンつき。重さがあって持った感じはいいです。しかし、少し力を入れないと反応してくれません。ゴムが固いです。

ペンそのものは高級感アリます。

 

Watts その壱

この100均はかわいい生活雑貨が豊富です。

かわいい系の100均の名にふさわしく、こんな楽しいペンがありました。

犬です。ロングワンちゃんです。

後ろ足にはボールペン。キャッチ画像はロングワンちゃんの顔です。

 

Watts その弐

これは2本で100円!1本50円です。すごい!

すごいのは値段だけじゃないんです。

ノックすると、タッチペン用のゴムの中からボールペンが出てきます。

あらま~。

しかし、このペンは軽すぎて、イマイチ手になじみません。また、真ん中にボールペン用の穴が開いているせいか、感度がとても悪いです。

押しても反応が鈍い。なんか・・・役に立たない・・・感じがなくもない。オモシロ商品としてはいいけれど。

 

結果発表

この3種類の中では、ロングワンちゃんが使えます!

押すというだけなら、ストレスなく使えます。重さもあっていい感じです。

100円以上の働きをします。かわいらしさも申し分ありません。

ヒャッキンの進化には目を見張るものがあります。店舗内をクルクル見ているだけでも楽しいです。

孫たちはいつもわたしのタッチペンを狙っていました。でも、孫たちは力加減ができないので、あっという間にゴムをダメにする。なので、わたしは隠していました。

でも、100円なら、いいかな。ロングワンちゃんをお土産に持っていこうかと思います。

 

ところで、ワコムの高級タッチペンは、本当にどこに行ってしまったのでしょうか。

今回はソファの下から探しました。なかったですけれど。ちゃんと学んではいるのです。

どこから見つかるのか、楽しみにしているワタクシでございます。

最近のボケボケな失くし物の話はこちらからどうぞ。

 

まったく嫌になるわ~。┐(´~`)┌

♪探し物は何ですか~。発見に時間を要した、なくし物。

2017.07.25


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。