「マヌカハニー」と「ホットシャワー」が活躍してます。

ここんところ、何か不調な鼻とのど。たぶんのこの激しい気温差で、少し風邪気味だったのかもしれません。しかし風邪と認識できるほどの体調の悪化もないのです。ただ、のどの調子が悪いだけ。のどの調子の悪さの原因が鼻というのも、いつものことです。

 

後鼻漏

健康な人であっても、毎日一日1リットル以上の鼻水が作られています。驚きますね。その鼻水が鼻から流れ出ることはないので、気づかないのです。

鼻水(鼻漏)がのどの側に流れていくことを「後鼻漏(こうびろう)」と言います。鼻から出る鼻水は「前鼻漏」です。

では、その鼻水はどこへ行ってるのか?気づかないうちに喉へ流れ落ちているのです。そしてその鼻水が悪さをするらしいのです。

現在のわたしも、鼻水もあまり出てきません。でも痰が絡むのです。それがものすごく不快。そしてその痰に刺激されるのか、咳が出ることがあります。たぶん咳を出すことで体外に痰を出そうとしているのでしょう。のどの奥に何か粘り着いている感じがあります。

もともと「アレルギー性鼻炎」であるし、過去には「蓄膿症」と言われたこともあるので、鼻が元凶なのはうなづけます。

つまり、鼻のケアをすることがとても大事なんですね。

 

ホットシャワー

こんな時に愛用しているのが超音波温熱吸入器「ホットシャワー」です。超音波の細かい霧でのどと鼻を潤してくれることで、状態を改善してくれます。

ホットシャワーは43度の温度で、5ミクロンという細かい霧を発生させる機械です。

ホットシャワーの効用については取り扱い説明書にはこのようなことが書かれてあります。

超音波温熱吸入器ホットシャワー3は口腔(上気道)の加湿・加温を行い、上気道を潤すためのものです。

同様に鼻も加湿・加温し鼻粘膜を潤し、鼻づまり、鼻炎などの不快感を改善するためのものです。

(引用:ホットシャワー3取り扱い説明書)

鼻うがいと同じ効用があるというわけですね。

わたしは鼻うがいはちょっと怖いのです 。そこで探し出したホットシャワー。10年ほど前に購入しました。

使い方はいたって簡単。塩水を作って、部品をセットしてスタートボタンを押すだけ。

作動時間は5分です。

現在は、夜寝る前にやっていますが、準備してから使って片づけるまで10分もあればOKです。

のどが痛い時には、その都度やっています。1日に何度かやることもありますが、副作用なく状態が緩和されるので、わたしにとっては本当に手放せないアイテムになっています。

やった後は、鼻の通りがよくなって、すっきりします。

わたしの機械は10年前のものです。現在販売されてるいるのは「ホットシャワー5」

息子の家にあるのは「ホットシャワー5」で、わたしも何度か使ったことがあります。使い方は少し違いますが、細かい霧を発生させて鼻とのどを潤すという効果は同じです。

※画像がありませんが、リンク先に飛ぶと商品はちゃんと見ることができます。

 

マヌカハニー

後鼻漏によってのどを痛めているらしく、のどの痛みと声枯れもありました。こんな時はマヌカハニーです。

ホットシャワーの後、ひとさじのマヌカハニーです。いつもは夜、寝る前だけになめていますが、こんな時は朝晩なめてます。

おかげで悪化せずにいます。まだ薬に頼るほどでもありません。もちろん様子を見ながら悪化しそうな時には薬をもらいに行こうと思っていますが、今のところは大丈夫。

ここ数年、以前より病院へ行くことが減りました。それはこの2つのアイテムのおかげだと思ってるんです。

マヌカハニー

「マヌカハニー」の効果と効能をご紹介!絶対おすすめのハチミツです

2017年9月21日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、はじめまして(^o^) 還暦過ぎて、色々体調不良が出て、気が滅入っていました。その時、りっつんさんのブログを見させて頂いて、なんか元気がでてきつつあります。長い間付き合ってきたのだから肉体面、精神面で凹みがきても仕方ないですよね。自分は、ポジティブなはずだったのに、自分が、こんなにも弱かったのかと余計に凹んでいたんです。長々となりましたが、りっつんさんの、おかげで少し前向きになれそうです。これからも楽しみにブログ読ませて頂きます。

    • さくらさん。
      初めまして。コメントありがとうございます。
      60年も使えば、身体にガタが来るのは当然だと思うことにしました。
      60年も使えたことが奇跡かもしれませんよ。
      へこんでは上がる。上がってはへこむ。
      そんなことを繰り返すしかないんですよね。
      また、ぜひいらしてくださいね。ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。