4LDKの家ですが、2LDKのつもりで暮らしています

わたしの住まいは4LDKの広さです。

今から30年ほど前、購入した一戸建てです。

 

家族の形は変わる

当時、わたしたちには、家族の形が変わるものだという認識が、まったくありませんでした。

結婚して、子供が2人生まれて。

借りていた家が手狭になって。

親たちがそうしたように、わたしたちも家を購入しよう。

その後なんて少しも考えず「今」しか見えなかった。何か熱に浮かされるように、4人家族が選びがちな4LDKを購入したのでした。

バブルは終わりかけていましたが、しかしまだまだ高値でした。今だからそんなこともわかるわけですが、当時は、少し値が下がってきた「買い時!」なんて思ってしまった。以来、価格は下がりっぱなし┐(´~`)┌

当時、そうして、住宅を購入した人は周りにたくさんいました。

 

家族で暮らした20年弱

夫が亡くなり、息子たちは出て行きました。家族で暮らした期間は20年弱。

そんなもんなんだ〜と、今更ながらに驚きます。家族は変化するのです。

この家に越してきたとき、よもや1人で暮らすことになろうとは、思いもよらなかったはずですが、わたしが1人で暮らし始めてすでに12年が経ちました。

結論。この家は広すぎます。

わたしは狭い場所のほうが落ち着きます。あまり広いと、何かくつろげないのです。

以前は10畳の部屋を寝室としていましたが、広すぎるので、6畳の部屋に移動しました。落ち着きます。

1人暮らしを始めてから、できればもう少し狭い家に越したいと思いした。しかし経費を計算すると、ここで暮らすことが一番お金がかからないと判明。

また、家を小さく改築するという方法も、調べてはみたものの、こちらも費用が半端ない。

と、いう理由でわたしは、家族と暮らしたこの家に、そのときの形のまま、ここに住んでいます 。

なんとか自分サイズにしようと工夫しています。

 

物を減らす

家が広いと、物を置く場所に困らないので、ついついそのままに放置しがち。いない人の化石置き場になりがちです。

でも、自分が管理できない物が多いと、どうにも、自分の巣という感じがしないと気づきました。

1人暮らしになってから、せっせと元家族のものを処分。思い出にしばられるのは嫌い。

もうあの人たちは戻ってはこないでしょうから、ここは潔く、処分です。

今残っているのは、ダンボール1個分ずつの思い出箱。夫と2人の息子分として3箱。こちらも数年前に中身を吟味して残した物です。

わたしがこの家を出るときには、息子たちの意見を聞いて、この箱をどうするか決めようと思います。

物がなくなると、ますます広さが際立ちます。

でも、自分が管理できない物がないのは清々しい。広いけれど、それほど嫌でもなくなりました。

この空間は、わたしのものだからでしょうか。

そして「つもり」で暮らすことにましした。

 

2LDKのつもりで暮らす

3つある個室の2つは使わないことにしました。

使っていない部屋の1つは客用のベッドルーム。この部屋にはベッド以外の家具はありません。クローゼットの中には寝具のみ。

いつでも「どうぞ泊まっていって」と言える状態にしてあります。

わたしの生活に必要な物はありません。

もう1つの部屋は納戸として利用中。

基本的にこの部屋にある物は、処分前提のもの。この家を出るときは全処分が決定している物です。

と、いっても、大した量ではありません。1時間もあれば処分作業が完了できるくらいです。

結果として、わたしは2LDKのつもりで暮らしています。

1階のリビングダイニングと仕事部屋。そして2階の寝室。

わたしの荷物は時々見直しては処分しているので、それほどの荷物ではありません。

もう少し狭い1LDKでも暮らせる荷物量にするのが、最終目標ですが、もうかなり近づいています。

 

物はお金

部屋の中に物が少ないと、圧迫されないので、気持ちも軽くいられます。

いったい、いくつ、ゴミ袋を出したでしょう。

あるとき、ゴミ袋を前にして、思いました。

「これ、全部、お金だったんだ」

どんな小さなものも、わたしのお金から発生したもの。

そう思ったら、恐ろしくなりました。

働いたお金で、物を買い集めて、それがゴミになる。

こんなお金の使い方でいいのか?

以来、物を買う基準が変わりました。

わたしが物を買う理由は1つ。

必要だから。

思いつきで、物を買うということが少なくなりました。

それまでにありがちだった「なんとなく欲しいから」「安いから」という理由で物を買うことは、ほとんどなくなりました。

それに連動するように、お金の心配も減りました。

住まい方は、お金の問題と繋がっていきます。

わたしのように、わりと広い家に住み続けなければならないおひとりさまも、意外と多いんじゃないかと思っています。

その家をどう活用して暮らしていくのか。けっこうな大問題です。より楽しく暮らせたらいいなあと思っているので、わたしの試行錯誤は続きます。

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、こんにちは。
    私も、4LDKの一人暮らしです。家の問題は、長年の懸案事項です。

    りっつんさんが、今の家を出る時とは、いつのことを指すのでしょうか?
    介護施設への入所、住み替えでどこかにマンションを購入でしょうか?。
    それとも、賃貸? 保証人がいなければ、高齢者には貸してくれませんし、食費より家賃が先行。

    私の場合、格安なのは、今の家に住み続けること。
    ローンもないし、田舎だから固定資産税もないに等しい額。
    孤独が好きな割には、ご近所友達も、散歩で顔見知りも出来て、それなりに住みやすい場所です。
    残る心配は、今の暮らしが出来なくなる日が来るかどうか?

    ああ、悩ましい。

    • しばふねさん

      こんばんは。
      しばふねさんとは、環境が似てますよね。
      わたしも、ここが一番安上がり。
      でも広い家も、問題ありですよね。
      コンパクトに暮らしたいものです。

      さて「家を出るときはいつか」というご質問。
      わたしは案外本気で、転居することを考えています(笑)
      URなら保証人いらずとか。
      きっと1年でも、どこかに住んだら気がすむのかも。

      でも、最後はきっとここにいるかもしれませんね。
      できるだけ、集団の中には入りたくないので、
      這ってでも、ここで暮らしたい!
      いまはそう思っています。楽観的かしらね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。