【一人ごはん】豆ごはん・キャベツ入りのシューマイ・サイコロピクルス・厚揚げとさやいんげん。

朝ごはんを食べながら、今日は何を作ろうかなと考えました。

 

今朝の朝ごはん

今朝はこんなもん食べました。

  • 鶏むね肉のハム
  • ポテトマカロニサラダ
  • ピクルス

もちろん、すべて手作りです。

サイコロピクルス

ピクルスはこんな瓶に入っています。ウエックのこの形は丸っこくてかわいくて、洗いやすいんです。2日前に作りました。実はたくさんできてしまって・・・。お隣さんなどに食べていただきました。

大根・ニンジン・セロリ・キュウリをキューブ型に切って、軽く茹でます。茹でたらカンタン酢で混ぜます。そしたら、水分を切って容器に入れて、もう一度カンタン酢を入れてつけておきます。こうすると味が締まります。水っぽくなりません。「酢の物は一度酢で洗う」ことをしますが、アレです、アレ。

野菜を茹でたほうがおいしい気がします。ぜひお試しください。パプリカを入れると色味もいいのですが、国産がなかったので、今回は入っていません。

鶏むね肉は塩麹につけて、レンジでチンしたもの。最近ではハムを買うことはなく、もっぱらこの鶏ハムです。マカロニサラダも冷蔵庫の定番です。

 

ジャムトースト

パンもイチゴジャムも手作りで~す。)^o^(

 

今週の作りおき

豆ごはん

今期、豆ごはんを食べていなかったことを思い出して、焦りました。大好きなんです!これで次のタケノコご飯に安心して進めます(笑)

ごはんには塩とお酒で少しだけ味をつけてます。

2合炊きました。6個に分けて冷凍します。

 

キャベツ入りのシューマイ

豚のひき肉200g

玉ねぎ  半分

シイタケ   玉ねぎと同じくらい

キャベツ   玉ねぎの2倍くらい

【調味料】茅乃舎のダシ1袋・オイスターソース小さじ1・ゴマ油大さじ1弱。水小さじ1

ビニール袋に入れて少し寝かせました。小1時間。

あとは包むだけ。包んだら、蒸すだけ。めんどくさい工程は、野菜を刻むことでしょうか。

蒸し上がったら、さまして3個ずつラップにくるんで、冷凍庫へ。

20個できたので、1個あたりの肉は10g。魚料理の時のサイドメニューとして、またはお弁当のおかずとして重宝してます。

今回、初めて茅乃舎のダシを袋を破って、入れてみました。茅乃舎のダシは塩分がけっこうあるので、ちょうどいい塩梅の味になりました。

息子たちと暮らしている時はあんまり作らなかったシューマイ。男の子はもっとボリュームのあるひき肉料理を好みますから。最近、よく作ります。今のわたしにはぴったりなひき肉料理です。

 

蒸し野菜

蒸気を再利用。蒸気が上がった蒸し器の中にポンポンと。2分も蒸すと柔らかくなります。茹でるより簡単なので、最近は野菜は蒸してばかりです。

カリフラワーと青菜とさやいんげんに火を通しました。

保存は味をつけずに。

 

厚揚げとさやいんげんの煮物

さやいんげんをたくさんいただいたので、シンプルに、こんな料理を作ってみました。ダシが勝負!

急に気温が上がったり、下がったり。こんな時はごはんをちゃんと食べて、ゆったり気分で過ごしまょうヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • りっつんさん、こんにちは。
    とても色鮮やかなメニューですね。
    野菜の下茹でピクルス、早速やってみます。
    シュウマイの材料は、すべて揃っているので、これも
    今晩作って、冷まして、冷凍。
    ごま油も隠し味に使っています。
    これも、手指の老化防止に役立ちます。

    • となりまちさん。
      下茹でピクルス、おススメです。刻むのがちょっとめんどくさいけれど、
      それくらいはしないとね(笑)
      シューマイは冷凍しておくと、本当に便利です。最近では常備品です。
      ギョーザでもハンバーグでもなく、シューマイです!!
      きょうはこちらは雨。寒いです。ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。