【冬の河原】カワウとイソシギ。もはやカワセミ探しは特技の域!

河原でこんな鳥を見かけました。

調べてみたら「カワウ」でした。

 

カワウ

後ろに見えるカモと比べると、デカいです。初めて見ました!

どうも、このあたりにはいろんな鳥がいるらしく、鳥現場ですれ違った人からの情報では、最近チョウゲンボウを見たとのことなので、わたしも会いたいなあ。

ハヤブサの仲間ですから、きっとかっこいいはず。

カワウは体の大きさや形はキジっぽい。もしかすると、キジが飛んでいると見たのは、カワウかも?なんとも、迫力のある体つき。

振り向いても、埼玉。どこ見ても、埼玉。

 

カモ&バンのコロニー

ここにはカモやバンのコロニーがあります。

いろんな種類のカモ&バンが、ケンカもせずランチを楽しんでいます。

河岸からここまで、なんと小道ができています。その小道を使って、皆さん上り下りしているようです。鳥たちも道を作るんですねえ。

 

イソシギ

浅瀬でエサを探している鳥。セグロセキレイと一緒にいるところを何度か見かけていたのだけど、望遠レンズのおかげでやっと正体が判明。

イソシギです。

くちばし、長いね。水の中に突っ込まなくちゃいけないからね。

気がつかなかっただけで、いろんな生物が生きているんだなあということに、改めて気づかされます。

みんな、命を保つことだけに、時間を捧げている。

 

今日もカワセミ

「もうカワセミは飽きた」と思うほど、毎日会ってます(笑)

たぶん、いつでもいるんですね。気づかないだけだった。

草に隠れていたけれど、わたしは見逃さなかった。まるで見えないですけど、気配がするのです。

カメラで寄ってみると、やっぱりいた!

羽を広げた。一瞬、飛び込むのかと思ったけど、やめたらしい。

一瞬を捉えるのは、なんて難しいのかしら。カワセミの気持ちになって、じーっと待つしかない。

昨日は河原を歩いていたら、一瞬でしたが、春の匂いを感じました。

あれはなんの匂いなんでしょうねえ。

草から出てくるかすかな香りを、空気がすくい上げて、まわりに振りまいているのかな。

あの一瞬が、季節が次に向かっていることを知らせてくれます。春だより、第一弾ですね。

なぜか、高校1年生の1月17日の日のことを覚えています。特別なことがあったわけではないのに。

学校のお昼休み。とっても暖かい日で、友人と校庭わきのベンチで日を浴びていてました。

ふと「春が来るんだなあ」とセーラー服を着ていた少女は思いました。

あれから50年あまりが経過して、少女はおばあさんになりかけても、なぜかそのことが忘れられないのです。

毎年、その時期になると、春を知らせる便りを早く受け取りたくなるのです。

今日もいい天気。

午後になったら、カメラを担いで、また野の探検に出かけます!

春の便りが届けられるかもしれません。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • はじめまして。
    本当に綺麗に映っている鳥さんたち癒されます。
    わたしは、55歳で去年末パート仕事を辞めまして
    (夫が仕事頑張ってくれているので感謝です)
    これからは自分の好きなことをしたい‼と思い
    只今、いろいろ勉強中です。
    悩みは多々ありますがりっつんさんのブログで
    元気づけられてます。

    • 貴美世さん

      おはようございます。
      コメント、ありがとうございます。

      きっと、楽しい時間が待っていますよ。

      これからも、どうぞご贔屓に!

  • こんにちは りっつんさん
    気配を感じることができる人だけが良い写真が撮れるんですね 岩合さんの写真展を見に行った時にも思いました
    私が川辺を歩いていても白鷺しか見えません( ; ; )

    春の匂いもう感じたんですね
    日も少しずつ長くなってきて嬉しいです
    今週からずいぶん暖かくなりました
    雨も降らないしこちらから見る富士山には雪が全くありません

    • コロボックルさん

      おはようございます。
      本当に気配ってあるんだなあと思います。
      昨日も「今日は会えないなあ」と思っていたら、
      川面をピューっと。
      カワセミがわたしに会いに来るしか思えない(笑)
      きっと、いますよ、カワセミ。

      富士山、新幹線の中からでもいいからながめたいなあ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。