さよなら、パンプス。靴箱の整理整頓を行う。

ここ数年、1か所だけ、とても気になっていた場所がありました。

それは、あそこ。

 

下駄箱を点検

意を決して、始めたのは、靴の処分です。

実は、これが、なかなかできませんでした。

理由は2つ。

1つは、下駄箱のスペースに余裕があったので、あえて片付けなくても、問題がなかったこと。

そして、理由の2つ目は、何か、名残惜しくて。つまり、何か時代の終わりのような気がして。

靴はとっても大事です。

わたしをどこかに連れていってくれるものだから。

服よりも、もっともっと思い出を覚えている。

だけど、いずれは片付けなくてはならない。だって、この靴たち、履けないことはないけど、もう履きたくないんだから。置いておくだけの意味はない。

それが、いよいよ、今ってことのようです。

片付けも無理はしないことにしています。

あくまでも、気持ちに寄り添って、「片付けよう!」と手が動き出すまではそっとしています。

不思議なことに、その日はやってきます。きっかけはあるような、ないような、ですが。

そして、ついに、手が、動いたのです。

 

パンプスはもう履かない

思い切って、パンプス系の靴を全部処分することにしました。

この2、3年、どの靴も、下駄箱に入っていただけ。

履く頻度の少なかった靴は、一足先に納戸入りしています。

これらは履きやすくて、服にも合わせやすくて、とても気に入っていた靴たち。

修理を繰り返してまで履いていたのに、もう履くことがなくなって。

履かなくなったきっかけはこちら。

わたしはシンデレラ「王子様、歩ける靴、持ってきて!」

2019年2月26日

以来、足が、これらの靴を拒否するようになりました。

10年くらい前にカルメン婆さんが言ってたことがわかります。

「今までの靴が履けなくなるのよ」

そのときには、我が事として受け止めていなかったけれど、いや〜先輩が語ることは真実でした。

 

はけないスカート

ここ数年、好みの服も大きく変化しました。いや、思えば、靴に合わせて服が変化したのかも。

卵が先か、鶏が先か。

服の変化が先か、靴の変化が先か。

いまは、年齢や季節などにこだわらない服、ボーダレスな服が大好きです。

【最適化計画】「今」に合わせて、服も最適化を図ることに決めた!

2020年2月20日

リップル洋品店に服を求めて、群馬県富岡市まで車でブーン。

2021年11月15日

スニーカーに合う服。まずは足元の安全を確保して。

おしゃれなスニーカーも多く出回っているので、探せばイメージに合う靴だって、まだまだあるはず。

買って、一度しか履いていないスカートがありました。

靴が履けなくなったために、はけなくなったスカートです。

なんとか、ならないかしら。高かったのよ、これ。

だけど、ちょっと履いてみたら、どこか窮屈で。どうにもピンとこない。

記念に残すくらいしか思いつかない(笑)

だけど、もう、未練もないです。

あのときのわたしも、どこかに行ってしまったような、気がします。

最後のこういう系のスカートってことになりました。

このスカートを選んだときのわたしと、いまのわたしは、ちょっと違う。

 

時代の終わり

今までの靴をかたづけたことは、もう昔には戻らないということの区切りみたいなもんです。

しかし、こんな靴履いて、よく、あんなに歩けたもんだ(笑)

歩くことを諦めたわけじゃない。

これからも、どんどこ歩くし、いろんな所に行くつもり。無理なく歩ける靴を履いて。

そのために、最適化しよう。

いまのところ、今季一番のお気に入りは、こんな組み合わせです。

本当にしばられたくないんだね。楽に過ごしたい感じがよく出ている(笑)

足元はぺったんこだけど、滑らないという安全ブーツ。数年前に買ったもの。

こんな服に移行するなんて、3年前には思ってもみなかった。自分の変化ほど面白いものはないです。趣味は自分の観察?

最新のアイテムは、made inスコットランのマフラー。同じ色や柄のものはありません。一点だけのもの。伊勢丹にて購入しました。

今年はスッキリ巻いてみたいと探しました。穴に通すという仕組みです。

いよいよ12月。

気になっていた場所を片付けて、新しい年に向かうゾ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • このマフラー、素敵ですね♪

    最近はシェットランドウールのセーターを編んでいますが、こんな模様にしたらかわいいかしら。残った毛糸でかわいいマフラーを編んでみます←いつできる?(汗)

    • シーラカンスさん

      おはようございます。
      コメントに、気をよくして、
      マフラーの写真を追加しました。
      手作りしたら、すごくいいと思う!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。