大館曲げわっぱにお弁当を詰める。穏やかな1日。

今週も早くも週末になってしまいました。もう金曜日だって!

なんでこんなに時間が早く過ぎるんでしょう。

神さま、めんどくさくなって時間を早回ししてるんじゃない?

とくに今週は、なんやかやとバタバタしていたので、落ち着かない日が続いていました。

落ち着かないというのは、文字のとおり「家に落ち着いていない」ということで、出かけることが多いと、どうにも気持ちが落ち着きません。

家にいて、定位置の椅子に座って、時々シャンクスの居場所を確認する。

コーヒーを飲みながら、時々テレビをつけたりして、ぼんやりしているのが、本当に好きです。

「ひまだなあ」と思う日を愛しています。

しあわせの風がスーッと通り抜けていくようです。

 

突然届いた、

大館曲げわっぱです。

予想もしていなかったので、喜び2倍!

届いてから1ヶ月あまり。箱に入ったままで、じっと出番を待っていてくれました。

実はずっと前から、欲しいなあと思っていた、大館の「曲げわっぱ」です。

国の伝統工芸品として指定されています。

秋田杉の柾目(まさめ)を薄く挽いて煮沸して柔らかくして曲げ輪を作り、桜皮で止めるという方法で作られています。

工芸品としての美しさだけでなく、ご飯が傷みにくく、軽量で持ち運びがしやすいといった実用品としての利点があります。

これがなかなかの高級品なのです。

長年、手が出せずにいました。

そんなことを知った、働き者のこびとさんたちが作って、送ってくれました(笑)

 

出番だよ、

大館曲げわっぱ!

届いてから1ヶ月あまり。

やっと箱から出されて、写真撮影された曲げわっぱさん。

いよいよ訪れた出番にうれしそうです。

とってもいい手触り!そして杉の香りがします。

30分もあれば作れるのに、気分に余裕がないと自分へのお弁当はなかなか作れないものです。

〈よゆうの証だよ弁当〉

冷蔵庫の始末も兼ねて、作りました。

残り野菜と、数枚残っていたハム。スープ煮にしてとろみをつけてみました。

とろみをつけたら、弁当箱にも入れられるよね。でも持ち運びは無理。おうち弁当限定です。

甘酒の卵焼きを焼いて、ちくわと糸こんにゃくを炒めて、コロッケはレンチン商品。主食は玄米ごはん。

あこがれの曲げわっぱに詰めると、特別とは言い難いおかずもおいしそうに見えます。

BSPをつけたら『哀愁』という古い映画を放送中。

お弁当を食べながら、時代をさかのぼります。

「哀愁」は1940年制作の映画。白黒です。白黒映画だと目が疲れないように思うのは気のせいかしら。

曲げわっぱ弁当箱の中のちくわを噛みながら、ヴィヴィアン・リーとロバート・ テイラーを眺める。

きれいだなあ。時代が変わっても、美しいものは美しい。

しかし、やっぱり時代が違うのです。時代が違えば、抱く感情も違うのです。なので気持ちが入り込むことはできず。

人の気持ちは、時代背景に影響される。愛の形も変化する。

気持ちが入り込めるのは『追憶』くらいまでが、限界かな。

【一人ごはん】甘酒を仕込む。甘酒の卵焼き・春菊の和え物・豚バラ肉の塩麹焼き・カリフラワーのカレー。

2019年12月11日

自分で作る自分のためのお弁当には意外な力がある!?

2019年7月12日

 

虹と夕焼け

数日前の夕方のこと。虹を見ました。

嵐の後の虹。

一瞬でしたが、ダブルレインボーでした。カメラが間に合わず捉えることができなかったのが、残念でした。

そして、虹が消えたあとの夕焼け。

極上の夕焼けでした。

空には空の事情がある。意思を持って動いているように見えます。

怒ったり、笑ったりしているように見えることがあります。

それはもしかすると、怒ったり、笑ったりしているわたしの心が見えているのかもしれませんね。

8月8日午後5時過ぎ。二重の虹!良いことがあるかもねっ。

2017年8月9日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん、こんばんは。
    甘酒卵焼きがとっても美味しそうです。関連記事の豚バラ塩麹焼も、今度真似してみたいです。

    ご本も届いて、読みました。わたしには、りっつんさんの潔さがとてもカッコよく思えました。清々しい生き方に憧れてしまいます。
    ブログも楽しみにしています。(毎日更新、本当にすごい!)

    • そよさん

      おはようございます。
      甘酒の卵焼き、本当に美味しいです。
      ただ、焦げやすいので、気をつけてくださいね。
      弱火でじっくりと。

      本のご購入、ありがとうございました!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • こんにちは(^o^)
    秋田県大館市は母の出身で、私も曲げわっぱつかっています。
    もう10年くらいですね〜
    ご飯が美味しくていいですよね☺️

    • まきりんさん

      こんばんは

      曲げわっぱ、いいです。
      詰めるだけで、美味しそうに見えます。
      実際、ご飯は美味しくなりますよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。