【一人ごはん】磯の卵焼き・夏の名残のカレー・カラフルマカロニのサラダ

「失敗は成功の元」と言いますが、料理でも失敗に出会うことはあります。そしてそれが成功に結びつくことも、あります。

 

磯の卵焼き

この日も、やってしまいました(@ ̄□ ̄@;)

卵焼きを作ろうと、卵を割って味をつけて、「そうだ!青のりを入れよう」と袋から入れようとして・・・。手元が狂って、青のりをたくさん入れてしまいました。

卵を足せばいいのですが、たまたま最後の2つ。仕方ないね。このまま焼くしかない。┐(´~`)┌

でも、ちょっと興味もありました。どのくらいまでなら、青のりを入れられる?試してみよう。

「半分以上、青い」(◎_◎;)

ところが、一巻したら・・・なんだか卵焼きになってるじゃん。案外、いいかもw。

切ってみると・・・悪くないじゃん。

食べてみたら、青のりの風味がプンプン漂ってまるで磯にいるみたい(笑) そして、甘辛くておいしい!わたしの卵焼きはちょっと甘めですが、青のりとの相性は悪くないです。

こうして今後、青のり入りの卵焼きには「ふんだんに青のりを入れる」という法則が出来上がりました。

ドバっと入っていますよ~。たぶん、大さじで3杯くらいは入ったんじゃないかしら。青のりは残りがちな食材です。飾りにかけるだけなので。こうして大量消費できるのはうれしいです。

 

夏の名残りのカレー

もう10月だというのに、ピーマンとナスが採れたと、何本かいただきました。

たぶん最後のピーマンとナスだよね。今年もたくさん食べました。最後にはいつもと違う料理にして終わりにしよう。有終の美を飾ろう!

と、いうことで、カレーにしてみることにしました。

豚のひき肉をニンニクを入れて炒めて50~60gずつ冷凍しています。味は薄く塩をしてあるだけなので、どんな料理にでも使えます。

今回は2つ(100gほど)使って、キーマっぽいカレーにすることにしました。肉を前面に押し出さず、あくまでも脇役として。主役はピーマンとナスです。

材料は、玉ねぎとナスとピーマンとシイタケ。どんな料理にでも、いちいちキノコが入るのがわたし流。

カレーのルーはゴールデンカレーです。様子を見ながら割り入れて、粉末のカレー粉とケチャップを足しました。ポピュラーなカレーよりちょっと和風かな。あっさりしていて、とてもおいしかったですよ。フライパンで作ってます。

 

マカロニサラダ

カラフルなイタリア産のマカロニ。オーガニックな野菜を練り込んだマカロニを使ったサラダです。魚肉ソーセージと卵。ニンジンとキュウリ。ボリュームのあるマカロニサラダに仕上がりました。

少し黄色に見えるのは、カレー粉と辛子が入っているからです。マカロニサラダにはいつも入れています。

 

豚ロースときのこの塩麹ソテー

生協商品の塩麹で味つけられた豚ロース肉。

おいしいんだけど、最初から味をつけられた肉は、どうにも味が濃いのです。なので、わたしはいつも野菜を足します。

まず肉だけを焼いて、焼けたら取り出して、フライパンに残った肉の油と塩麹で、きのこ類(シメジ&シイタケ)とニンジンを入れて炒めます。

最後に切った豚肉と混ぜてもう一度火を通しておしまい。

ちょっとしたひと手間で肉だけでなく、きのこも摂れる。きのこ好きとしては便利な一品です。

自分でご飯を作って食べる。ほっこりと幸せを味わえるわたしです。ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。