Kindleの整理。最近読んでいる本の傾向は・・・。

Kindleを使うようになって、2年弱。大変便利に使っています。

 

実感がない

紙の本では、積み上げておくので、これだけ読んだという実感があります。

しかし電子書籍では、まったく実感がありません。

今月は何冊読んだのかしら。

Amazonのマイページからコンテンツと端末の管理を確認。

5月は12冊でした。

で、よくよく見ると、森博嗣さんの本が多い。

  • 『つぶやきのクリーム』
  • 『つぼねのカトリーヌ』
  • 『つぶさにミルフィーム』
  • 『つんつんブラザーズ』
  • 『お金の減らし方』

なんかよくわからないタイトルが並んでいます。タイトルに特別な意味はないらしいです。思いつきのネーミング。

中身はエッセイで、人気推理作家森さんが日常で思うことが綴られています。なかなか辛口です。

実は森さんの小説は1冊も読んだことがありません。読みたいと思ったこともありません。守備範囲外です。

最近、この不思議なタイトルの本が、何かの拍子に目にとまりました。調べてみたらわたしと同じ年齢の方が書いたエッセイだと知り、どんなこと、考えてるのかしらと、興味が湧いたというわけ。

そして、ハマってしまったというわけ。

どこかの山(?)にこっそり住んで、敷地の中に庭園鉄道を作って暮らしている森さん。仙人のような、不思議な人です。

森さんの本によると「小説の読者とエッセイの読者は違う」ということ。小説の読者は若い男性が多いらしいのですが、エッセイの読者は若干年齢高めの女性もいるとのことでした。

 

お金の減らし方

森さんのたくさんのエッセイの中で、1つのテーマで書かれていたのが『お金の減らし方』という本。

お金とは何か。お金をどう使えばいいのか。面白かったです。

「お金って持てば持つほど、減るのが怖くなるものだ」と、知人が言ってました。

200万円には200万円が減る怖さ。2億円には2億円が減る怖さ。減る怖さの量は金額が増えるに連れて増えるわけね。:(;゙゚’ω゚’):

わたしも最近、思い当たることがありました。

ここ最近、自粛のおかげなのか、お金が少し貯まりました。何か買おう!と思ったところ・・・なんだか使うのがおしいのです。

通帳残高、減らしたくない欲がフツフツと。

この調子だと、50万になり、500万になり、5000万になっても、あんがい使えないものなのかもと、ふと持ったのです。

たくさんのお金を使うには、才能がいる!

例えばいま1億円が降ってきたとして、わたしには使いきれるかしら。そう思ったら、別に1億円が降ってきても。それほど嬉しいわけでもないかも。

お金は貯めるのも難しいかもしれないけれど、使うのも難しい。わたしにはたくさんのお金を使いきれる才能はないだろうなあ。

おっとっと。そんな、いらぬ心配をしてないで、洗濯ものを干さなくちゃ(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。