図書館から本を借り、平行読みして過ごす週末。

おはようございます。

逃げるように過ぎると言われる2月。気がつけばすでに1週間が過ぎてしまいました。

月が改まると、ピアノの次のレッスンが気になり始めます。アレンジの難しさにアタフタです。イメージしている音が出てこない(´・ω・`)

 

図書館へ

昨日はかなり冷えた1日だったので、外に出たのは図書館に本を受け取りに行くときだけ。

おそらく1000歩も歩かない、なまけた1日になってしまいました。

図書館にリクエストしていたのは、古い本ばかりです。

わたしの町は、何年か前に近隣の町と合併したのですが、その最大の利点は図書館です。

蔵書が一気に増えました。

あの町の本も、あっちの町の本も、おらのもの!(笑)

近所の図書館にない本は、別の図書館から持ってきてもらえるというサービスができました。

ネットで調べて、リクエストすると、翌々日には届くという仕組みになっています。

 

立原正秋

さて、友人の言葉がきっかけで、立原正秋を読み始めています。

わたしは作家の名前を見たり聞いたりしたら、即、反応します。

親しい人に会うと「面白い本、なんかあった?」と必ず聞いてしまいます。いつも本を探しています。

立原正秋は若い頃に読んだ気もしないではないのですが、あまり記憶にありませんでした。

少し読んでみて、記憶にない理由が分かりました。

こんな話、若いころのわたしに分かるわけがない(笑)

たぶん、途中で投げ出したか、目を通しただけ。でも、今なら、ちゃんと読めるかも。

 

本を積む週末

わたしは「いい!」と思った作家を見つけると、その人の世界をしっかりとのぞいてみたくなります。

ですから「この作家、いい!」と感じると「やった!」と思います。しばらくの間は、読む本に迷わなくてもすむからです。

短編集はkindleで2冊買いました。しかし立原正秋のkindle本は高い!

kindle予算は月に5000円ですので、到底全部は買えません。先月も予算オーバーしてるし。

ああ、買いたいだけ、買ってみたい(笑)

こういうとき、本当に図書館はありがたいと思います。

『その年の冬』は立原正秋の代表作で最後の作品。

京都、宇治、奈良、大阪、鎌倉。どこも馴染みのある土地ばかりで展開される話。土地を知っていると、イメージが膨らみます。

わたしの頭の中では、いちいち登場人物たちと電車で一緒に移動しては下車しています。あのへんだな。このへんだなって。

娘である立原幹の書いたエッセイ集『風のように 光のように』と、立原正秋のエッセイ『愛をめぐる人生論』も取り寄せてもらいました。

この2冊を読めば、立原正秋という人がもっと身近に感じられるはず。

本という媒体を介して、会ったこともない人の頭の中、心の中と、濃密に触れ合えるのは、本当に贅沢なことです。

わたしは小説そのものよりも、書いた人本人に興味があるのかもしれません。

積んである本を、同時平行的に読んでいくのが、わたしの読み方。1冊の本だけを読んでいるということは、まずありません。

こちらを30ページ。飽きたら、あちらを40ページ。チェンジする本が何冊あるかということで、わたしの幸福度は上がったり下がったり。

今日は幸福度の高い1日になりそうです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 夢逢人

    https://blog.goo.ne.jp/yumede-ai

    今回、貴女様は作家・立原正秋について、記載されていましたので、
    私は微笑みながら、読ませて頂きました。

    私は2011年8年8日に、
    『作家・立原正秋(たちはら・まさあき)氏に、私は圧倒的に熱愛していた頃の思いで・・。』
    と題して、投稿した次第です。

    参考まで、お読み下されば幸いです。

    私は過ぎし4月の下旬に、家内に手伝って貰いながら、本の整理をした。
    居間は17畳前後の洋間であり、本棚は3本と小さな本棚が1本あり、
    和室の奥の書庫に3本あり、2階の洋室に1本あるが、
    収納出来なかった本は、押入れ等にあった。

    たまたま若き頃に、映画・文学青年の真似事をした体験もあったので、
    小説、随筆、歴史書、現代史など本は5000冊前後あり、
    この際、老後に向かうこともあり、徹底的に処分しょう、と決意したのである。

    小説・文学評論が圧倒的に多く、、
    石川達三、丹羽文雄、三島由紀夫、安部公房、大江健三郎などの各氏の作品も多数あり、
    そして福永武彦氏の本は、殆ど所有していたが、
    この方たち作家の作品は、今後は読むこともないだろう、と処分した。

    こうした中で、ある作家だけは、どうしても捨てきれず、書庫に残すことに決めたのである。

    私は東京オリンピックが開催された昭和39年(1964年)の頃,
    大学を中退し、映画・文学青年の真似事を始めた・・。
    そして翌年の夏、立原正秋・著の『剣ケ崎』(新潮社)の短編集を購入し、
    深く魅せられて、過去に発売された単行本の『薪能』(光風社)を古本屋で買い求めたりした。

    この頃の私は、文学に関する月刊誌は、
    純文学として、『新潮』、『群像』、『文学界』、
    中間小説として、『小説新潮』、『オール読物』、『小説現代』を精読していた。
    そして、欲しい小説の単行本があったならば、
    たとえ一食抜いても、買い求めていた時期であった。

    私は作家・立原正秋に関しては、これ以降は作品、随筆が発表されるたびに、
    買い求めて、熱愛し、精読していた・・。

    この当時の私は、アルバイト・契約社員などをしながら、小説の習作に専念していた。
    確かな根拠はなかったが、私には独創性がある、と独りよがり自信にあふれて、
    純文学の新人コンクールの小説部門に応募したりした。

    しかし当選作の直前の最終候補作の6作品に残れず、
    三回ばかり敗退し、もう一歩と明日の見えない生活をしていた。
    結果としては、30代に妻子を養う家庭のことを考えた時、
    強気の私さえ、たじろぎ敗北宣言を心の中でして、やむなく安定したサラリーマンの身に転向した。

    その後は35年ばかり音楽業界のある会社の情報畑・管理畑などのサラリーマン生活をして、
    2004(平成16)年の秋に定年退職を迎えた。

    この間、昭和55年(1984年)の夏、立原正秋氏は無念ながら亡くなわれたが、
    これ以降も追悼などで、立原正秋氏の綴られた未刊の小説、随筆が出版されたり、
    或いは立原正秋氏の友人、知人らに寄る氏に関する随筆が出版され、
    私は買い求めていた・・。

    その後、三周忌記念出版として、『立原正秋全集』全24巻が角川書店から、
    昭和59年(1980年)から発刊され、私の書棚には単行本が少なくとも30数冊はあったが、
    心新たにの思いで購入したのである。
    そして、愛惜を重ねながら、毎月配本されるたびに改めて精読したのである。

    私は拙(つたな)い読書歴なかで、小説・随筆に関して、
    明治以降の作家の中で、最も影響を受けたのが、立原正秋氏となった。

    作品はもとより、文体、そして庭園、茶事、食べ物、日本酒、焼き物など、
    私の青年期から30代の終わりの頃まで、多大に教示された人であった。

    このように記載したしました。

    • 夢逢人さま

      はじめまして!
      コメントをありがとうございます。

      記載文を読ませていただきました。

      わたしはエッセイ「愛をめぐる人生論」を読んで、
      立原氏の知識、交友関係、経験の豊富さに驚かされました。
      だからこそ、あれだけの小説が書けたのですね。
      もう少し、立原氏の世界を味わってみたいと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。