「エール」の最終回。劇場が恋しくなってしまった。

連続ドラマ「エール」の最終回を見ました。

ワタクシ的には、とても得した気分です。

こんなにも歌のうまい人たちが出ていたことに、改めて気づきました。

みんな、歌に味があるわ〜。

特に、特に、吉原さんと堀内さんは劇団四季出身で、ミュージカル界ではかなり有名。聞きごたえがありました。

堀内さんの舞台は何回か観に行ったことがあるのだけれど、吉原さんの舞台は残念なことになし。

「イヨマンテ」を聞いて、観ておけばよかったと・・・_:(´ཀ`」 ∠):

迫力ある。バルジャンで聞いてみたい!

『レミゼラブル』では、山口バルジャン優先で見ていたので、見逃してしまいました。だって、同じ料金なので、どうしても、ご贔屓優先になってしまうのよね。

バルジャンは主役で、演じた人としては山口祐一郎さんがかなり有名です。

山口バルジャンは何度観たかしらと、自分に尋ねてみたけれど、

記憶にございません(笑)

調べてみたら、吉原さんは、来年バルジャン役で舞台に立たれるようなので、チケット争奪戦に参戦しようと決意しました。

最近の『レミゼラブル』は本当にチケットが手に入りづらようです。

キャストを選り好みしていると、ますます難しくなるけれど、吉原バルジャンと橋本じゅんさんのティナルディエの組み合わせで選べないかな。

レ・ミゼラブル 2021年版

ああ、観たい!

こうなると、なんでもいい。

何か、観たい!

と、いうことで、いま、部屋の中には「オペラ座の怪人」が流れています。怪人は山口祐一郎さん。やっぱ、いい声だわ。

わたしの出待ちデビューは、山口さんでした。あの当時は、まだ帝劇の楽屋口は静かなものでした。

写真なども撮らせていただけました。ツーショットなどもございます( ̄^ ̄)ゞ

  • 出待ち・・・舞台を終えた演者を楽屋口で待ち伏せすること
  • 入り待ち・・・演者が劇場に入るのを待ち構えること。

役者さんによって楽屋に入る時間がまちまち。1時間前だったり、2時間前だったり。出るタイミングもそれぞれ。

そーゆうこと(出待ち・入り待ち)が大変得意な人と、たまたま知り合ったことで、新しい世界を見ることができました。

いつも、その人の後ろにくっついて走っていました。今でもあの人は追っかけてるのかなあ。場所取りがとにかくうまかった(笑)

ああ、生の舞台が観たい!

行っちゃおうかな・・・・。

新しい四季劇場にこっそり行っちゃおうかな・・・。

三重マスクをしたら、どうかしら。

自分がプレ高齢者だということを忘れがちになる。いけない、いけない(笑)

育三郎さんの「モーツァルト!」も、来年4月に幕が開く。こちらのチケットもきっと争奪戦になることは間違いない。

モーツァルト!2021年版

2018年に演出が更新されているみたいだし、観てみたいけれどなあ。

あっきー以外のモーツァルトは興味がなかったけれど、ちょっと興味湧いた。

ミュージカルが体質に合わないという人の話を聞くと、

「突然に歌い出すのが、どうにもね」と言う。

ストレートプレイの演劇を観ていると、わたしは逆にイライラするのですよ。

「なんで、ここで歌わないのだ!」

「歌え〜!思いは歌に乗せろ」と。

ああ、朝から、理性を失ってしまいました。1人で盛り上がっています。わたしが盛り上がるのには、お酒もうまいものもいらない。

音楽さえあれば、さっさと盛り上がれる♪

「エール」よ、ありがとう!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん おはようございます
    ミュージカルの中で、オペラ座の怪人が一番好き
    です。ロンドンでも観ました。
    映画は3回行きました。
    劇団四季で観たのは美しい山口さんではなく、名
    前も忘れましたが、背が低くて、経歴だけは立派
    な、ちょっとお年を召した?方でした。
    山口さんで観たかったなぁ。
    劇団四季も宝塚歌劇も大好き。
    行きたいわぁ!観たいわぁ!と、ひとりで歌って
    います(笑)

    • 相棒さん

      こんにちは!

      今朝はファントムとクリスティーヌのデュエットを聴きながら、
      ちゃっかりクリイースティーヌ気分になっていました(笑)
      わたしも山口ファントムは観ていないのですよ。
      観たかったなあ。
      宝塚もご無沙汰していますが、好きです。
      特に、みんなが階段を降りてくるフィナーレ。
      「待ってました!」と心の中で、つい掛け声を(笑)
      安蘭けいさんの「ピンパーネル」が最後です。
      宝塚も観たいなあ〜。

  • りっつんさん、はじめまして。

    遠く福岡にて毎日楽しく拝読させていただいています。
    一度コメントしようと思った時があったのですが……今日になってしまいました。

    博多座が出来てからのレミゼファンです。
    あの人とあの人の組合せの日を予約…とか楽しみの1つですよね。
    私は吉原バルジャンが大好きなので、反応してしまいました。
    来年のレミゼ(博多は夏です)楽しみですね。

    これからもブログ楽しみにさせて頂きます。
    寒くなりましたので、どうぞご自愛くださいませ。

    ちなみに……
    以前コメントしようと思ったのは……
    イートレードがSBIに変わってた!!の時です。
    口座開設の時期〜口座すでにありますよ〜通知などなど
    「わーー同じ人がいたーー(笑)」と1人でニヤけてました。

    長くなってすみません。

    • Reiさん

      初めまして!
      コメント、ありがとうございます。
      博多座には、一度遠征したことがあります!
      最前列で、あっきーヴォルフを観劇しました。
      ふかふかの絨毯が敷き詰められた通路。いい劇場でした。
      入り待ち、出待ちもしました。距離、近かったです。
      思い切り、アホでした(笑)

      レミゼは自分の好みで選ぼうとしたら、そんな組み合わせはなく(笑)
      今回は吉原バルジャンだけは見たいので、贅沢は言わないつもり。
      本気で参戦します!

      いや〜ん。
      SBIは、恥ずかしかったですわ。
      同じ人がいて、心が軽くなりました。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。