「島津亜矢コンサート」に行ってきた件

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

「そういえば、行ってきたの?」

友人からそう問われ、書き忘れていたことを思い出しました。

センター最前列の席でのコンサート鑑賞。

歌っていたのは、島津亜矢さんです。

演歌系のコンサートは初めて。

女性シンガーの単独ライブも初めての体験です。

 

「島津亜矢 歌怪獣襲来ツアー2023」

このチケットが手元にやってきたのは、年が明けて早々のことでした。

送ってくれたのは、K氏。

K氏とは、昨年の夏に再会して以来の付き合い。現在、島津さんの熱心なファンであるということを知りました。

昨年12月のこと。

「島津さんの歌を生で聞いてみませんか?」と誘っていただきました。

いつぞや、NHKの歌番組で達郎さんの「ride on time」を歌う島津さんを見たことがあって、親近感を覚えていたわたし。

「行きたい!行きます!」と即答です。

K氏がチケットを手配してくださって、そして送られてきたチケットが、この上ない良席だったというわけです。

それにしても、歌怪獣ってすごいネーミング(笑)

達郎さんのコンサートが外れまくっていたので、もうワクワク。

生の声って、特別だもんね。

 

はっぴの方たちに囲まれて

さて、当日、席についてみますと、右の方も左の方も、黄色いはっぴを着ていらっしゃる。

そう、ここは、ファンクラブ席。

はっぴだけでなく、手には、光物、鳴り物をお持ちのご様子。

しかも、いくつもお持ちだ。

大きなペンライトを1本ずつ指の間に挟んで、光具合を確認している。

なかなのボリューム。重そうである。

あの状態でリズムに合わせるのは、けっこうムズいんじゃない?

なんだか、とんでもない場所に迷いこんでしまったようです。

しかし心配は不要。

キョロキョロしていたら、隣の方から話しかけられ、あっという間に仲間入り(笑)

新参者にも優しいのは古参ファンの礼儀。

こんな場にもひるまないのは、追っかけ体験があるからかもしれません(笑)

追っかける人が違っていても、追っかけるという気持ちには共通点があるものです。

それにその人のコンサートが初めてという人に聞いてもらえるのは、とてもうれしいもの。

 

まさに、歌怪獣

休憩なしの2時間弱のコンサート。

着物の着替えを挟んで、2部構成。

1部は演歌中心とはいえ、知ってる曲も何曲か。

ネット上でセットリストを探してみたけれど、見当たらず。なので、いまになると、曲名が定かでないだけでなく、曲数さえもわかりません。

一期一会の歌たち。

島津さん、とにかく、ものすごく上手いです。びっくりするほどうまいです。

手持ちのマイクの位置は、なんとおへそのあたり。

マイクとの距離、ありすぎです。

ものすごい安定した声量で、のどのあたりが小刻みに震えているのもよく見えました。

2部の始まりは、ホイットニーヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」。

まさに、和製ホイットニー!

歌怪獣の意味、わかったかも。

2部はポップス曲での構成で、馴染みのある曲ばかりで、とても楽しかった。

今後はポップスだけのコンサートもあるようです。

37年間、歌っているという島津さん。

なのに、島津さんと聞いて、パッと思い浮かぶ曲がないのが残念です。

しかし、聞きながら、そのうち、ポップス曲で一発当たるかもと、思いました。

演歌、ポップス、ジャズ、どんなジャンルの歌もこなせるのはすごい。あれだけ歌える人は、いまの日本でも希少でしょう。

最前列のセンターは、歌う表情がよく見えて、良きお人柄まで伝わってくるようでした。

コンサートから帰ってきて、パリに滞在中のK氏と、そんなやりとりをしているうちに、なぜか記事を書いた気分になってしまってました(笑)

大満足のコンサートでした。

欲を言えば、

達郎さんも最前列センターで見てみたい!

島津さんを聞きながら、今年こそと達郎さんのチケットをゲットしたいと、希望を新たにしたのでした。

一番うしろの席でもいいから(笑)

遠方より古き友人がやってきた!2人の縁のきっかけは、わが夫!

2022年6月28日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • 興味あるのは、島津亜矢さんよりK氏の方。
    もしかして? なんて野暮なことは聞きませんがね。

    私も、3/1発売の『こころ万華鏡』歌っている人の、軽い追っかけ。
    コンサートにも何回か行ってますが、ファンクラブに入ってないので
    あんまりいい席には座れません。

    いわゆる継続契約のものは、今はやめてます。
    いつ死ぬか分からないから。
    解約手続きが多いと、遺族が面倒くさがるから。

    • しばふねさん

      K氏には、かわいい奥さんがおります(笑)

      ファンクラブに入っていると、
      最前列が回ってくることがありますよ。

  • 姐さん…書くの忘れてたのですかΣ(゚д゚lll)
    どうもこの頃、姐さんが少し違う時間軸に生きてらっしゃるようにも感じます。
    LEGOのせい??
    (後に 3/25付の記事を読み「やはり(´∀`; )」
    よかったですね!大歓喜が伝わってきました!)
    もしや、恋???…よござんすね〜っ(#^.^#)

    カンツォーネのお友だちと奥様のエピソード!覚えてます!しかしご贔屓の歌手は覚えてなかった〜。
    私は島津さんを存じ上げなかったので、YouTubeを探してみました。
    すっごい声量と技術ですね!
    このように本っ当にうまい人のナマ歌唱を聴くのはまさに至福♬♪
    よございましたね!

    イヒヒ、私は山下達郎氏のコンサート
    真ん中寄り最前列、ありますよ〜(^_-)v
    それから2階席最前列も。
    その際は彼と私の間にコミュニケーションありました!会場環視の中。イヒヒのヒ。
    註)私自身はファンではありません(笑)。
    アンコールで『ラストステップ』を聴く光栄に浴したことも幾度か( *´艸`)
    次に備えて運?徳?を溜めましょう!
    姐さんには梟様がついてる!
    私は神社に詣でます!

    • デイジーさん

      おはようございます。
      確かに時間軸も曲がっているし、
      住んでいる世界も、
      この世ではないような気がしないでもなくて。
      ま、まさか、もうすでに、この世はあの世?(笑)

      デイジー(あえて敬称抜き!)、ずるいんじゃない
      たっつあんのコンサートの席、ありえない!
      末席すらも当らないというのに(´・ω・`)
      しかもファンでないなんて。

      ねえねえ、どんな顔して歌ってるの?
      どんな会話したの?

      徳の積み方が足りないと確信しました。
      LEGOを積みます!(って、違うね 笑)

      神社、詣でます!

      • イヒヒのヒ(๑˃̵ᴗ˂̵)
        私が山下達郎氏のコンサートに行くのはファン歴約50年のオットにくっついて行くときだけです。
        私自身はファンではないですが、素朴な喜びいっぱいに聴いてますのでね♬ つまり、感じいいお客です (笑)

        コミュニケーションというのも大仰なんですがね( *´艸`)
        例の「2階席のお客さん、聴こえますかー?」の問いかけに
        2階最前列の私、瞬時に両腕上げてマル!を作ったんです。
        そうしたら、御大ご自身もマル!を作りながら「あ、マル?」と言って、照れたように身体を折り曲げて?よじって?笑ったのですよ。控えめに言っても「うれしそう」でした♬
        10年近く前のことです。
        マル!っていう反応に意表を突かれたんでしょうか。
        1階最前列の時もね、目が合ったと感じたときがあったんですよ。
        そのときの反応に関しては多分私の自意識過剰( *´艸`)なので、口外は控えております〜。

        客席の顔を(目の届く限り)ちゃんと見ていて、何かを感じてたり何か感情を抱いたりすることがあるのは、間違いないと思いますよ。
        例のクラッカーのとき。
        タイミングを間違えた方がいたら、
        「お客さん、早いよ!」と演奏しながら言ったの!
        でその後、皆がまさに今!のタイミングで鳴らしたらば、満足そうに頷きながら
        「それでいいんです」と言ったの。演奏しながら!!
        すごいでしょう??

        あの場にまた行きたいですね♡
        お互いがんばりましょう(^^)vウシシ

        • デイジーさん

          おお!おおお!
          こんなことがあったとは。
          達郎ファンの皆様も、きっと嫉妬することでしょう(笑)

          いつかわたしにも、こんな幸運が訪れますように。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    Warning: imagepng(/home/c7404818/public_html/rittsun.com/wp-content/plugins/siteguard/really-simple-captcha/tmp/2033232.png): failed to open stream: Disk quota exceeded in /home/c7404818/public_html/rittsun.com/wp-content/plugins/siteguard/really-simple-captcha/siteguard-really-simple-captcha.php on line 221

    Warning: Use of undefined constant __FILENAME__ - assumed '__FILENAME__' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c7404818/public_html/rittsun.com/wp-content/plugins/siteguard/really-simple-captcha/siteguard-really-simple-captcha.php on line 254

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。