ライブ配信「ジャージー・ボーイズ」。新しい観劇の形が見えた!

本日午後1時半開幕の「ジャージー・ボーイズ 」インコンサート。

帝国劇場での上演をライブ配信で観劇しました。

おととい配信チケットを購入し、開幕30分前から、テレビの前で待機!

 

「ジャージー・ボーイズ」ってなに?

3分ほどの広告動画です。まずは、聞いてみて!

1960年代に活躍したロックンロールグループ「フォー・シーズンズ」の結成から成功、そして一部のオリジナルメンバーの脱退までを描いたドキュメンタリー・スタイルのミュージカルです。

それをコンサートのスタイルにしたのが、今回の演目です。

フォー・シーズンズのメンバー達がニュージャージー州出身であることに由来して「ジャージー・ボーイズ」というタイトルになったそうです。

2005年にブロードウェイで初上演され、いろいろな賞を受け、ロンドン版も作られました。

日本版は2016年から。主役のフランキー・ヴァリ役を演じるためには、高いハードルがあるそうです。ヴァリと同じような発声でなければならないとか。あっきーこと中川晃教さんが本家から認められたことで、日本公演が可能になりました。

あっきーは何年かかけて、ヴァリの発声を自分のものにしたそうです。確かにあっきーのいつもの発声法とは違いました。息で音を包むような、そんな感じ。そして独特の裏声。たいしたもんです。

2016年7月シアタークリエでの日本語版が初演(TEAM RED、TEAM WHITEと2チームに分けての上演)。演出は藤田俊太郎、音楽監督は島健が担当[1]。第24回読売演劇大賞にて、ミュージカルとして初めて最優秀作品賞に輝く。併せて中川晃教が最優秀男優賞、藤田俊太郎が優秀演出家賞を受賞。

(ウィキペディアより)

実は2年前の再演のときに、観たかったのに、チケットは即日完売で観劇が叶いませんでした。

悲速報!「ジャージーボーイズ」チケット争奪戦に惨敗!これからの作戦を考える。

2018年6月16日

今回はチケットの争奪戦にも参加せずでしたが、思わぬ方法で観劇が叶うことになりました。

あっきーが来てくれる、ここまで。帝劇まで行かなくても。

\\\\٩( ‘ω’ )و ////

そしてわたしはこんな作戦をたてたってわけです(笑)

客席が目を覚ました!『ジャージー・ボーイズ』在宅鑑賞作戦開始。

2020年7月24日

 

チケットの購入と接続

チケットはeプラスから購入します。

演出の藤田さんが丁寧に説明してくれています。とくだん難しいことはありません。

購入が完了しますと、登録してあるアドレスにアクセスするURLに送られてきます。

視聴する端末に、そのURLを接続するだけ。

いたって簡単な操作でした。

わたしはいつも劇場には開場とともに入ることにしています。ワクワクしながら開演を待つことにしているので、家での観劇でも同じように、30分前に接続しました。

作品のVTR紹介、そして演出の藤田さんの話を聞くことができます。

開演直前になると、藤田さんが客席のとびらを開ける。

わたしも客席にいるような、そんな錯覚を起こすしかけになっています。

ああ、帝劇・・・だ!(笑)

 

家での観劇のメリット

確かに、いくつかのデメリットはあるでしょう。

劇場のような一体感はないかもしれませんし、爆音で音楽を味わうこともできません。

しかし、家での観劇には、メリットがあります。

【メリット1】

財布に優しい。

チケット代は半分以下。

出かけなくてもいいので、交通費もゼロ。ランチ・お茶代もゼロ。

これって、けっこうばかになりません。

【メリット2】

トイレの心配がない。

途中でトイレに行きたくなっても、お家なら大丈夫。安心して観ていられます。なぜかわたしは劇場に入ると、せっせとトイレに行きたくなるクセがあります(笑)

しかも帝劇のトイレの混みようは伝説的。観劇のプロはどこがいちばん空いているか研究しています。

【メリット3】

飲食可能。

もちろん帝劇など劇場での飲食は不可です。ロビーはオッケーですけど。

帝劇では座席に座ったら、きっちり前を向いて。小さな音も出してはいけません 。カサッという音でも嫌そうな顔をされることがあります。

スイーツを食べながら、のんびり観ることができるのは、ちょっと新しい。

【メリット4】

あっきーをアップで見ること可能。

あっきーだけでなく、みんなアップで観ることができます(笑)

帝劇の場合、オケピがあったりすると、最前列でも舞台は遠い。まして10列を超えると、表情まではなかなか見えません。

オペラグラスを使って観ていますが、それでも、なかなか。オぺラグラスも使い方はあんがい難しいし。イライラすることもあります。

今日はあっきーの汗までも見えました。左手を握るクセもしっかり見えました。

娘を失った歌では、あっきーがウルウル。思わずわたしもウルウル。お隣さんもウルウル。

さらにはカメラでなくては捉えられない映像もありました。家て観ている観客へのサービス。

「あっきー!」なんて言ってみたり、手拍子してみたり。隣の奥様とわたしはノリノリでした。

ご主人は、初ミュージカル観劇でしたが、それなりに楽しんでおられたようです。

本日の観劇のおやつはこちら。

そしてわたしの準備はもう1つ。

ペンライトです。振りました!!

『サムシング ロッテン』今年もあとわずか。っていうのに、劇場はほぼ満席。なんてこっちゃ~。

2018年12月29日

 

これからの可能性

いつでも楽しめるというのではなく、時間を上演に合わせるといことが、1つのポイントです。

見逃し配信なし。録画不可。

劇場でなく、家で観ているというだけのこと。

観劇の基本は、いつでもは観られないってこと。予定は合わせる。これが非日常を運んできてくれます。

今回一緒にライブ配信を見ていた観客は1000人。

画面のはじに表示される仕組みです。

帝劇の客席数は1800ほど。今回は半分の座席での公演です。

今回のチケットはS席13500円です。

ライブ配信のチケットは1枚4500円ですから、もう少しライブのチケットが売れるとよかったなあ。

でも今回のこの試みが、新しい観劇の世界を広げてくれるように思います。遠くにいる人にも、出かけられない人にも届く演劇。

素晴らしいことです!

さて、今後の配信予定です。

直前までチケットは購入可能です。

わたし、十分に感動しました。

興味のある方、ぜひ、ぜひ、ご覧になってください!

8月1日はあっきーのデビュー記念日だったそうで、カーテンコール時には大きな花束があっきーに送られました。

わたし、一緒に拍手しました。ライブ感ありました!

あっきーはデビューして19年。わたしのファン歴は17年です。

でも、わたし、もうひとり、見つけちゃった。

矢崎君。彼、好みだわ〜(笑)

帝劇の火よ、燃え続けておくれ!!

千秋楽、観ようかなヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。