【Mac生活】Macが失神?パソコン誤作動。な、なんと犯人はアレだった!

最近、パソコンに不思議な事態が発生!

買って、まだ1年半のMacBookAir。もう壊れちゃうの?

何が起きたのか、解明しました。( ̄^ ̄)ゞ

いやいや、解明したつ・も・り。

 

Mac、失神する

作業をしていると、愛するMacの画面が、突然、ふ〜っと消える。人間に例えると、気を失う感じ。まさに、失神する感じ。

なんか、嫌な作業でもさせてしまったのか。それとも失神ウイルスにやられたのか!?

確かに、ここんとこ、気が遠くなるような作業が、あるには、あった。でもそれはわたしの頭の問題である。

Macにとっては大した作業ではない。あのくらい、どうってことないはず。ただ文字を記録保存するだけなんだから。Macよ、悔しかったら自分で書いてみ。

実はね。わたし、この作業をしながら、頭の中がぐちゃぐちゃになって、本当に失神しそうになったのよ(笑)

で、不思議なことに、Macが失神しそうになったのは、まさにそのときだったのよ。

わたしとMacは一心同体。そういうことなのね。。。

ま、まさか!これから、わたしはMacと合体してしまうのか?

Macりっつん。りっつんMac。どっちでもいいけど、イマイチ性能は良さげではないね。じゃあ、なんて名前なら・・・。

おっとっと。あらぬ方向へ思考が飛んでしまった。

戻そう。

気を失ったMacであるけれど、しばらくすると、自ら目覚めてくる。

「す、すいません。ちゃんと働きます」by Mac

画面がダウンするだけで、作業内容が消えたりはしない。

もし作業内容が消えたとしたら、わたしはMacを許さないだろう。

今までも、何度か仕事でデータ飛ばしをしたことがあるけれど、あれは本当に気を失う衝撃。データ真っ白、顔面蒼白。以来、バックアップには慎重になったけど。

 

Mac信者に問い合わせ

アップル公式ページに行ってトラブル事例を見ても出てこないので、急ぎMac信者に問い合わせてみることにした。

「僕のMacでは、そんな事態は発生しない」

「もう1台、買えばいいじゃん」

Mac信者は全然慌てない。そしてさりげなく上位機種を自慢する。Mac信者は何台か持っているので、万全のバックアップ体制だ。

まるで、役に立たない。

でも、話していると、2台目が欲しくなるから不思議だ。欲しいなあ〜。

アベノマンジュウで買おうかなあ。

マンジュウじゃなくて、ジュウマン。

おっとっと。そういう話でもない。

 

守れ、ソーシャルディスタンス

仕方ない。検索くんで聞いてみよう。

「Mac 突然 画面 消える」

すると、似たような事例が出てきたのだ。

その方によると、原因はスマホだという。

MacとiPhoneを接近させてテザリングさせたら、突然Macの画面が消えたという。

にゃにゃん!

わたしも確かに、その場所に置いていた。そしてテザリング。

MacはiPhoneだけでなく、HUAWEIも嫌いなのかもしれない。

こんなふうにそばに置くのが、いけないらしい。

ということで、とりあえず、離すことを心がけることにした。すると、Macが気を失うという事態は起きなくなった。

Macとスマホ。そばに置くと、Macが失神する。詳しい心理状況を知りたいものだ。

「♪おそばにいたい〜のぉぉ」

「♪君がそばにくるだけで、クラクラさ〜ぁぁ」

失神したくなるほど好きなのか、見たくないのか、聞いてみたい。

今は距離を取ろう!

いつか、きっとそばにいられる日がくるさ。

機械には機械の事情があるらしいということがわかった。

人間には人間の事情があるし、猫には猫の事情がある。

事情だらけで地球は回ってるらしい。

りっつん事情なのに、肉球タッチ、いつもありがとうございます!にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。