【書籍化②】束見本、届く。わたしと会長はもはや種族を超えた関係?

このままでは、わたしはあの猫と認識されてしまう!

そんな事態が発生しております(笑)

 

束見本

編集のIさんが束見本というものを送ってくださいました。

束見本(つかみほん)?

「束」とは本の厚みのこと。束見本は重さや寸法などを確認するためのもの。なので、制作予定である書籍と同じ材料、ページ数で作ってあります。重さや寸法など確認するためのものなので、中は真っ白。

なんと、これこそ、

世界に1冊だけの本!

超貴重品です。

なかなかの厚さです。予想していたより厚い!

この中に、62年分の経験を結集して書いたものが印刷されるのかと思いますと、なんとも胸が熱くなります。

中は真っ白です。何か書きたくなります。

色合いも、いい感じです。

柔らかなムラサキが、本当にいい感じです。

 

会長、発見!

重さ、厚さ、色合いなどを確認していたところ、会長を発見!

ん?あれれ?

マジ、びっくりぽんだわ〜

いつからわたしは猫になってしまったのか。

はたまた、実はわたしはもともと猫だったのか。

あまりにも堂々とした「りっつん」にすり替わっているその姿に、思わず笑ってしまいました。

この本はダミーです。あくまで見本です(笑)

市中に出回るときには、ちゃんとわたしになっています。

 

写真のこと

えっ?顔見せるんるん?

実はプロのカメラマンさんとの大撮影会が企画されていたのですが、あいにくなご時世。お会いすることが叶いませんでした。

残念だわ〜。お会いしたかったわ〜。ボーズとか、とってみたかったわ〜。

とは、実際に撮影しなかったから言えること(笑)

しかし、どうしても何枚か写真が必要になりました。

そこで登場したのは、近所のbaba友のA子ちゃん。

自粛期間中に、撮影会、決行!

え〜こちゃんは仕事柄、いいカメラを持っているのです。もちろん腕もいいので、とても美しく仕上がりました。

もちろん、まったく加工などはしていません。

にもかかわらず・・・・

「いじっただろ」by 息子

「いじってませんよ!」

・・・ったく、もう。o(`ω´ )o

なんのことはない、息子の目がくもっているのです。

いや、母親を鬼婆フィルターかけて見ているのです。

カメラは真実しか写しません。( ̄^ ̄)ゞ

終わってから、A子ちゃんにはパエリアを届けました。本当は一緒に食べたかったけど、あの日は、世の中の雰囲気にならって、別々に。

お家deレストラン。メニューは牡蠣のパエリアとエビのアヒージョ。

2020年5月7日

 

ネコの名は5文字!

編集のIさんに「束見本を確認しました」旨のメールを送ったら、

「カバーを外した本体の表紙にも●●●●●がいっぱいいますよ(笑)」という返信が返ってきました。

えっ!と思ってカバーを外したら、

いました。

ここにも、にゃにゃんがにゃん。

・・・ったく!

ちなみにイラストレーターさんは東久世さんという方です。

『通い猫マーフィ』とか『つんつんブラザーズ』のイラストを描いておられます。

『つんつんブラザーズ』は大好きな森博嗣さんのエッセイ。たまたま読んだばかりでした。同じ方に描いていただけるなんて、感激です。

さて、でしゃばり猫の会長の名前ですが、5文字です。

ちなみに「かいちょう」ではありません。ひらがな表記は向きません。カタカナ向きの名前。

けっこう、難しいと思います(笑)

今まで同じ名前の猫に出会ったことは・・・一度だけ。

その猫の名を拝借したってことなんですけどね。

 

と、こんな感じで出版に向けて着々と準備が進んでおります。

数日中にはAmazonの予約サイトの開設に合わせて、ブログにてリンクの告知をいたします。

どうぞ、よろしくお願いしたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

【書籍化①】猫の顔を借りて、エッセイ集を出版することになりました!

2020年7月21日

【書籍化③】りっつん本の予約ページができました。

2020年7月26日

 

いつも応援、ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


5 件のコメント

  • すっすご~い!
    にゃん様の絵、かわいい
    ばあば、猫だったの
    本、発売されるの待ってます。
    ゆっちゃん♪♪♪

    • ゆっちゃん

      実はばあばは猫だったんです。

      そんな話をぜひ書いてください。
      ゆっちゃんの次作を待つています!

  • タカラさんへの伝言

    こんばんは!
    コメントをありがとうこざいました。
    ジーンとしました。
    そう言っていただいて、本当に嬉しいです。
    実はお金のことを詳しく書こうか書くまいか迷ったのです。
    書いてよかった!と、タカラさんのコメントを読んで確信できました。
    お金のことは避けては通れない話ですから。
    読んでいただければ、安心していただけると思います。

    実名でしたが、内容が内容でしたので、
    確認してから公開したいと思っています。
    もしよろしければ、全文を公開させていただけたらと思います。
    同じ思いの未亡人さんがきっといるはず!
    なので、ご意思をコメント欄からお知らせください。
    また、ニックネームに変えたほうがよければお知らせください。
    よろしくお願いいたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • りっつんさん、今晩は。
    つい暇なもので、こんな時間に訪問してます。

    本当に私って下種なもので、本の印税でりっつんさんの人生の
    退職金が入るんじゃない? なあ~んて、バカな勘繰りしてました。
    それは、何の問題もないし、私には全く関係ないことだとわかって
    います。

    私は、りっつんさんに対してシンパシーがあるので、今回のこと
    自分のことのように喜んでおります。

    おやすみなさい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。