お家deレストラン。メニューは牡蠣のパエリアとエビのアヒージョ。

いよいよ、飽きてきたなあ。何か目新しいものが食べたいなあ。

今までは、ふらりと外食とか、ふらりとカフェとか、それなりに楽しんでいましたからねえ。たとえ少ない回数でも、気分転換にはなってた。

残念なことにもこのあたりでは出前なんてない。

レストランがお弁当を作ってるなんて、話も聞こえてこない。

そもそもレストランというものが、そんなにはない(笑)

うなぎ屋さんの出前があるくらいかしら。

冷蔵庫をみる。冷凍庫をみる。

おっ!あるじゃん。これで外食気分を楽しもう。

牡蠣のパエリア。前回食べたエビのパエリアより、500円ほど高いです。

冷凍のまま、フライパンに入れて、ふたをして10分。

じゃじゃ〜ん。でかい牡蠣が5つも!もう少しパプリカが多いといいね。次回は足してみようかな。

エビのアヒージョも食べちゃおう。本当は解凍してから温めたほうがいいらしいけれど、オリーブオイルだから、きっと大丈夫。

ほらね、解けた。この状態になるころには、家の中はイタリアンレストランの香りがプンプンです。

パエリアは1人では食べきれないと判断して、半分を大急ぎで友だちにお届けすることにしました。

やっぱり、パエリアはやっぱりみんなで食べたほうがおいしいね。

【ホームパーティにおすすめ】「パンdeパエリア」の冷凍パエリアが、あまりに本格的で驚く!

2020年2月25日

牡蠣のパエリアは、エビのパエリアより値段の分だけ(500円ほど)おいしかったかな。牡蠣のダシがご飯に染み込んでいて、エビとは違う味わい。味は牡蠣の方が染み込むみたい。

一緒に購入した「森山ナポリ」のピザもおいしい。もう食べてしまいましたが。パエリアと同梱してもらえるのですが、一度に2枚の限定販売。しかもマルゲリータのみ。これがちょっと残念。冷凍ピザとは思えないおいしさです。

「森山ナポリ」に直接注文すると、色々なピザが購入できますが、届くまで3〜4週間もかかってしまいます。なんてったって人気がある。あのモチモチした皮は一度食べるとクセになるのです。

「パンdeパエリア」と「森山ナポリ」は同じ会社。商品で分けてるようです。ナポリから分家したのかな?

「パンdeパエリア」は1週間ほどで届きます。

また頼もう!さっそく注文しておくことにしました。今回は再びのお試しセットを注文。

冷凍庫に入っていると、頼りになる、うれしい一品です。

外食気分を楽しんで、気分がちょっと上向きになりました!

【パンdeパエリア パーティ】
【森山ナポリ】ギフトで人気!ご家庭で本格ナポリピザ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


3 件のコメント

  • 非公開希望さんへ

    コメントありがとうございます。
    遠い町での未亡人生活、気が抜けないことばかりですね。
    でもそんな暮らしが自分を成長させてくれたと、
    そう感じる日が必ずきます。
    20年後には笑っているはず!20年もあっという間!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    • りっつん様

      お返事ありがとうございます
      最近、お隣りの建物の日本人の未亡人20年の方と偶然、知り合いました。この地での生活の知恵、伝授して頂いています。日本からは遠く離れていますが、何とかみんなで支え合ってやっています。
      これからもブログ楽しみにしております!
      名前が出なければ、公開して頂いても構いません。
      皆さん名前はニックネームを使うんでしょうか?

      • しーちゃん

        おはようございます。
        勝手にニックネーム、作っちゃいました(笑)
        どうぞ、ご自分で好きなように変えてくださいませ。
        日本人で、未亡人で、異国での出会いなんて、すごい巡り合わせ!
        みんなの手を借りれば、なんとかなります。
        わたしもそうしてきました。
        未亡人になって見えることもたくさんありますよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。