秋田のみやげは「生もろこし」と「醤油マカロン」

友だちからのメール。「秋田に行くんだけど、お土産はなにがいい」とのこと。

あらま~秋田!懐かしいなあ。うれしいわ~。

 

秋田のもろこし

秋田と言えば、やっぱりもろこしです。

漢字だと「唐土」とか「諸越」とか書くようです。大豆の粉で作った干菓子です。

若いころは「何がおいしいのか、わかんない」と思っていましたが、年を取ったせいなのか、とってもおいしいと思うようになりました。

わたしのまわりには、もろこしのファンが多くて、もろこしをお茶菓子として出すと、大変に喜ばれます。ん?やっぱり年のせいかしら(笑)

と、いうことで、特別に有名なもろこし・超高級もろこしがないかしらとネットで検索してみました。

すると、面白いもろこしが出てきたんですね。

その名も「生もろこし」

生のもろこし? なんじゃ、それ?

友人が買ってきてくれた現物はこちらです!

角館の唐土庵(もろこしあん)いさみや の 炒りあずき菓子「生もろこし」

プレーン・抹茶・さらしあんの三種入りです。

唐土庵 いさみや

 

醤油マカロン

さて、売り場で友人がもうひとつ、面白いモノを買ってきてくれました。

醤油味のマカロンです。

秋田では有名なお菓子屋さんの「くらた」が作った商品です。

2つとも秋田駅の駅ビルにあったそうです。

お菓子のくらた

 

味はどうだ?

それでは午後3時の婆のティータイムです。

普通のもろこしと比べてみると・・・

※普通のもろこしは常備してあります。

断面はこんな感じですね。

しっとりしています。何だろうなあ~、似たような食感が思いつかない。「生もろこし」にしかない食感かもしれません。

冷やして食べるとおいしいと書いてあったので、冷凍庫に入れて冷やしてからいただきました。冷凍庫に入れても糖分が多いので固くはなりません。出してすぐに食べることができます。口当たりがヒンヤリして、とてもおいしいです。

さて醤油マカロンですが、こちらは「みたらし団子味」です。甘じょっばいのです。しつこくない甘さ。

メレンゲで作られているので、口に入れるとさっと溶けてしまいます。が、口に残るモノがあります。アーモンドの粒です。これは食べ始めると、やめられません。ちょっとヤバいかも。

「あと3個だけ」が何度か続きました。

「生もろこし」と「醤油マカロン」は、秋田に行ったら、ぜひ買うべきお菓子です。

 

秋田の思い出

秋田に住んでいたのは25~27歳。あの頃、秋田で食べていたお菓子は何だったかなあ。ヤマザキのロールケーキしか思い出せないなあ(笑)

実は秋田での思い出は、ほとんどないのです。外に出かけて食事を楽しんだり、買い物を楽しんだりという記憶は、ほぼありません。

町中に住んでいましたが、10月も末になると海のほうから荒れた波の音と、遠くから雷が聞こえてきて、みぞれが降って。そういう思い出だけです。

あの当時はやっていた音楽などもすっぽりと抜けています。「おかあさんといっしょ」の歌ばかりが記憶に残っています。

秋田で暮らした3年を経て、わたしは母親へと変身しました。

わずか12年の結婚生活の中での秋田での3年の生活は、今となっては、ものすごくかけがえのない時間だったんですね。あの地で授かった2人の息子。秋田でのわたしたちを思い出すと、別世界にいたような不思議な思いを抱きます。

雪の降る秋田を訪ねてみたいなあ。

「きりたんぽ」を食べる。

お土産には「生もろこし」と「醤油マカロン」。

そんな旅に出よう!

 

御礼の言葉

本日のこの記事で「りっつんブログ」は700本目になりました。

いつも読んでくださる皆さま方へ

ありがとう!!ヽ(^。^)ノ


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • おめでとうございます。
    こちらのブログを読むことが日々の楽しみのひとつに
    なっています。
    居ながらにして色々な場所、思考にいざなわれています。

  • りっつんさん、すんばらしいですね、700本継続。
    おめでとうございます。
    なかなかできることではありません。
    りっつんさんのブログは、深くて中身があって、手抜きがない。
    そのクオリティを維持し続けるのは、並の人間には真似が出来ません。

    私は、5年日記が4冊目になります。
    これも、結構役立つことあるんですよ。

    これからも、健康に気をつけて、1,000本目指して下さい。
    応援しています。

    • となりまちさん

      おはようございます。
      褒めていただいて、光栄です!うれしいです。

      わたしも4年前から5年日記をつけていますが、空白が目立ちます。
      4冊ということは20年分の記録があるわけですね。すごい!
      記録としては大変役に立ちますよね。
      体調を崩す時が毎年同じころだと分かったのは、5年日記のおかげです。
      5年日記も続けようと思っています。

      1000本を目指して、頑張ります!ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。