【とり日記】カメラ初め。カワセミ、チョウゲンボウ、キジと出会う。

穏やかな天気の昨日は、朝からカメラ婆になりたくて、たまらなくて。

撮りたい、撮りたい!

何しろ、試したいことがある。

いままではオートモードで撮影していたけれど、絞り優先のAVというモードがあることを知り、そのモードを設定してもらったので、ぜひぜひ撮影してみたかったのです。

ということで、昼ごはんをすませて、(少し破れてるけど)履き慣れたスニーカーで、いざ出発!

 

カワセミ太郎

意気揚々と河原に出るとすぐに目に飛び込んできたのは、カワセミ太郎君。

太郎なのか花子なのか、どっちでもいいんだけど、呼びやすいので太郎ということにしています。

腹のオレンジ、背のブルー。

わたしはこんな色の服は着られないけれどね(笑)

最高におしゃれな鳥です。

AVモードで、それではパチリ。

オートで撮るより、臨場感みたいなものがある気がしないでもない。質感が古いフィルムみたいな感じ?

すぐに飛び立ってしまったので、小走りで追いかけます。

少し先の枯れ枝を揺らして止まった太郎君。

ずんぐりむっくりなのは、寒さで羽が膨らんでいるからでしょうか。いいな、天然羽毛持ち。

カワセミに会うと、本当に幸せな気分になります。この色が本当にいいんだなあ。

 

チョウゲンボウ

10分ほど歩いて、だあれもいない野原に着きました。

途中で、歌を歌いました。本日の歌唱は「さよなら夏の日」。

夏の日は遠いけど、そんなことはお構いなし。

あのときの僕らはいないんだから。もう、ここにはいないんだから。ああ無常。

歌い終わって、ぐるりと360度見渡すと、ふわりと飛んできて電信柱に止まった1羽。

こんな時は遠目がきくことに感謝。どんだけ老眼が進んでも許す。

ズームで迫ったので、この大きさだけど、裸眼だと、ほとんど点の状態です。

あの色はカラスではない。

あの飛び方はハトではない。

とすると、あれはチョウゲンボウかもしれない。

ずんずんズームで迫る。

ほらほら姿がはっきりしてきました。

この地点からだと、これが精一杯の大きさ。

もっと大きく撮るためには、接近するしかないので、またまた小走る。

どんどん姿が見えてきました。

これがこの日の最大。

目が合った!

じゃじゃ〜ん。つぶらな眼差しがめんこいでしょ。

昨日もこの場所で見かけました。このあたりをナワバリにしているようです。

この子のテーマ曲はこれ。

♪かわいいフリしてあの子やるもんだねと〜

かわいい顔してるけど、ネズミなんかを狙って食べてる、ハヤブサの仲間です。

 

アオサギ地蔵?

さて、さらに歩を進めます。

ちょっと歩き疲れてきました。

時計を見ると2時45分。

今ごろラジオでは「サンデーソングブック」で達郎さんが喋ってるはず。

だけど、こんないい天気の日は、鳥優先。

達郎さんの番組は夜になってからradikoのタイムフリーで聴きました。

コーヒー&リンツdeひと休み。

再び歩き始めると、アオサギが野原のど真ん中に、風に羽をなびかせて佇んでおられました。

この方の服の色もなかなかオシャレです。黒とグレー。そして淡いピンクのクチバシ。

なんだかお地蔵様みたい。

AVモードだと、遠くがよりはっきりとボケると分かってきました。被写体が際立つってこと?

理屈がよく分かっていないので、実践あるのみ。感覚で覚えるしかない。

どうにも理系の理屈は頭に入りにくくて。押し込めようとしても、跳ね返してきます。

 

カワセミとキジと

再び、河原に戻ってきましたところで、珍しいスリーショットに遭遇。

チュウサギの子ども(と思われる)とカワセミ太郎君と、奥にはカモ。

カワセミ、見放題の1日でした。2羽確認できました。

神様、ありがとう!

やっぱり元旦に神社詣でをしたからかな。

そして帰宅直前、さらにびっくりな方がいました。

こんなところにキジ男!

ここは我が家から徒歩1分の橋のたもと。小学生がよく遊んでいる場所です。

おぬし、なんで、こんな所に!?

こんなところまで足を伸ばしているの?

派手な色と柄。目立ちすぎですってば。

わたしの気配を感じたのか、飛んでみせてくれました。

冬の楽しみは、しばらく続きますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


6 件のコメント

  • りっつんさん、あけましておめでとうございます㊗️⛩58歳、鹿児島の男2人(26、23歳)の母です。昨年からブログに出会い、クスッと笑顔にさせていただいたり、うるっと感動に浸ったり楽しく拝見しています。本も購入し、お友達に回覧(ごめんなさい)させていただいてます。素敵な写真に癒されて、りっつんさんのポジティブ&丁寧な生き方を見習いたい2022年のお正月です。今年も楽しみに読ませていただきます。コメントができることを初めて知りました。嬉しいです

    • 悦子さん

      おめでとうございます!

      本の購入&回覧係の任務まで、ありがとうございます。
      おかげさまで現在、品薄中です。
      ご回覧いただいて、1人も多くの方の目に触れられたら、光栄です。

      今年も笑える話をアンテナを高くして狙っております(笑)
      ぜひ、お待ちください。

      どうぞ、またコメントくださいねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • りっつんさん、こんにちは。
    あけましておめでとうございます! 
    チョウゲンボウのあまりにも可愛い写真に、思わずにっこり。
    コメントせずにはいられませんでした。
    私も望遠付きのデジカメで、庭に来る野鳥を撮影するのが好きなのですが、野生のチョウゲンボウの写真が撮れた試しがありません。
    カワセミってとても綺麗な鳥ですね!
    今年も時々コメントさせてください。よろしくお願いします!

    • しろうさぎさん

      おめでとうこざいます!

      チョウゲンボウ、かわいい目をしてますよね。
      ドイツにもチョウゲンボウはいるのですね。
      カワセミはどうなんでしょう。
      ドイツの鳥事情にも興味がわいてきました。
      地域差はあるはずですものね。

      またのコメント、お待ちしておりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • りっつんさん 
    明けましておめでとうございます。

    こちらのカワセミ吾郎さんは しばらく見かけませんよ〜
    旅に出ているのかな?

    ポット地方で 新たに見かけた鳥たち・・・
    スズメ、ひよどり、オナガ、灰色の大きめのサギ…
    オナガはハンサムで格好いい!

    めんこいチョウゲンボウやキジ男君に会える
    とりっつんさん地方は いいなぁ〜

    • ポットさん

      おめでとうございます!
      カワセミ吾郎はどこへ行ったのかしら。
      もしかして婚活?(笑)

      オナガはかっこいいですよね。尾が長いし、色は鮮やかだし。

      きっと、もっといますよ。
      ぜひ、目を鳥目にして、探してみてください。
      鳥に注意を向けて、歩くと、楽しいですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。