マスク下の会話が運んでくるのよ、エピソード・チン(珍)!

年をとって、耳の性能が悪くなってきているところにもってきてのマスク生活。

時として、珍しい話を運んでくることがあります。

 

宇宙人になる?

マスクをかけたり外したり。手作業がめんどくさいだけではない。

話が聞き取りにくいったら、ありゃしない。

世の中、滑舌のいい人ばかりではないし、声の大きい人ばかりでもない。

その聞き取りづらさゆえ、

「えっ?」

「ん?なに?」

このフレーズが間に挟まること、しばしば。会話がスムーズに進まない。

そんなこともあって、つい先日、友人との会話では、こんな珍事が発生した。

日本某所。天気は晴れ。

時計を見ながら、軽やかに時間を伝えるわたし。

「もうすぐ10時になるね」

すると、向かい側に座っていた友人の顔が大きく変化した!

こんな感じだったかなあ?

いやいや、こんな感じだったかもしれない。

 

友人が手にしていたドリンクカップからは、中に入っていた液体がこぼれそうになった。

常々、ポーカーフェースを表明している友人。確かに顔の筋肉をあまり使わずに暮らしている。そのせいか、シワが少ない人である。

友人の顔を見て、驚くわたし。その顔を見て、さらに友人が驚いて、驚きの連鎖は止まらない。

それにしても、かなり長く付き合っているけれど、友人のこんな顔を見たのは初めてだった。

目を見開いて、身を乗り出して、尋ねてきた。

「もうすぐ宇宙人になるのか!?」by 友

そんな大真面目な顔で聞かなくても、いいでしょ。

わかってたはずよ、わたしの正体。

たまたま周りに人がいなかったからよかったけれど、そんな大きな声、出しちゃだめ。

世間さまにバレちゃうじゃないのよ。

じゅうじ→うちゅうじん

何度か繰り返し口ずさんでみると、確かに、そう聞こえなくもないな。

謎が解けて、2人で、大笑いした。

早く、マスクなしの生活をしたいものだけど、最近ではマスクを外すのが恥ずかしいって気分になることがある。

口を見せるのが、なにやら恥ずかしい。うっふん。

そんな人が密かに増えている予感がする。マスク装着解禁になってもマスク装着人は減らないかもしれない。

今後も続くであろうマスク生活を視野に入れ、耳を鍛えておけという教訓を含んだエピソードである。

 

宇宙人の朝ごはん

さて、今朝の宇宙食を準備しましょうか。

目覚めたときから、どうしても、あんこもちが食べたかったのです。

これ、実にIHクッキングヒーターらしい風景です。

直火がないので、餅はフライパンで焼いています。火力レベルは10のうちの4。これでちゃんとこんがり焼けます。

それから野田琺瑯の保存容器。これもクッキングヒーターの上で使うことができます。一番弱い火力で温めておきます。

そして、でき上がった宇宙食がこちら。

宇宙食らしく、スープはフリーズドライ。沸騰したお湯を注げば出来上がりです。

大好きな生姜スープがこれでおしまい。在庫を確認して、そろそろ注文しとこうかな。

コスモス食品のフリーズドライスープは保存食としても備蓄中です。

スープ1杯のしあわせ。生姜のスープとか、ねばねば野菜の味噌汁とか。

2021年9月19日

 

浦島タロ子

そして今朝は、こんな番組を見ながら、ブログを書いていました。

「芳雄はんが出てるで」と親切な息子からLINEをもらって、急ぎテレビのスイッチオン。

芳雄〜!

『エリザベート』の2人。

懐かしい歌が流れてきました。

しかし『エリザベート』を見に通っていた20年前は、トート閣下は山口祐一郎さんで、芳雄くんはルドルフ。

だから、なんだか、どうしても、イマイチ、ピンとこない。

山口トートを見過ぎて聴きすぎたせいで、芳雄くんが歌っていても、いつの間にか山口さんの声に変換されてしまうのです。

ミュージカル界の大御所、ドン、宝である山口さんの声は、艶のある、渋みもある、響く声です。いまでも大好きな声。

舞台もしばらくごぶさたなので、どうも浦島タロ子になっているようです。

宇宙人になったり、浦島太郎になったりと、朝から変身に忙しい朝です。

ああ、なんとも言えない疲れを感じた(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。