あの人の名前は桐谷健太!思い出すのに、半日イライラ。

話の内容に桐谷君は、まったく関係ありません。ということを先にお断りしておきます(笑)

なぜか、彼の顔が脳裏に浮かび、どうしても名前が思い出せなかった。ということから、この話は始まるというだけです。

 

ほらほら、あの人!

最近、携帯電話会社のCMに出てて、浦島太郎かなんかやってて、「まんぷく」に出てた人。

顔はしっかり思い浮かぶのに、名前が出てこない。

こんなことは日常茶飯事。特に名前が出てこない。

やっぱりボケたんだなあと、しょぼんとなる。ああ、脳みその劣化は否めない。やはり還暦超えの脳みそは美味しくはない。古い。

半日経っても思い出せなかったので、我慢できずに検索して答えを求めることにした。

検索画面に脳の中にあるデータを打ちこめば、すぐに答えてくれる。

「携帯 浦島太郎 まんぷく」

♪わかってうれしい、はないちもんめ。

わたしの脳みそが、顔のデータと名前のデータが一致していることを喜んでいる。

♪とってもうれしい、はないちもんめ。

なんか、長年の謎が氷解したようなスッキリ感。

桐谷君、ありがとう!

でも、うれしかっただけで、桐谷君からの感謝の言葉もなかったし、わたしの暮らしになんの変化も訪れなかった。

 

思い出せると、うれしい

どうも、脳は、何かを思い出すと、うれしがるということに気づいた。

時々、わたしの脳は、

「ほら、あの顔の人の名前、思い出してよ」と指令してくる。

わたしは、別のことで忙しいのに、お構いなしだ。突然指令してくる。

仕事中にも関わらず、

「ほらほら、あの人の名前、なんだっけ?」とか語りかけてくる。

自分の意思とは関係のない思考(?)が勝手に作動してしまう。

若いときにはデータとデータを結びつけやすかったのかもしれないけれど、年をとって、性能が劣化したせいで、こんなことが頻発してるの?

もしかして、単純に年をとったことで、データが増えてしまって、その呼び出しに時間がかかってるんじゃないのかしら。

何しろ60年も生きているので、一方的だとしても知っている人の名前は数知れず。

 

情報の海で溺れかけいる

例えばニュースを見ようと「Yahoo!」を開く。

かなりの数のニュースが並んでいる。

ユーザーの目に触れるニュースを、選択しているのは「Yahoo!」側だ。あちら側はいくらでも操作できる。誰かの思惑で決定されていく。

その中からわたしが選択して読んでいくのだが、中には、生活にまったく関係のないことなんかも含まれている。最近はこういうニュースの方が多いくらいだ。

離婚がニュース?

ただの、のぞき見だなあと思いながら、ついつい読んでしまう。他人の不幸は蜜の味だからね。だけど、会ったこともない人の人生を慮って、どうするんだ(笑)

そして、そこで、頭の中には1つのデータが蓄積してしまう。

誰かの名前と顔と離婚原因(笑)

もはや、情報の海でアップアップしている自分が見えた。

 

入りをセーブしよう

どうでもいいデータが蓄積し、それを思い出そうとする脳。思い出すとうれしいというのが、厄介なところ。

パソコン上では要らないデータを時々削除しているが、脳のデータを意識的に削除することは、なかなか難しい。忘れたいと思っても、どこかにデータが残っていたりする。

しかし、脳にも弱点はある。

あくまでも、忘れたことを思い出そうとするだけで、知らなかったことまでは思い出せない。

つまり、最初からデータを入れなければいい、知らなければいいんだ。おくればせながら、こんな単純なことに気付いた。

桐谷君を知らなければ、思い出そうとしてイライラすることもなかったはず。

わたしは、こういうことで脳をイライラさせたくないだけ。

どうでもいいことを思い出すために、時間を使いたくないだけ。

脳みそは別のところに使いたい。

今後ボケて、大事な人の名前だけを連呼するというのも困るので、そのへんをどうするかとか、そういうことを考えるために、脳を使うことにしようと思う。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。