10年前に購入したシルクのブラウス、ついに表舞台に!

どうしても処分できなかったブラウスがありました。

10年くらい前に買ったシルクのブラウス。

たった一度着ただけで、タンスのすみに押しやられ、あちらこちら移動しつつも、我が家から立ち去ることなく、存在し続けていました。

 

いつか似合う日が

店で見つけたときに、一目惚れしたブラウス。

柄物はあまり着ないのだけど、ペイズリー柄でデザインがちょっと面白かったので、目についたのでした。

試着したときには、似合っていたのです。店員さんが褒めてくれたんだから(笑)

これを着れば、きっと女度は増すに違いない。そんな自分をうっとり想像しながら購入。

ところが、そんな思惑とはうらはらに、ウケが悪かった。

「そういうの、珍しいね」

「似合わない?」

「いや、そんなことはないけど・・・」

その「・・・」に入るのは、間違いなく「似合わない」って言葉(笑)

以来、なんだか着る気になれず、10年くらいが経過してしまったというわけ。

今回、いよいよ処分しようかと思ったのだけど、ふと、着てみることにしたのでした。

当時は持っていなかったロングスカートと合わせてみる。

あら、不思議!

サマになってるじゃん。

これ、イケるんじゃない?

ヘアスタイルもアップにしてみる。

おお、ますますイケるじゃん。

やっと、このブラウスが似合う雰囲気になったらしい(笑)

それにしても、このブラウスが、再び登場してくるとは!

 

意外と多い、そんなこと

さすがに10年も経って似合うようになったなんてものは、このブラウスくらいしかありませんが、買ってから半年くらいしてから、活躍し出す服は意外と多いです。

買ってしばらくは出番がないことがあったりします。

たぶん、服もクローゼットの中で、ほかの服たちと馴染んでいくものなのです。

毎日、見ているうちに「これと合わせればいいかも」なんてひらめいたりしますから。

いま、クローゼットの中には、着たいという服だけ、かけてあります。

あまりに多くの服が目に入ると、着るものがないように思ってしまうので、わたしなりに厳選しています。

着ないという服は1枚もかけていないので、コーディネートもしやすい。どれとどれを合わせても、グー!な状態になっています。

身体はひとつ。

1日に着られる服は、1〜2枚。

たくさん並べていても、迷うだけ。

とにかく、気に入ったものを着ることにしているので、少しでも気分が乗らなくなったら、見える場所から外すことにしています。

そして、シーズンごとにアイテムを1、2枚足して、新しい風を送る。

古い服たちも、新しい服に刺激されて、少し活気づくようですから。

 

おしゃれが楽しい

「着たいものを着ればいいのよ」

これ、数日前のラジオから聞こえてきた言葉です。お昼の番組でスタイリストさんがおっしゃってました。

まさしく、そうだ!

もっと、どんどん試してみよう。

最初は周りの人から意外に思われても、そのうち、周りの目も馴染んでくるでしょう。

そもそも、人はほかの人の衣装なんて、それほど見てはいない(笑)

還暦を過ぎて、服に関しては、ちょっと自由になった気がしています。

スタイルがどうとか、もうそんなことからも解放されました。多少太かろうとも、いいじゃん。それがわたしなんだから。それが個性ってもんよ。

だから、おしゃれがとっても楽しいです。思いがけない自分に会えたりして。

季節に合わせて、気温に合わせて、気分に合わせて、もちろん出かける場合はその場所のことも考慮に入れて、着たいものを着る。

わたしにとって、服というものは、気分を大きく左右するもの。

恐ろしいことに、1日の質を決めてしまうこともあります。

もう肩の凝るような場所に行く機会もなくなったので、クローゼットにはラフな服ばかりが並ぶようになりました。

今日は木綿の長袖のワンピースを着ています。ブルーの花柄。昨年の秋に買ったもので、桐生のリップル洋品店さんのものです。

気分で決めたというよりは、こんな気分で過ごしたいということで選びました。

ここ数日、ちょっと忙しくてパンツスタイルが続いたので、ちょっと女らしい気分を呼び戻そうとして(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。