眠れない夜に「寝ること」について考えたら、ますます眠れなくなった話。

眠れない、眠れない。

ああ、眠れない。ところで、どんなふうに眠りに入っていくんだっけ?(笑)そんなことを考えているうちに、ますます眠れなくなってしまったという話です。

 

眠れない

いつのころからか、眠ることが不得手になってしまいました。

若いころは、ひまさえあれば寝てました。いや、ヒマをひねりだしては、寝てました。眠り続けたいと思っていました。

もっと昔。高校・大学のころは、授業中に起きていることのほうが珍しかったです。ああ、あのころ寝過ぎたから、その報いが、今きているのかもしれませんね。

そんな眠り好きなわたしでしたが、いつのころからか、眠ることが不得手になってしまったんですね。まさか、そんな日が来ようとは、若いころには思っていなかったです。若い頃のわたしには戻れないので、本当にそう考えていたのかは、確証はありませんけど。

眠ることが不得手になったのは、翌日にイベントを控えていて、眠れなくなったことが始まりでした。それは確か40代に入ったころからでした。「遠足の前の日」症候群ですね。

でも、一日二日くらい寝なくても、全然平気。三日目にはちゃんと寝ていましたし、今よりも体力がありましたので、別に何も困ることがなく過ごしていました。やはり眠れなくなったという友人が「身体を休ませればいいの。寝たフリをしとけばいいのよ」と言ってので、そうしてました。

わたしは、眠れないからと、夜中に何かをしているということはなかったですし、今もありません。ベッドの中に潜んではいます。

あれから20数年弱。現在の状況は、すんなりと眠れるか、眠れないかは、その日の運しだい。運が悪いと、なかなか眠れません。わたしの場合は特に「眠つきが悪い」んです。途中で目が覚めることも時々ありますが、とにかく眠りに入りづらい。バタンキューなんて、ほぼないです。

 

毎日、死んでる?

3日前のこと。眠いと思ってベッドに入ったのに、ベッドに入ったとたんに目が冴えてしまって眠れなくなってしまいました。あらら~。

久しぶりに本格的に眠れない事態に遭遇してしまったんです。

いつものように「いつの間にか寝てしまうから大丈夫」って何度も言い聞かせたのに、いつまでも眠れない。1時なり2時になり・・3時を迎えようとしたころ、ついにイライラしてきたので、薬を1つポイと口に。イライラしてきたら、無理やりでも寝ることにしています。 イライラしなきゃ、そのままです。目安はイライラ感です。

その眠れなくなった数時間の間に、いろいろ思ったんですね。考えなくてもいいことまで、考えた。

眠れないと言いつつも、寝てます。たいがいは、いつの間にか寝ています。わたしはこれがとっても不思議なんです。いったい、いつ、眠りに入ったのか、自分では分からない。そして目覚める。すべては、いつの間にかなんですよね。

寝つきが悪くてもいつの間にか寝ている。そして気がつくと朝になる。つまり・・・

「こうやって、いつの間にか死んじゃうのかな」って。

「生と死の間は、実はあいまいなんじゃん」って

「それなら、ち~っとも怖くないんじゃん」って。

目が覚めると「寝ていた」ということになるけれど、目が覚めなければ「死んじゃった」ということになるだけ。つまり意識の有無だけなんですよね。そして、それは自分ではまったくコントロールできない。

そういう意味ではまさに「生かされている」だけ。神さまじゃなくて、身体に生かされているだけ。身体のいいなり。こんな時、わたしは自分が動物であることを認識して、妙に感動します。

それにしても、なんで、動物は眠るんでしょうね。エネルギーをチャージするための方法はこれしかないんでしょうかね。何時間おきかに、一時的に死ぬってことは、毎日、死んでるんだわね。人生の3分の1程度は・・・・死んでる(笑)

ちなみに、昨晩はよ~く眠れました。6時間の熟睡。今朝は4時半に起きて仕事をしてました。朝一番の冴えた頭を仕事に捧げました。

長老会長

眠りに理屈はいらニャン!わたしのように、寝とれ!


ブログランキング参加中!クリックお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。