真夏の夜の月探し。

おとといには、お月様が満月。きのうも見た目はまだ満月。

7時半くらいになると、真っ赤な月がどーんと上がってきます。

「スタージェンムーン」という名がつけられたのだそうですが、あまりにも見事な月。

昨晩は月が上がってくる7時半頃に、まじ専務といつもの辻で待ち合わせて、夜の散歩に出ることにしました。

さすがに1人では夜道は危ない。身というよりは、財布が危ない(笑)

月に誘われて、婆2人、ふ〜らふら。足元が危ないから、ちゃんとズック履いてます。

そういえば、そろそろまたズックを仕入れなくちゃいけない。オニツカのスニーカーはものすごく歩きやすいのですが、それは底が薄いから。底が薄いということは、あっという間に底が減るということでもあるのです。

それでも履くのをやめられないオニツカのカニーカーです。

おっ。まじ専務もオニツカだ。

さて、少し見らしのいい場所に到着です。

赤いのが月。下の白いのは・・・間違いなく霊ですね(笑)

カメラが月や霊専用のものではありませんので、この程度にしか撮影できないのが残念です。しかし色はこんな感じでした。

ふと、通りの横の家の間から見える月。

「こっちに見える!」

「あそこに見える!」

と、月を探す夜。あてもなく歩いてみました。

川の上はこの上なく涼しいので、しばし休憩。

なんであんなに月が赤く見えるのといえば、

丸い地球をとりまく大気の厚さは、どこでもほぼ同じですが、地上から見ると、見る方向によって、厚さが違います。頭の真上の方向がいちばん薄く、水平方向に近くなればなるほど厚くなっていきます。

地平線(水平線)近くに月があるときは、月からの光が、厚い大気の中を通過することになります。すると、青い光は届きにくく、赤い光だけが私達の目に届きます。そのため、月が赤っぽく見えるのです。

どんな形の月でも(月だけでなく実は星も!)、地平線近くにあるときには赤っぽく見えます。

国立天文台 HPより引用)

と、いうことだそうです。

そんな赤い月にいろんな名前をつけてるってわけですね。

真夏の夜の月見もなかなかオツなものです。

隣にいるのがまじ専務だということが、ま、イマイチっていえばイマイチですけど。

きっとまじ専務も同じことを思っているだろう。そんな同じ気持ちで歩いているので、歩調は合うのだろう(笑)

おおっ!誰か、写ってる!これは心霊写真だ!

1時間も経つと、月の色はだいぶ薄くなりましたので、このへんで解散といたしましょう。

良い婆の時間はおしまいです。

2020年の夏の夜の思い出。

次に赤い月に会えるのは、いつかしらね。

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。